天皇賞秋、展開予想メモ

スタートから第4コーナーまで

天皇賞秋のレースのポイントとなるのはアエロリット、ダノンプレミアム、サートゥルナーリア、アーモンドアイの4頭。
スタート直後はアエロリットが先頭に立ち、その後ろにダノンプレミアム。ダノンプレミアムを見る形でサートゥルナーリア、そして中団にアーモンドアイ。
先行する馬が多いのでダノンプレミアムからサートゥルナーリアの周りに大きな馬郡ができ、摩擦も多きくなりそう。
レースとしては先行組はストレス大、差し以降は自分のペースで競馬ができるので若干有利ではないだろうか。

第4コーナーから直線

第4コーナー出口あたりから馬郡は詰まってきて外に出す馬も出てくる。アーモンドアイは大外ではなく少し外を抜け出してくるくらいの位置を選択してくるでしょう。
今回は力があってしぶとい逃げ馬のアエロリットがいるので残り350~400mくらいからアエロリットが仕掛けてくる。
それに呼応して他の馬も反応してくる。
そうなるとダノンプレミアムは応戦しないといけないので350m付近からスパートをかけざるを得ない状況になってくる。
350mからのスパートとなるとかなりきつい。なるべくは300mまでは足を残しておきたいはず。
そして残り300m付近からサートゥルナーリアがスパートをかけ、そのタイミングに合わせてアーモンドアイもスパートをかけてくる。

ケース1-ゴール付近

ゴール付近では接戦になるが350mまでに動いた馬は垂れて馬券圏外に。
サートゥルとアーモンドのどちらかが1着と2着になるでしょう。
そして順当に行けば3着はアーモンドアイと同じような位置にいたワグネリアン。もしくはダノンプレミアムと同じ位置にいながらスパートを遅らせたスワーヴリチャードのどちらかが来る。
といったのが順当にいった場合の決着だと思います。

ケース2-350~400mでダノンプレミアムが応戦しなかった場合

私がダノンプレミアムがアエロリットに応戦してスワーヴリチャードは応戦しない。という予想をしたように、ダノンプレミアムも350mまで我慢することもある。
何故ならその集団にはアルアインやウィンブライトのような有力馬もいてその馬が行くかもしれないからだ。
その場合はダノンプレミアムが一番好むレースをできるのではないでしょうか?
となるとダノンプレミアムが1,2着に食い込んでくることも考えられる展開になる。
そうなると1~3着は1番人気~3番人気の馬で決着する。

今回一番難しい競馬のなるのはサートゥルナーリア?

今までの予想だと今回のサートゥルナーリアは前のダノンプレミアムと距離を話されないようにしながら、後ろのアーモンドアイをなるべく抑えておきたいという立ち位置になってしまい、前も後ろも警戒しないといけないのでとても難しい競馬を強いられるのではないでしょうか?
となるとサートゥルナーリアはダノンプレミアムのすぐ後ろで第4コーナーまで進めるかもしれない。
そうすればスパートは残り350m付近で先に行かせた馬をゴール手前でかわせる見込みのある位置でかければよくなる。あとはアーモンドアイにかわされるかどうかだ。
こっちの展開の方が合理的か…。この場合も人気1~3位で決着かな。

その他のケース

競馬なんてこんな理想の展開にならないのがほとんどなので別のケースも考えることに。

スローペースになる見込み

今回はアエロリットがハナを切り、先行勢も多いのでスローペースにはまずならないと予想しています。
なのでこの考えは捨てます。
おそらく前半1000mを59.5秒前後で通過して、若干後傾ラップになるくらいのペースではないでしょうか?

ハイペースになる見込み

アエロリットがハナを切る限りそれもない。また他に奇策を狙って逃げる馬がいてもおそらく応戦しないでしょう。
なのでこの考えは捨てます。

ケース3-アエロリットが300m付近までスパートをかけない場合

後ろから迫ってくる馬がいなければアエロリットもなかなか動かないことも考えられます。
そうなると瞬発力勝負になる可能性もあります。
こうなってくるとレースは荒れそう。
アーモンドアイが負けるとしたらこの展開か?
本来スパートを仕掛けようとしたところより遅れてしまい差しが届かなくなってしまう。
まぁ前が動かないのなら、自分の好きなところでスパートをかければいいのだが、変に警戒したり、前の馬が足を残して意外にも伸びてしまうケースも考えられる。
この場合は前有利か…。
実力順位のアエロリットまでどの馬が絡んでくるかわからない展開になりそう。下手したらドレッドノータスが馬券に絡んでくる危険だってある。

ケース4-前の馬が400m付近で動き出した場合

前の馬が400m付近で動き出すこともあるかもしれません。今回先行勢多いし。
そうなるとそこで動いた馬はほとんど馬券に絡むことは難しくなるはず。
この場合だとユーキャンスマイル、スカーレットカラーあたりがアーモンドアイに連れられて馬券に絡んできそうです。

出走馬の実力順位

1位タイ.アーモンドアイ、サートゥルナーリア
3位.ダノンプレミアム
4位.ワグネリアン
5位タイ.スワーヴリチャード、アエロリット
7位タイ.アルアイン、ユーキャンスマイル(☆最有力)、スカーレットカラー(穴候補)、スティッフィリオ(穴候補)、ウィンブライト
その他

馬券の買い方考察

ケース1とケース2合同-3連単フォーメーション

1着.アーモンド、サートゥル、ダノン、ワグ
2着.アーモンド、サートゥル、ダノン、ワグ
3着.アーモンド、サートゥル、ダノン、ワグ、スワーヴ

計36点

ケース3-軸1頭3連複とワイド

難しいので、このケースは買わない。

軸1頭3連複

軸馬:サートゥルナーリア
相手馬:アエロ、アルアイン、アーモンド、ダノン、ドレッド、ワグ

計15点

ワイド流し

軸馬:サートゥルナーリア
相手馬:ウィンブライト、スワーヴ

計2点

ケース4-軸1頭3連単

軸:アーモンドアイ
相手:サートゥル、ユーキャンスマイル、スカーレットカラー

計18点