2019年トヨタ賞中京記念の結果

1着 5.グルーヴィット
2着 6.クリノガウディー
3着 7.プリモシーン

参考になった傾向

斤量の増減
血統
場体重

参考にならなかった傾向

年齢
枠順

レース後の感想

当日の中京のレースは比較的荒れる傾向にあったが、このレースはすんなりと人気どころで決着がついてしまった。
中京の午前のレースを見て、今日は外枠有利かな?と思ってグルーヴィットを外したのが裏目に出てしまった。
今週で中京などの開催が終わったが、これまでの総括として下記の項目は重要視するべきだと思った。

重要視したほうがいい傾向

  • 前走からの斤量の増減
  • 当日の斤量
  • 血統
  • 好走馬の年齢
  • 牡馬牝馬
  • 好走傾向の枠順
  • 馬体重

重要視しなくてもいい傾向

  • 過去出走レースの傾向
  • 除外馬のキャリア数
  • 除外馬の枠順
  • 除外馬の年齢
  • 好走傾向以外の枠順
  • 過去の人気

今後の馬券の買い方のメモ

今後の馬券を買うときは、重要視したほうがいい傾向の内容を参考にして購入馬を決めようと思います。
そして補足を加えると、出走馬の中で血統がもっとも適している1頭は必ず購入。
ハンデ戦は斤量の増減を最有力視する。
斤量や好走馬の年齢、牡馬牝馬に関しては過去のレースをみて、今回のレースと過去レースの間に条件の相違はないか?を調べたうえで参考にする。
今回の中京記念では3歳4歳馬が多くさらに実力馬だった。過去レースでは5歳6歳馬がかなり多く出走していて有力馬が多かったので傾向的には5歳6歳の成績がよく3歳4歳の成績が悪かっただけ。
それに気づき今回の中京記念では3歳4歳馬を中心に考えていたら、結果は3歳4歳が馬券圏内を独占した。
また斤量に関しても過去と同じ条件なら参考になるが、今回のように過去より若い馬が多く斤量自体が軽いレースだと、過去の斤量のデータが役に立たない。そこもちゃんと考慮して買う馬を検討すべき。
最後に基本的にグレードが上のレースの方が強い馬がでてくる。なのでG1の成績が悪くてもG3なら活躍する馬はとても多い。G2にしても同じ。
過去の着順が悪いからといってグレードの高いレースの着順を割引材料にするのではなく、該当レースより上位レースに出走経験のある馬は積極的に買っていったほうがいい。
特にG3では過去レースでG1G2で負けてばかりいる馬でも活躍することは多々ある。

2019年トヨタ賞中京記念の予想

人気はあてにならない
10番以上の外枠で上がりの早い馬に注目
斤量変動の期待値は増→同→減
先行馬で力のある馬も1頭入れたほうがいい、6番人気前後の馬がおすすめ

レース展開予想

コスモイグナースとツーエムマイスターに逃げさせてその後ろにクリノガウディーがつける感じになるが、そこまで大きくは逃げない。
なのでレースとしては前後半トントンか後継ラップ、おそらく後継ラップになると予想される。
クロノガウディーの後ろの後ろくらいにプリモシーン、その後ろにカテドラルといった展開になる。
今回は追い込み馬で実力のある馬が多いので追い込み馬は意外にも伸びてこないかもしれない。

購入馬券

7月21日の中京芝のレースはずっと外枠の馬が馬券に絡んできていた。
グルーヴィットは有力だったが、今日は外枠が有利っぽいので外した。
また、1頭は穴馬の絡んできていたので穴候補としてキャンベルジュニア。過去の中京成績をみると馬券に絡む力はありそうなので期待が持てそう。
過去成績を見ると差し~追い込み馬の成績がよさげだが、先行馬も1頭は絡むことが多い。
そこを考慮してクリノガウディーがどうしても外せない。

3連複BOX

◉ 7.プリモシーン 牝4 55.5増
〇 15.ミエノサクシード 牝6 54.0減
▲ 6.クリノガウディー 牡3 52.0減 先行
△ 14.カテドラル 牡3 53.0減
✕ 11.ロードクエスト 牡6 57.0減 1600mより短くないとつらいっぽい
✕ 16.キャンベルジュニア 牡7 56.0減 520kg以上

20通り
購入点数を減らしたければ7.プリモシーンを軸にしてもよさげ。

プラス傾向

56キロ以上を背負っている実績馬」が優勢。2012年以降の連対馬14頭のうち11頭が56キロ以上。勝ち馬7頭のうち5頭が57キロ以上
5~6歳馬が圧倒。7歳以上馬は2着が最高着順
ラスト3ハロン最速(タイを含む)をマークした馬は【5.0.2.2】
グレイソヴリン系種牡馬を父か母父に持つ馬の活躍が顕著
ノーザンダンサー系では、ニジンスキー系やリファール系など、パワー&スタミナに優れた欧州型を父あるいは母父に持つ馬
父サンデーサイレンス系や父キングマンボ系
同年3月以降のJRAのレース”において連対経験のある馬
前走上がり1位馬は複勝率60%超
前走パラダイスS、京王杯SC、米子Sの馬が高傾向

マイナス傾向

54キロ以下の牡馬はほぼ壊滅状態、54kg以下を買うなら牝馬
4歳馬は2着連対すら果たしていない
480キログラム未満の馬は不振
520kg以上は除外
逃げ馬不振

好走予想馬

◉ プリモシーン 牝4 55.5増
〇 ミエノサクシード 牝6 54.0減
▲ クリノガウディー 牡3 52.0減 先行
△ カテドラル 牡3 53.0減
✕ ロードクエスト 牡6 57.0減 1600mより短くないとつらいっぽい
✕ キャンベルジュニア 牡7 56.0減 520kg以上

悩んで外した馬

グルーヴィット 牡3 52.0減 血統◎

除外馬

ロードクエスト 牡6 57.0減 1600mより短くないとつらいっぽい
ジャンダルム 牡4 55.0減 血統は悪くないが適正は2000mっぽい
プラチナムバレット 牡5 56.0同 ←先行
シャイニービーム 牡7 54.0減 480kg以下 力不足 ←先行
ツーエムマイスター 牡7 52.0同 480kg以下 力不足 ←先行
グランドボヌール 牡5 54.0同 力不足 ←先行
コスモイグナーツ 牡4 53.0減 480kg以下 力不足 ←先行
ベルーガ 牝4 53.0減 血統は悪くないが実績ない
レインボーフラッグ 牡6 54.0減
ロワアブソリュー 牡6 56.0同
エントシャイデン 牡4 54.0減 480kg以下
キョウヘイ 牡5 55.0 480kg以下 力不足
ヒーズインラブ 牡6 56.0 力不足
ヴェネト 牡7 53.0 480kg以下 力不足