もしあなたが製造業や接客業のようなデザインと全く違った仕事をしていたとします。しかし、そこから一念発起してwebデザインナーになろうとすると、周りの人間は「無謀だ」とか「センスがないと無理だよ」といったことを言うかもしれません。
しかしセンスがある特別な人間しかwebデザイナーになれないのか?というとそうでもありません。
現在は様々なツールが発展したおかげでだれでも簡単にデザインができるようになりました。
ここでは完全素人からwebデザイナーになるための方法についてテーマに分けて数記事で紹介していくので、よかったら参考にしてください。




完全素人からwebデザイナーになるための概要

完全素人からwebデザイナーになるためにはまずは情報収集が大事

完全素人からwebデザイナーになるためには多くの知識が必要になってきます。

その知識とは最初は下記の4つの概要を知っていればいいかと思います。

  • webの知識
  • デザインの基礎知識
  • webデザインの知識
  • コーディングの知識

webの知識とは?

webの知識

ここでいうwebの知識とはwebサイト作成のための概要になります。
webサイトを作成するにはワイヤーフレームや指示書といったデザインをするための概要や文言などを記載したものが最初に作られます。
その内容が決まるとデザイナーにデザインを起こしてもらいデザインがFIXするとコーダーがコーディング。
購入フォームとかアカウント条件によって表示する内容を変更したりする必要が場合には開発者に裏周りの処理をしてもらいwebサーバーにアップします。

この流れの中にサーバーとは何か?とかドメインとは何か?どうやってサーバーにアップするの?もっと基本的なことだと、デザインはどのソフトを使って作成するの?コーディングはどんなソフトを使うの?
といった知識を得ないといけません。

この内容としてはここでは書ききれないくらいの量がありますが、「webデザイン入門」といった参考書を1冊読めばだいたい概要は書いてあります。1冊だと不足分が出てくるので違う参考書を2冊ぐらい読んで知識を得た方がおすすめです。ちなみに3冊読むと、入門書はどれを読んでも大体同じようなことが書いてあるなぁと気が付くと思います。

デザインの基礎知識とは?

webデザイン

デザインの基礎知識とはwebデザインに限らずデザイン全般に共通するデザインのことです。
大体は色の考え方についてとかフォントの種類について。
後はデザイン構図についてなどがそれにあたります。
これもデザイン入門と同じで参考書を2冊ほど読めば十分です。

webデザインの知識とは?

webデザイン

webデザインの知識とは言葉の通りwebデザイン特有のデザインのことです。
webデザインは縦にコンテンツが並べられていくので、その流れについて知っておくことが大事になります。
そして、最近重要視されているのはUIデザインです。
昔はwebサイトはパソコンで閲覧するものでしたが、最近はスマホでみられることの方が多くなりました。
その影響でスマホでも見やすく扱いやすいデザインが重要になってきたことが原因なのでは?と私は勝手に考えていますが、とにかくUIデザインについては知っておいた方がいい知識になります。
またwebデザインはマウスをボタンや画像の上に乗せたときにアクションを起こしたり、時間経過によって表示画像が切り替わったりスライドされたりすることもできます。

また全体的に読みやすくするためやSEO対策のためにも見出しも重要になってきますし、コーディングのしやすさ全体の統一感のためにマージンやフォントサイズの決めごとを作ることも重要です。
そういったこともwebデザイン特有の知識になってきます。

コーディングの知識

プログラミングスクール

コーディングとはフォトショップなどで作成したwebデザインをweb上で表示するために必要になってきます。
テキストを入力したり画像を埋め込んだりリンクをつけたりするのはコーディングで行います。
webデザインで必要なコーディングはHTMLとCSSの知識です。
この2つは確実に必要になります。
そのほかにJS(javascript)の知識もあるといいですがJS系は覚えるのに時間がかかるので、webデザインの仕事をしながら覚える方が効率はいいかと思います。

そのほかにはワードプレスやbootstrapのようなフレームワークを使ってwebサイトを作成することがあるのでどんなものか?ということだけでも知っておくといいです。
このサイトもワードプレスを使用して作っていますがブログ程度ならテンプレ使って装飾を少しいじるくらいで作成できますが、仕事でワードプレスを利用してwebサイトを作るときは自分でかなりカスタムしないといけなく専門的な知識とスキルが必要になります。
こういった案件はweb知識のないお店や公共施設なのがデザイン会社にサイトの側を作ってもらい、自分で定期的に記事を更新したい。といったような案件に多く利用されます。

コーディングのおすすめ参考書

完全素人からwebデザイナーになるための概要のまとめ

完全素人からwebデザイナーになるための概要としてはこんなところでしょうか。
これから今回紹介したことについて、個々に深堀して紹介したり勉強の仕方などを紹介していこうと思いますので、定期的にチェックしてみてください。

最初にも言いましたがwebデザインは今やだれでもできる仕事になりました。
もしwebデザインを仕事にしてみたいのなら、自分には無理なんじゃ?と思わず、とりあえず勉強などをしてみましょう。半年から1年も勉強すれば必ず何かしらの突破口は見えてくるはずです。
私もそうでしたので。