野菜不足の解消だけじゃない青汁の効能

青汁って健康にいいことはなんとなく知っているけど何を買えばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?
色々と青汁の種類はあるけど何が違うのか?
またペットボトルで売ってたり粉末で売ってたりするけどどれがいいのか?
今回は青汁の効能に焦点を当てて色々と紹介していきます。



青汁のタイプ

最近の青汁は種類が増えてきました。ざっとどんなタイプがあるのかを紹介しますと

  • 冷凍タイプ
  • ジュースタイプ
  • 粉末タイプ
  • タブレット・錠剤タイプ
  • ゼリータイプ

この中で何が一番おすすめなのか?というと粉末タイプ。と美容外科の先生はおっしゃっていました。
そして重要なのは栄養素とかもそうなのですが、まずは続けて飲めることが一番重要とのことでしたので、初めて青汁を飲んでみようと思う人はまずは続けられる青汁を選ぶことが重要です。

青汁の製法による栄養価の違い

前述したように青汁のタイプにはいろいろなものがあります。
そのため製造方法も様々で、その過程で野菜の栄養素の量に変化が起きます。
特に粉タイプの青汁は製造過程が数種類あり、それによって私達が摂取出来る栄養素が変わります。

粉砕乾燥製法

現在主流になっている粉タイプの青汁はほとんどがこの粉砕乾燥製法です。
青汁の材料になる大麦若葉・ケール・明日葉などの野菜を乾燥し、細かく刻んで粉末にする工程です。
乾燥する際に熱風を当てるため、ビタミンなどの栄養素の一部が破壊されてしまうデメリットがあります。
すべての栄養素がダメになるわけではありませんが、野菜そのままの栄養素と比べると劣ってしまいます。

フリーズドライ製法

こちらも主流となっている粉タイプの青汁に使われる製法ですが、粉砕乾燥製法とは違って熱を使いません。
マイナス30度程の超低温で急速冷凍し、減圧して真空状態にすることで水分を昇華させて乾燥させます。
栄養素がほとんど壊れず、熱に弱い酵素もそのまま残るので栄養価の高い状態を維持出来ます。
粉砕乾燥製法の粉タイプの青汁よりもやや高いものが多いです。

低温乾燥製法

48度以上になると壊れてしまうという酵素の特性を考慮し、低温で時間を掛けて乾燥させる製法です。
ビタミンも破壊されないのでフリーズドライ製法と同じように多くの野菜の栄養素をそのまま摂取出来ます。
全く破壊されないわけではありませんが多くの栄養素を摂取したい場合はこの製法の青汁がオススメです。

栄養を重視するならフリーズドライ製法か低温乾燥製法

栄養を重視する場合、粉タイプの青汁であれば、フリーズドライ製法・低温乾燥製法のものが良いです。
製法が特に記載されていない場合は粉砕乾燥製法なので、栄養面を最優先するなら避けたほうがいいですね。
粉タイプにこだわらないのであれば加熱処理をしていない冷凍タイプや、ストレートのドリンクタイプがオススメです。
味やコストなどをチェックして、続けやすくて満足の行く青汁を探してみて下さい。

青汁だけで野菜不足を解消できるのか?

現代は食生活やライフスタイルの変化によって、栄養が偏りがちです。特にファーストフードやレトルト食品の普及などで、若い世代を中心に野菜不足が深刻化しています。
青汁は毎日の食事だけでは目標摂取に届かない野菜の不足分を補えると注目される健康食品です。ただし、厳密には青汁を飲んだだけでは野菜不足が解消される訳ではありません。
緑黄色野菜と淡色野菜はそれぞれ栄養価が違うため、バランスよく取るためにはいろいろな野菜の種類を組み合わせて取る必要があるのです。青汁は緑黄色野菜を原料としているので、淡色野菜の栄養素をカバーしきれません。
野菜を中心に毎日の食事はきちんと取り、青汁は足りない栄養素を補うイメージで飲みとよいでしょう。

野菜ジュースと青汁の違い

野菜を使ったドリンクには野菜ジュースがありますが、青汁とはどう違うのでしょうか?野菜ジュースの原料は人参やトマトなどの緑黄色野菜が多く使われているものがほとんどです。
製品によっては原料の半分に果汁やショ糖を配合しているので、甘く飲みやすい代わりにカロリーが高くなってしまいます。
また、栄養素を見てみると、野菜ジュースは食品衛生法で65℃以上加熱製造が義務付けられており、ビタミンは加熱によって損なわれてしまうことに。一方、青汁は非加熱製造のタイプを選べば栄養素を補うことができます。

野菜不足解消以外に期待できる青汁の5つの効能

代謝アップで美肌効果

青汁が話題を集めているのは、健康の面だけではありません。美肌などの美容の効果も注目されています。数あるビタミンの中でも「ビタミンC」と「βカロチン」は新陳代謝を促す働きがあるとされる栄養素です。
青汁にはこの2つの栄養素が含まれていることから、さまざまな美容への効果も期待できるのです。

お通じの改善

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、それぞれの働きが異なります。水溶性食物繊維は便を柔らかくして、腸の中で善玉菌を増やす働きがあるといわれています。
対して、不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らみ、腸のぜん動運動を活発にする働きがあるとされる食物繊維です。
青汁の原料である大麦若葉などにはこの2つの食物繊維が豊富に含まれているため、毎日食事と一緒に摂ることで、お通じの改善にも効果を期待できます。

アンチエイジング

多くの女性に美容への効果が期待される青汁ですが、エイジングケアの効果が謳われる「ビタミンE」も含まれているのをご存知でしょうか。「ビタミンE」には強い抗酸化作用があるため、新陳代謝を活発にする効果も期待できます。
美容が気になる方は手始めに青汁を取り入れてみましょう。

青汁の生活習慣病予防の効果

野菜の食物繊維やビタミン、ミネラルを摂取できる青汁。食事中の栄養素の代謝を促す効果が期待でき、野菜不足などの偏りを整える効果があるとされています。このため、生活習慣病の予防にも効果を期待されるのです。
毎日の食事が気になる場合は揚げ物などの油が多い料理を控えながら、食品をバランスよく食べることを意識し、補えなかった栄養のサポートとして青汁を取り入れると効果的です。

青汁のストレス解消効果

不規則な生活を続けていると精神的にも肉体的にも疲れてしまいます。常に余計なストレスがかかっている状態になりがちに。
睡眠を促す物質のひとつ「メラトニン」は、夜になると分泌されます。しかし疲労やストレスによって上手に分泌されない場合も。そうなると睡眠の質が悪くなってしまう可能性も十分考えられます。
ケールが主原料の青汁には、このメラトニンが含まれているので、飲み続けると自然な眠りや疲労回復へのサポートにも効果を期待できます。不規則な生活リズムを改善したいという方にもおすすめです。

青汁の主原料は4種類

単に青汁と言っても、使用している主原料などで、栄養素も期待できる効果も変わってきます。青汁によく使われる原材料の特徴について知っておきましょう。

大麦若葉

大麦はビールや麦茶の原料となるイネ科の植物ですが、若葉を青汁に使用しているのが、この大麦若葉です。食物繊維が豊富なので、お通じの改善や生活習慣病の予防に効果が期待できます。ほのかな甘みがあり、ほかの青汁よりも飲みやすいため、初めて青汁を飲むという方も挑戦しやすいでしょう。

ケール

ケールはアブラナ科の植物です。キャベツやブロッコリーの原種とされており、「野菜の王様」と呼ばれるほど栄養価が高いことで知られています。ビタミン、ミネラルをバランスよく含み、特にカルシウムが野菜の中でも豊富です。
苦みが非常に強いため、単体では飲めないという場合は、はちみつを入れたりほかのドリンクと割ったりして、飲みやすくするとよいでしょう。

明日葉(あしたば)

東京都の新島が主な原産地である明日葉(あしたば)。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富であり、それらの栄養素がバランスよく含まれているのが大きな特徴です。また、良質のたんぱく質、カルコンというポリフェノールを含んでおり、美容や健康にも効果が期待されています。

桑の葉

桑は落葉性の高木で生命力が強いと言われています。葉には豊富な栄養分があることが古くから知られており、民間薬や漢方、お茶、食用などに用いられてきました。現在青汁に使用されているのは、多くが加工食品用に品種改良された「カラヤマグワ」という桑の葉です。
最近では、血糖値の上昇を抑制する効果があるとされる「1-デオキシノジリマイシン」という成分が含まることが分かり、新たな注目を浴びています。

青汁の効果的な飲み方

健康維持や疲労回復のため、またはお肌のために青汁を飲みたいと思っている方は多いのではないでしょうか。けれど「苦くて苦手」「味が飲みにくい」とつい敬遠してしまいがちに。現在の青汁はメーカーや製品によって、いろいろな種類が出ています。

初めての青汁は飲みやすさで選ぶ

これから初めて青汁を飲んでみようという方は自分が飲みやすいものから初めてみるとよいです。
青汁特有の臭みを軽減したものやほんのり甘味が付いたタイプ、形状ならタブレットや粉末タイプも販売されています。飲みやすい青汁から徐々に慣れていき、後から栄養や目的など自分に合ったものを選ぶのもひとつの方法です。

青汁を飲むのに適した時間はあるのか?

基本的には青汁を飲む時間帯に決まりはありません。いつ飲んでもよいのですが、目的に合わせた時間に飲むことにより、より青汁の効果が期待できます。

朝に飲む青汁の効果

栄養をしっかりと取るのが目的なら、朝に飲むことをおすすめします。人は寝ている間でもコップ1杯分の汗をかくと言われています。目覚めたばかりの体は水分が不足している状態なので、起き抜けに青汁を飲むと目覚めの効果も期待できます。

食事の前に飲む青汁の効果

もしダイエットしているなら食事の前に飲むことで、食欲を抑える効果も期待できます。青汁は低カロリーなので、夜に飲んでもダイエットにあまり影響しないのも魅力的です。

一食を青汁に置き換える

朝、昼、晩の食事のどれかを青汁に置き換える方法もあります。全体の摂取カロリー自体が抑えられるので、ダイエットのサポートの働きが期待されます。ただし、青汁によっては一食置き換えに向かない商品もあるので、飲む前に説明書を読む、またはメーカーに直接問い合わせて確認してみると良いでしょう。

青汁を飲むときの注意点

青汁だけでなく、すべての健康食品にいえることですが、必ず決められた量を守ることが大切です。過剰に青汁の成分を摂取すると、体に影響が出ないとも限りません。
持病がある、また妊娠中の場合は、青汁を飲む際には注意が必要です。特に血栓を溶かす薬を内服している方は青汁を控えるか、必ず専門医の判断を仰ぎましょう。
青汁はさまざまな効果が期待されますが、青汁を飲んでいるから野菜を食べなくてもいいという訳ではありません。1日3食、バランスよく食事しながら、青汁で不足分の野菜をサポートするのを心掛けましょう。

効能別おすすめ青汁3選

青汁は種類が多いので、どれに決めたらよいのか迷うものです。主原料をもとに効能ベースで選んでもいいですし、初めて飲む人はまずは慣れるために飲みやすい青汁を選んでみるのもいいかと思います。
そんななか今回は効能別におすすめの青汁を3つ選んで紹介していきます。

めっちゃくぜいたくフルーツ青汁

めっちゃぜいたくフルーツ青汁
初めて青汁を試す人におすすめなのがめっちゃくぜいたくフルーツ青汁。
理由はケールを含んでいないので苦味が少なく、飲みやすいとの口コミが多い青汁です。
普通の青汁でも不足している野菜の栄養素を補えるので美容にはいいのですが、めっちゃぜいたくフルーツ青汁はさらに美容やダイエット用に効果がある成分を配合しているので美容やダイエット効果にも期待が持てる青汁です。

ドクターベジフル青汁

ドクターベジフル青汁
ドクターベジフルの「ドクターベジフル青汁」は、九州産のこだわり野菜のパワーがぎゅっと詰まった青汁です。
野菜から栄養を摂るだけではなく、生きる力をもらって健康を守るというのがドクターベジフルの考え方。
主原料に大麦若葉を使用し、トマトやキャベツ、ごぼう、人参、小松菜などおなじみの野菜からケール、桑の葉など健康効果の高い野菜も使われているので、1杯でさまざまな栄養を摂ることができます。
野菜が本来持っている栄養素が最大限に生かされているのが特徴で、第6の栄養素として注目されている「ファイトケミカル」も摂ることができるのが特徴です。

やわた本青汁

ビタミンやミネラル、食物繊維、SOD酵素など健康にも美容にも効果を発揮する栄養素がたっぷり含まれた大麦若葉は、青汁にしてもクセが少ないので飲みやすくさらっとした味わい。
また、1杯あたり150億個の乳酸菌とビタミンCも配合。乳酸菌が腸で働き腸内の善玉菌を増やしてお通じを改善してくれるほか、ビタミンCが肌の調子を整え、免疫力アップもサポートしてくれます。
やわた本青汁はお通じの改善と美容への効果を期待する人におすすめの青汁です。