コーヒー豆の保存方法についてちゃんと知っていますでしょうか?
世の中には常温がいい、いや冷蔵だ、いや冷凍が一番だ!などとコーヒー豆の保存方法についてはいろんな意見があります。
そんな中、実際にいろんな方法でコーヒー豆を保存してみて最終的にたどり着いた保存方法やその理由について紹介していきます。



おすすめは冷凍保存!3種類のコーヒー豆の保存方法と考え方

まずコーヒー豆の保存方法の種類なのですが大きく分けて3種類あります。
その3種類とは以下の3つです。

  • 常温で保存
  • 冷蔵庫に入れて保存
  • 冷凍庫に入れて保存

この3種類のなかで、どの方法が一番いいのか?というところで意見が分かれます。
ただ、保存期間という観点で言えば冷凍庫で保存するのが一番長く日持ちをしますし、常温は早く劣化します。

保存の種類と保存期間

では保存方法によって保存期間はどのくらい違うのか?というと下記の表のようになります。

保存種類 保存期間
常温保存 2~3週間程度
冷蔵庫で保存 1~1.5ヶ月程度
冷凍庫で保存 2~3ヶ月程度

この保存期間の定義は、コーヒー豆の持っている味が大きく劣化しない期間です。
またコーヒー豆の種類によっては香りが早く飛んでしまう豆もあるので上記の表よりもっと短くなるものもあります。
ここで1つ補足ですが、この保存期間は生豆を焙煎してからの期間であってコーヒー豆を購入してからの期間ではありません。
なので家でコーヒーを入れる場合、焙煎日がいつなのか?は非常に重要で、それが分からないお店で買うのはおすすめできません。

コーヒー豆は豆で購入?それとも粉で購入

もう1つ補足を付け加えるのですが、上記の表の保存期間はコーヒー豆を豆の状態で保存したときの期間です。
コーヒー豆は挽いて粉の状態にすると猛烈な速さで劣化します。
では、粉の状態の保存期間はどのくらいか?というと、私の所感ですと豆を挽いて粉の状態にしてから1~2日です。
粉の状態で2日以上経つと、たとえ冷凍保存をしていても明らかに香りが飛んでコーヒー豆が劣化してしまいます。
なので家で喫茶店やカフェのような美味しいコーヒーを飲もうと思ったら必ずコーヒー豆は豆の状態で購入し保存することがとても重要です。

コーヒー豆は保存方法によって味が変化するか?

私はコーヒー豆の保存方法によって抽出したコーヒーの味は変化すると思っています。
それは劣化云々の話でなく純粋に保存方法によって変わると思っています。

一番コーヒーが美味しく入れれたのは冷凍保存

私はコーヒー豆は冷凍保存をしています。
その理由は最初に記載した保存期間の観点と、実際に入れるコーヒーの味の2点で優秀だと思ったからです。
私はコーヒーを自分で入れるようになってからコーヒー豆の保存方法は常温→冷蔵保存→冷凍保存という順番で変化していきました。
コーヒー豆を冷凍庫に入れて保存するといった考えは最初はなかったのですが、ある日一つの閃きがあって冷蔵保存を試してみました。

コーヒーの味は熱で大きく劣化する

温度
ある日、私はコーヒーの味は熱で劣化する。という話を聞きました。
おそらくミルの購入を検討していて調べごとをしているときに仕入れた情報だと思います。
カリタのカットミルは切るように低速でコーヒー豆を挽くから摩擦熱が少なくすみコーヒー豆の劣化を防げる…みたいな情報です。
そこで思いました。
コーヒー豆は挽いたときの熱で劣化するのなら、冷凍庫で保存して最初の温度を低くすれば劣化を少なくすることができるのではないか?…と。
そして、実際に冷蔵保存から冷凍保存に切り替えてコーヒーを入れてみたら数段香りが強く感じたので、それ以来コーヒー豆は冷凍庫で保存するのが一番だと私の中で定着しました。

冷凍庫でのコーヒー豆の保存の仕方

私はコーヒー豆は冷凍庫で保存をするのが一番いい。と述べてきましたが、それに反対する人もいます。
実際に聞いた話だと、冷凍庫で保存するとコーヒー豆が水分を吸ってしまい劣化する。という話でした。
これは私が旅をしていた時にキューバでキューバ人に聞いた話なので、冷蔵庫のスペックに差があるかもしれないですし、キューバはハンドドリップよりマキネッタでエスプレッソのように入れる方が多いので、そのせいもあるかもしれません。
しかし、コーヒー豆が水分に弱いのは事実です。

冷凍・冷蔵保存で注意しないといけないのは水分

コーヒを保存する時、常温でも冷蔵庫でも冷凍庫でも全ての方法で言えることなのですが、密閉容器にいれることは必須です。そんなことを聞くと専用の瓶を買わないといけないの?と思うかもしれませんが、その必要はありません。
一番冷凍庫のスペースを取らずに簡単にできる保存の仕方は下記の2手順です。

  1. コーヒー豆を購入した時の袋はそのまま使って開いてる口を密封できる道具を使って密封する(空気は抜く)。
  2. その密封した袋をジップロックの中に入れて空気を抜いてさらに密封する。

幸い私の購入しているお店は購入した時の袋にチャックがついているので使ったら空気を抜いてチャックを閉めて冷凍庫に入れるだけなのでとても簡単です。
もう1つ私が購入した時の袋をおすすめする理由は呼吸穴が開いているからです。コーヒーは呼吸させないのいけないので厳密に密封された袋ではなく呼吸穴が開いてて密封できる袋が必要なのですが、普通の袋に穴を開けてしまうと外気がそのまま入って来てしまうので、よろしくないのです。

コーヒー豆の保存方法のまとめ

ここまでコーヒー豆の保存方法について紹介してきました。
私としては冷凍保存が一番おすすめですし、保存期間が一番長いのも事実です。※私調べ
しかし、他の保存方法での保存を否定する気はありません。
おそらくみなさん自分なりにメリットがありその保存方法を採用していると思うからです。
なので、今回の記事は1つの考えや、コーヒー豆ってどうやって保存したらいいの?と迷っている人の参考になればと思っています。
もし、保存方法で悩んでいたり興味を持っていただいたら冷凍保存を試してみてください。