みなさんウェディングドレスは購入?それともレンタル?どちらで考えていますでしょうか?
結婚式で着るウェディングドレスは、購入するほうが高そうなイメージだけど…先輩花嫁のウェディングドレスを購入orレンタルした費用を調査してみるとあまり大きな差はありませんでした。



ウェディングドレス購入を考えてる人にメリットを紹介!

ウェディングドレスを購入するとなると費用もぐんと上がるイメージがありますが、意外にもレンタルと大きくは変わらないようです。
先輩花嫁がウェディングドレスにかけた費用を、購入とレンタルに分けて詳しくご紹介します!
ウェディングドレスのレンタル・購入の平均費用

レンタルした 21.7万円
購入した 23.6万円

「結婚スタイルマガジン トレンド調査2018」より。以下データも同様

ウェディングドレスを購入した時の費用

1位 20~25万円未満 16.2%
2位 10~15万円未満 13.5%
3位   15~20万円未満
4位   25~30万円未満
5位 5~10万円未満 10.8%
6位 5万円未満 8.1%
7位   35~40万円未満
8位   40~45万円未満
9位 50万円以上 5.4%
10位 30~35万円未満 2.7%

ウェディングドレスを購入した人も、「30万円未満」で購入した人が75.7%を占めています。

ウェディングドレスをレンタルした時の費用

1位 25~30万円未満 18.5%
2位 20~25万円未満 16.1%
3位 15~20万円未満 12.5%
4位 10~15万円未満 12.2%
5位 5~10万円未満 10.9%
6位 30~35万円未満 10.4%
7位 5万円未満 7.3%
8位 35~40万円未満 5.7%
9位 45~50万円未満 2.6%
10位 40~45万円未満 1.8%
50万円以上 1.8%

「30万円未満」で手配した人が77.6%と、約8割を占めています。
「5万円未満」という低い価格でレンタルした人も7.3%いるようです。
では次からは、先輩花嫁がウェディングドレスを購入に決めた理由に焦点を当てて紹介していきます。
もしウェディングドレスをレンタルしようか悩んでいる人は一度レンタルショップに足を運んでみるといいかもしれません。
試着もできアドバイスももらえるのですごく参考になると思います。ウェディングドレスレンタルショップについては上品なウェディングドレスをレンタルするならミスサブリナ表参道の記事でおすすめショップを紹介しているのでよかったら参考にしてみてください。

ウェディングドレス購入の3つのメリット

レンタルか購入かどちらがお得なのかは、購入するドレスの値段や先ほど紹介した式場の持ち込み料によっても変わってくるため一概には言えませんが、ウェディングドレスを購入するメリットは実は費用面だけではありません。

1.自分だけの新しいウェディングドレスが着られる

海外では日本と違い、人生最大のイベントである結婚式を自分だけの為に仕立てた新しいドレスに身を包んで挙式を挙げることが当たり前になっています。
日本では、先述したようにウエディングドレスのレンタル文化が当たり前になっていましたが、そのシステムに不安や疑問を感じる花嫁も多くいるのです。
例えば、

  • クリーニングはされているものの、匂いや衛生面は大丈夫?
  • 前にこのドレスを着た人は、いったいどんな人が着たんだろう?
  • このドレス、私で何回目なのだろう…
  • これを着た花嫁さまは幸せなのか…

こういったことを、あれこれ考えながら人生最大のイベントを過ごすのは当然嫌だと思います。
レンタルと違いウエディングドレスを購入すれば、あなたの為にだけにつくられたドレスになるので、このような心配ありません。

2.自分にピッタリなサイズのウエディングドレスが着られる

通常、レンタル式のウエディングドレスは背中が編み上げで締め上げていくもので、2サイズ・3サイズにも対応できるドレスに形状になっています。
そのため背中の部分で調整ができても、前側の部分はどのサイズでも基本的に同じです。また、背中部分も編み上げとは言え基本ゴムになっており、出来るだけ多くの色んなサイズの女性に適応出来るように作られているのが特徴です。
そうしたウエディングドレスは本当に自分にピッタリなものでしょうか。
インポートもののウエディングドレスは必ずと言っていいほど、背中が編み上げではなくファスナーで作られていますので、自分の体にピッタリとしたジャストサイズのドレスとなる可能性が高いです。

3.思い出の衣装が手元に残る

最後は、購入をすれば結婚式当日着たドレスを結婚式が終わったあとでも取っておくことができるという点です。
最近では結婚式が終わった後でも、新婚旅行でフォトウエディングをおこなったり、数年後にもう一度改めて愛を確認しあう「バウリニューアル」といったイベントも人気となってきているため、こうした機会で着ることができます。
また思い出の品として、ミニチュアリメイクやベビードレスにするなどの工夫をしている方もいます。もちろんこれらはドレスを自分たちで買ったからこそできるメリットでしょう。

前撮り、二次会をするなら販売ドレスがお得!

結婚式を行うに当たって費用面も気になるポイントだと思いますが、前撮りや二次会などでウエディングドレスを着る予定があればウエディングドレスは購入した方が断然お得になるでしょう。
通常、前撮りで結婚式当日と同じドレスを着ると定価の2割〜3割の価格がかかり、結婚式で着ない衣装の場合は、定価の約半分程度の価格がかかると言われています。
また、二次会でもウエディングドレスやカラードレスを着る場合、二次会での使用料金や衣装の持ち出し料金といった名目で、5~10万円程度の料金が追加されることが多いです。
一方で販売されているウエディングドレスであれば、あなたのドレスになるためそういった追加料金は一切かかりません。
選ぶウエディングドレスにもよりますが、こうしたことを考えるとウエディングドレスをレンタルするよりも購入した方が、ずっとお得になることもあるのです。

販売されているウエディングドレスの種類

ここまでウエディングドレスを購入するメリットについてお話してきましたが、次ぎは販売されているウエディングドレスの種類についてご紹介します。
それぞれの種類によってドレス作成における手間が変わってくるため、その分費用も変わってくるイメージとなります。

既成のドレス

服をお店で購入するように、デザインもサイズもその場(目の前)にあるドレスデザインの販売を意味します。既成ドレスなので購入後すぐに着られるウエディングドレスとなり、ドレスデザインやサイズ展開が多いです。

セミオーダー

既成のデザインのウエディングドレスを、花嫁の体型に合わせてつくるサイズオーダーのドレスのことを言います。カラーや素材、デザインも希望によって変更可能なオーダーシステムです。

フルオーダー

オートクチュールともいい、花嫁の思い描くデザインをデッサンから行い、理想のデザインにし仕立てるオーダーシステムです。生地やデザイン、サイズに至るまで自分だけのオリジナルドレスを製作できます。

購入したウェディングドレスのその後の使い道

先輩花嫁は購入したウェディングドレスをどうしたのか?これはみなさん気になることだと思います。
なのでここからは結婚式後のドレスの利用方法を紹介していきます。
実際に先輩花嫁に聞いてみると、こんな回答がありました。

  • 子どもの文化祭の衣裳として貸出提供した
  • 娘のお宮参りのベビードレスに作り直してもらいました

などとウェディングドレスを購入してもその後に有効活用できるようです。
反対に、保管できなくなったためネットオークションなどで売ってしまった人や、たんすの肥やしになっているという人もいるようです。
29年間保管してあった母のウェディングドレスを着て挙式しました。
という先輩花嫁もいましたので、ゆくゆくは、たんすの肥やしになっているドレスも、日の目を見る日が来るかもしれません。

ウエディングドレスを安く購入出来るおすすめドレスショップ

インターネット検索してみると、数多くのドレスショップの情報が出てくると思います。
しかし、ウエディングドレスは基本的に初めて購入するものなので、実際にどのドレスショップが良いのか迷うこともあるでしょう。
今回はその中でも特にオススメなショップをご紹介します。

ウェディングドレス直販のショップ、プラコレ

ウェディングドレスの購入したい。でも費用的に…、という方はプラコレというショップを利用してみてはいかがでしょうか?
このプラコレの最大の特徴はショップやブランドから直販している。というところです。
レンタル実績のある人気ウェディングドレスをショップやブランドから直販しているため、最大90%OFFで購入が可能なんです!
直販のため、仲介手数料もかからないので可能なこの値段です。

郵送で試着もできる

プラコレはインターネットのショップなので実際に店舗にいってドレスをみたり試着することはできません。
しかし、実際にみたり試着しないとドレスは購入できませんよね。
なのでプラコレではウェディングドレスの受け取りから3日間は試着期間として設けており、サイズが合わなかった場合やイメージと違った場合などは返品が可能です。
返品する場合は、別途郵送料として3,000円かかってしまいますので、まずは購入より先にいろんな店舗で試着をしておいて、どんなドレスが自分に合うか?どのサイズが自分に適しているのかをしっかり調べてから購入すると、普通では購入できないような格安の料金でドレスを購入できるかもしれません。

最近では、結婚式にお金をかけないカップルも増えてきました。しかし記念や親の意向などで小規模だけど式をあげるという人も増えています。
そういった人には特に格安でドレスを手配できるプラコレはおすすめです。
本当にウェディングドレスってこんなに安く購入できたんだ!って驚くような金額で提供されていますので価格だけでも1度チェックしてみてください。


ウェディングドレスは購入をおすすめする理由のまとめ

ウェディングドレスの購入もしくはレンタルの相場にそこまで差はないです。
ウェディングドレスへのこだわり、予算、どのような結婚式を挙げるかなどをふまえた上で、納得できるドレス選びをすることが一番。
レンタルと購入それぞれをよく見比べて、納得のいく手配方法を決めてくださいね。