2019年七夕賞の結果

1着 6枠12番 ミッキースワロー 牡5 57.5kg増 3番人気
2着 8枠15番 クレッシェンドラヴ 牡5 55kg増 2番人気
3着 5枠9番 ロードヴァンドール 牡6 55kg減 12番人気

今回気づいたこと

G3クラスでは過去レースでG1出走経験や、G1、G2で活躍したことがある馬が上位に絡んでくることが多いので注目しておいたほうがよさそう。
CBC賞のセイウンコウセイやアレスバローズもそうだったように人気がなくてもかなりの確率で馬券に絡んでくる。

参考になった傾向

斤量の増減。ハンデ戦は非常に重要な要素
勝ち馬の斤量
血統。クレッシェンドラヴはこのレースに適した血統

参考にならなかった傾向

年齢。4歳馬が1頭も馬券に絡まなかった。
枠順傾向
前走レース

2019年七夕賞の予想

近年は1~2着はそこそこの斤量(57kg以上)を背負った馬、3着に軽ハンデの馬というパターンが続いてる。

プラス傾向

欧州型の血統が活躍する。
欧州型ナスルーラ系や欧州型ノーザンダンサー系がねらい目。
他にマンハッタンカフェ産駒もおすすめ。
内枠がかなり有利
〇サンデーサイレンス系は外せない2013年以降の3着以内馬はほとんどサンデー系。
特にダンチヒ系、ヌレイエフ系、ヴァイスリージェント系、ノーザンダンサー系が抜群。
4歳すごく強い、5歳6歳は強い、7歳以上は割引
斤量は57kg以上の複勝率が高い。
前走より斤量増の成績がいい。同斤量は普通、斤量減は穴馬が好走
前走東京のマイル組が好走
「4枠」&「先行馬」が好成績
前走鳴尾記念組が好走
5番人気以内かつ57kg以上(3-2-1-5)
5番人気以内で前走鳴尾記念(2-1-0-2)

マイナス材料

6番人気以下の7、8枠は除外
前走10番人気以下は割引き
6番人気以下かつ56kg以上(0-1-0-12)
5番人気以内で前走から斤量減(0-0-0-5)

レース展開予想

馬場とペースの予想

馬場状況はおそらく小雨が降る程度っぽいから稍重くらいかなと想定して予想していきます。
今年の七夕賞は逃げ~先行の馬が多い印象です。
福島競馬場は最後の直線が短いので追い込みの馬が届くのは難しく比較的前有利の傾向があるかと思います。
レースのペースとしては早いペースで前半の方が早い前傾の展開になると思います。
タイムは馬場状況が稍重の場合は1分59秒台になるのではないでしょうか?

展開予想

スタートしてから先頭を取りに行くのはマルターズアポジー。その後ろにカフェブリッツ。そしてそれに合わせるようにタニノフランケル、ロードヴァンドール、ベルキャニオン、大外からブラックスピネルが位置取り争いをします。
ストロングタイタンはカフェブリッツの後ろくらいにつけ、カフェブリッツの前にも1頭入ってくるかもしれません。
ここでバチバチの先行争いをしますので、大外から争いに参加するブラックスピネルは力はありそうですが、最後までは持たなさそうです。
そして9番手前後の最内ぐらいにソールインパクトが入り、その周りに中段集団の馬がきてその後ろに追い込み勢のロシュフォール、クレッシェンドラヴたちが位置取りをします。
今回人気になるであろうロシュフォール、クレッシェンドラヴは前半は比較的楽に自分のペースで位置取りができるかと思います。
最初の長い直線で先行争いをして第1~2コーナーに差し掛かりそのままの裏の直線へ出ます。
この直線の前半はあまり動きはないと思いますが後半あたりで後方集団が前にだいぶ近づいてきます。
3コーナーに入ったぐらいでいつも通りクレッシェンドラヴが前に侵入を始めます。
私はここがポイントになってくると思います。
このクレッシェンドラヴの後方からの侵入で他の後方集団の馬を1~2頭連れてくると予想します。
有力はクリノヤマトノオー。遅れて第4コーナーあたりでロシュフォールが追走してくるのでは?と思っています。
なのでこの3頭はかなり大外を回らないといけなくなってきます。
しかし、ここで後方集団が前に出てくることで1つ大きな影響を与えます。
中段集団にいる馬が身動きが取れなくなることです。
この状況になったら中段集団の馬は全滅します。最後の直線で前が空くまで待っては間に合わないし、外に出しても間に合わない。詰みです。該当馬としてはソールインパクトやその周りの馬です。
そして最後の直線で先頭集団にいた馬と後方から追い上げてきた馬の競いあいになると思います。
最後の直線、私は後方集団の馬に軍配が上がると思っています。
なので馬券に絡む有力候補としてはクレッシェンドラヴ、ロシュフォール、クリノヤマトノオーが挙げられます。
さらに先行集団の馬も何とか粘る馬がでてくると思うのでその有力候補としてはタニノフランケル、カフェブリッツかと思います。
展開として重要なのはクレッシェンドラヴが第3コーナーあたりの上がりからどの馬を連れてくるか?になると思っています。
ここでロシュフォールもあがってこれば馬券に絡みそうですが、最後まで後ろで待機の場合はおそらく掲示板も危ういと思っています。
ミッキースワローは馬場が稍重なのでやる気をなくすでしょう…。

おすすめ穴馬

個人的におすすめの穴馬はカフェブリッツとクリノヤマトノオーです。
カフェブリッツはスタート直後の先行争いで枠順の有利から特に苦労することなく最内の2~3番手をとることができると思います。そしてそのまま前の馬を見つつ足をため、最後の直線でスルッと抜け出せば、このレースで一番ロスがなくレースを運ぶことができます。
そもそもこの馬の血統はこのレースに適していますし、力もロシュフォールを除けば均衡していると思うので十分に可能性はあります。今までのレースが距離が全然違ったりダートを走っていて情報不十分なせいで人気が出ないという、よくあるタイプのおすすめ穴馬かと思っています。
クリノヤマトノオーも血統的にはこのレースなら申し分ないと思っています。さらに今回は後方の馬は前半はレースがしやすいでしょうし、枠的にクレッシェンドラヴを見ながらの競馬ができます。
なのでクレッシェンドラヴに合わせて競馬をすればそれに吊られてこの馬も頑張るのでは?といったことが予想されます。有力馬が穴馬を連れてくるケースの穴馬ですね。

購入馬券

3連複BOX

◎ 3.ロシュフォール
〇 15.クレッシェンドラヴ
▲ 16.クリノヤマトノオー
△ 7.カフェブリッツ
✕ 8.タニノフランケル
✕ 14.ブラックスピネル

20通り

3連単BOX

◎ 3.ロシュフォール
〇 15.クレッシェンドラヴ
▲ 16.クリノヤマトノオー
△ 7.カフェブリッツ

24通り

メモメモ

好走予想馬

◎ ブラックスピネル 6歳 57kg増 父系ロベルト系×母系にサンデーサイレンス
〇 ロシュフォール 4歳 55kg同 キングカメハメハ産駒 母系にサンデーサイレンス他にも高血統
▲ ミッキースワロー 5歳 57.5kg増 父父がディープ×欧州ナスルーラ系
△ クレッシェンドラヴ 5歳 55kg増 ステイゴールド産駒×欧州型ノーザンダンサー系 重、不良適正有
★ ソールインパクト 7歳 54kg同 ディープ産駒×万能型ノーザンダンサー系 ←穴ねらい目
× ウインテンダネス 56kg同 父系にトニービン(大系統でナスルーラ系)×母系にサンデーサイレンス
× タニノフランケル 4歳 55kg減 サドラーズウェルズ系

補欠
ストロングタイタン 6歳 57kg同 重、不良適正有なら追加
穴 カフェブリッツ 6歳 54kg減 マンハッタンカフェ産駒×ヌレイエフ系ノーザンダンサー ←穴ねらい目

除外馬

〇 ロードヴァンドール 6歳 55kg減 ダイワメジャー産駒×米国型ノーザンダンサー系(ストームキャット)
〇 アウトライアーズ 5歳 54kg同 サンデーサイレンス系×米系ノーザン系
ゴールドサーベラス 父母系にサンデーサイレンス
クリノヤマトノオー 父系にトニービン、母系にサンデーサイレンス
〇 ベルキャニオン 8歳 ディープ産駒×ノーザンダンサー系
エンジニア 6歳 ダンジグ系