街中でよく見かけるドトールですが、なるべくなら使わないほうがいいよって話です。

仕事や勉強で成果をあげたいのならドトールは絶対に使っちゃダメ

ドトールを使う目的って以下の4つがほとんどだと思います。

  • コーヒーが飲みたい
  • 勉強・仕事をするスペースが欲しい
  • 人と雑談するため(主に暇つぶし)
  • 人との待ち合わせの時間つぶし

この4つの目的別にドトールが適してるかどうか?を紹介していきます。

コーヒー目的のドトールの利用はやめるべき

ドトール コーヒー
ドトールのコーヒーは1杯220円とコーヒーの値段としては安く設定されています。
ではそのクオリティはどうか?と言ったら業界最底辺のクオリティです。
ただ苦いだけのコーヒーで基本的にまずいです。
この苦いだけのコーヒーが好きな人にはおすすめかもしれませんが、最近ではコンビニで買える100円のコーヒーに方がが遥かにクオリティが高いのが現状です。
また美味しいコーヒーが飲みたければ喫茶店やチェーン店でもスタバなどの方が美味しいのでおすすめです。
ということでコーヒーが目的でドトールを利用することはおすすめできません。

勉強・仕事をするスペースとしてのドトールはどうか?

ドトール 店内
チェーン店のカフェって店舗の多さや手軽さから勉強や仕事のためのスペースとしてもよく使われます。
では実際にドトールを使う人はどんな人か?というと年収ベースでいうと400万円以下の人がほとんどのような気がします。
というのも学生やフリーターが圧倒的に多いです。あと社会人とかも利用しています。
そもそもドトールは安さが売りのようなお店です。なので収入の低い人がよく使います。
となるとどうなるか?お店はうるさくなるし、収益をあげるために席をたくさん作りお客さんがたくさん入れるようにする。それによって一人一人のスペースは狭くなり、隣の人との距離は近くなり、人が増えるのでその分店内も騒がしくなります。
要は効率が悪くなります。
収入の多い人は効率や作業のしやすさを重視しますのでドトールのようなお店はあまり使いません。
結論的には勉強や仕事のスペースとしてドトールを利用してもいいと思いますが、あまり効率的ではないです。
ちゃんとした結果を出したければ、もっと静かなお店や騒ぐような学生たちが入りにくい喫茶店や単価の高いチェーン店を選んだ方がいいです。

人との雑談に利用

学生
人と雑談をするためにドトールを利用することは私はおすすめしています。
この時に大事なことは雑談メインなことです。
雑談+コーヒーを楽しみたい、などの付加価値を求めるのなら、もっとクオリティの高いお店に行くべきです。
学生が友人と話したり、お酒を飲んだ後に酔い覚ましで利用するにはいいのでは?と思っています。

人との待ち合わせの時間つぶしにドトールは最適

検索
ドトールを利用する目的として一番のおすすめは時間つぶしに利用することです。
お客さんとの打ち合わせに向かったが予定より早くついてしまったのでドトールで本を読む、パソコン作業をする。といった使い方が最適です。
また大人数で待ち合わせをするときはどうしても到着時間がバラバラになってしまいます。そんな中外でずっと立ちぼうけだと疲れてしまいますし、人通りが多かったら通行人の邪魔になってしまいます。
なので何かの待ち時間といった時の時間を潰す空間として利用するのが最適ではないでしょうか?
220円で暑い夏にクーラーのきいた空間で座って人を待てる。人と話すときも外で立ち話より座って話した方が話しやすいですし荷物ががあるときにも便利です。

結論、ドトールは時間つぶしや雑談に利用するのが最適

上記の理由からドトールを利用するのなら時間つぶしや人と雑談することに使うのがおすすめです。
ここでよくわかるのですが、基本的に雑談などのために利用されるのがメインのお店です。なのでお店で仕事や勉強をするのはおすすめできません。
また、隣との席も近かったりすぐ後ろに人がいたりするので仕事の作業をしていると、機密情報が周囲に盗み見られてしまう危険性もあります。
仕事でも勉強でも成果を出したいのならドトールの利用は避けるべきです。当然より多く稼ぎたいとか意識が高い人はドトールではなくもっと単価の高いお店を利用すべきです。私の一番のおすすめは落ち着いた喫茶店です。美味しいコーヒーと食事のセットが600円〜800円くらいで提供してくれる喫茶店が狙い目ではないでしょうか?
自分の作業スペースを探している人はぜひチェーン店でなく落ち着いた喫茶店を探してみてください。