前回の記事ではカフェオレの作り方の種類について紹介させていただきました。
今回からはその種類別でベストな作り方を探ってみたので、種類別のカフェオレの作り方を紹介していきます。


最も美味しいカフェオレの作り方はハンドドリップ!!

カフェオレ作りで準備するもの

ハンドドリップからカフェオレを作るのには手間がかかります。そして準備するものも多いです。

ハンドドリップから作るカフェオレ(1杯分)に必要なもの

  • コーヒー豆・・・・24g
  • クリープ・・・・・5g
  • 牛乳0r豆乳・・・・100cc
  • 氷(アイスカフェオレの場合)
  • コーヒーポット
  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • 耐熱計量カップ
  • コーヒーカップorグラス

ハンドドリップから作るカフェオレの作り方

カフェオレ
美味しいカフェオレを作ろうと思うときはハンドドリップから作るのが最適です。
しかし、手間も一番かかってしまうので味にこだわりがある人におすすめの方法になります。

1.濃いコーヒーを作る

私のつくりかただとコーヒー豆24gで70~75㏄のコーヒーを抽出します。
カフェオレを作るときは濃いコーヒーをまず作る必要があります。
そのためホットコーヒーを作るときより多くコーヒー豆を使っています。

★ポイント★コーヒー豆のひき方は中粗挽きで作ってます。
カフェオレを作る場合コーヒー豆は細かく引いてしまってもいいかと思いますが、雑味がでると嫌なので私は普段のレギュラーコーヒーを作るときと同じ粗さでコーヒーを引いています。
カフェオレ コーヒー豆 粗さ

2.クリープを5g溶かす

先ほど作ったコーヒーにクリープを5g溶かします。
この後に濃厚タイプの牛乳or豆乳を入れるのですが、それだけだと濃厚さが足りないのでクリープで補強しています。

3.濃厚タイプの牛乳or豆乳を100㏄加える

先ほどクリープを溶かしたコーヒーに濃厚タイプの牛乳or豆乳を100cc加えます。
ホットカフェオレの場合はレンジで温めておくと簡単です。アイスの場合はそのままでok。
濃厚タイプを使うかどうかは好みですが、よりミルク缶を出したい場合は濃厚タイプを使った方がミルク感が強調されておすすめです。

4.アイスカフェオレの場合は氷を加えて完成

アイスカフェオレを作る場合は、牛乳を入れただけではしっかりと冷えないので、最後に適量に氷を入れて冷やしましょう!
コンビニコーヒーの場合はカップいっぱいに氷が入っていますが、今回の方法で作る場合は少なめで大丈夫です。
あまり多くの氷を入れてしまうと味が薄まってしまうので注意が必要です。

カフェオレを作るときの注意点

カフェオレを作るときに一番重要になってくるのは分量だと私は思っています。
なのでこのハンドドリップからカフェオレを作る方法は大変なのです。
コーヒー抽出量で70~75㏄というのはかなり少ないのであっという間に入ってしまいます。
しかし、うっかり80㏄以上抽出してしまうと薄い抽出液が入ってしまい、カフェオレの味自体が少し薄くなってしまいます。
なので失敗しないためには耐熱の計量カップを使う必要があり手間は多くなってしまいます。

カフェオレに使うコーヒー豆について

カフェオレは1杯に使うコーヒー豆の量が多いです。
なのでレギュラーコーヒーで使うようなスペシャリティコーヒーを使用してしまうと単価がかなり上がってしまいます。
しかし、カフェオレはミルクと混ぜるので私はスペシャリティーコーヒーは使わなくていいかと思っています

最適なのはカルディの「マイルドカルディ」か「スペシャルブレンド」当たりだと思っています。
カフェオレにしてしまえば問題ないクオリティを持っていながら値段も200gで500円しないくらい。
このクラスのコーヒー豆を使用した場合、1杯の単価は100円以内に収めることができます。

簡単にハンドドリップのカフェオレを作る方法

カフェオレ
ハンドドリップでカフェオレを毎回作るのは大変です。
手間や洗い物が増えてしまうので、だんだん面倒くさくなってしまい、最終的に作らなくなってしまったり、ついつい後回しにして結局つくらない、って人も出てくると思います。
そこで簡単にハンドドリップのクオリティのカフェオレをつくる方法はないか?といろいろと試してみました。
一番の方法は大量に濃いコーヒーを抽出して凍らしておく方法が最良でした。
コーヒーを凍らしてカフェオレを作る方法はあまり世の中には出回っていなく、私自身とても貴重な情報であなたの役に立つ情報なのでは?と思っています。
コーヒーを凍らしてカフェオレを作る方法は別記事で紹介してきます。

ハンドドリップから作るカフェオレのまとめ

ハンドドリップからカフェオレを作るのは本当に面倒くさいです。
研究しているうちはいいのですが、毎日続けるとなるとどこかのタイミングで面倒になって段々作らなくなってしまいます。
なので、いかに簡単に作るかを考える必要があります。

カフェオレ

簡単に作る方法の1つはハンドドリップで抽出したコーヒーを凍らす方法があるのですが、そのほかにもインスタントコーヒーを使ったりポーションタイプの希釈タイプのコーヒーを使う方法があります。
インスタントコーヒーやポーションコーヒーを使う場合、味は落ちてしまいますが、それが気にならない人にはそちらの方がおすすめです。
次回はインスタントコーヒーからカフェオレを作る方法とポーションタイプを使った方法の2種類を紹介していきます。