2019年6月2日(日)に開催された安田記念。




3連単的中!2019年安田記念の結果

2019年安田記念の着順は以下の通りです。

  • 1着 インディチャンプ(3枠5番、4番人気、福永祐一)
  • 2着 アエロリット(1枠2番 3番人気、戸崎圭太)
  • 3着 アーモンドアイ(7枠14番 1番人気、ルメール)

払戻金 ※私が興味のあるものだけ

単勝:1,920円(4番人気)
馬連:5,670円(16番人気)
3連単:43,720円 (118番人気)

私の予想

レース後の感想

私が最後まで悩んでたインディチャンプが1着にきた。3連単6頭マルチで120通り買おうと思っていて最後の1頭をインディチャンプとサングレーザーで悩んでいた。
マイル特性ではインディチャンプ、岩田の内突きが決まるならサングレーザーにしようと思っていた。
結局日曜日の東京競馬場の芝レースをみても内突き有利とは言えない馬場だった。(※内枠は有利だった)
正直インディチャンプもサングレーザーも保険的な扱いであまり期待していなかったので2頭とも切って5頭マルチにもしようかと考えていた。
がしかし東京競馬の芝レースをずっと見返してみたら1つのことに気が付いた。
相変わらずの高速馬場。そして追い込みが全く決まっていなかった。
その結果から、大穴として入れていたスマートオーディンを外してインディチャンプもサングレーザー購入することにした。
実はそのほかにもインディチャンプとサングレーザー購入した理由がある。
それは、当日の東京競馬の配当が比較的荒れない傾向にあったからです。
私は競馬は荒れる日と荒れない日が偏ってあると思っています。そして安田記念当日の東京競馬は荒れていなかった10番人気以下はほとんど馬券に絡まず、中穴も5番6番人気ぐらいがよくきていた。
そしてその日にくる穴の人気順も偏る傾向がある。その日に注目すべきは5番人気だった。そしてその前後2頭、すなわち4〜6番人気は馬券に絡む確率がとても高かった。そして、その該当馬がインディチャンプ、サングレーザー、ステルヴィオだった。ステルヴィオには期待していなかったので、迷わずインディチャンプ、サングレーザーの購入に踏み切ったのが正解だった。
まぁ迷信のような私自身の傾向買いであてにならないかもしれないですが、とりあえず当たったからよしとしましょう。

レース前の評価

テレビは見てたがしっかり聞いてなかった。というか、どの馬もいい状態ですねーって感じだったと思います。
ダノンプレミアムに関しては前走より少し落ち着きがありますってことでしたし。
アーモンドアイはパドックではすごくおとなしい馬なのに本馬場に入るとキリッとスイッチが入って素晴らしいとのこと。

トータル回収率

単勝

ハズレ、 フィアーノロマーノ
トータル:56.0%
倍プッシュトータル収支:-12200円