2019年オークスの予想 2019.5.16時点

予想をしているとついつい本命馬ばかりに印をつけてしまう私ですが、そんな私が得意としているのがオークス。
本命馬がきやすいレースだから当たりやすいのですが今年もなんだか当たる気がします。
オークスはよく当たるのですが、配当が低いのが難点。
なので点数をなるべく少なくするのが難しいところです。



1着は3強から2強へ

当初、オークスはクロノジェネシス、ダノンファンタジー、コントラチェックの三つ巴とみなさん予想していたと思います。
しかし、単勝を3通り買うわけにはいかず、1頭に絞るのがとても難しかった。
そんな中1頭、1着予想から落とせる馬が出てきた。…クロノジェネシスだ。
差し馬で後方から競馬をするのに内枠に入ってしまったのは辛い。
逆に枠に恵まれたのがコントラチェック。
今まで逃げ馬はオークスと相性が悪く1着にはならないと思っていたが、一昨年は確か逃げ馬が1着になっているので逃げ馬だからといって1着候補から外すことはできなくなった。
正直どう予想しても1着馬を1頭に絞ることができないので、オッズの人気から過去の傾向を頼ることになりそうです。

オークスの買い目

単勝予想

8.ダノンファンタジー 4000円

悩みに悩んで一番不安要素の少ないダノンファンタジーを単勝に選びました。

3連単予想

1着
ダノンファンタジー
コントラチェック

2着
クロノジェネシス
ダノンファンタジー
コントラチェック
ウィクトーリア 

3着
ウィクトーリア 差し 
クロノジェネシス 差し
ダノンファンタジー 先行~差し
コントラチェック 逃げ
シェーングランツ 社台F
シゲルピンクダイヤ
24通り

ラブズオンリーユーは3着候補にいれていたのですが、わたしが疫病神として反面教師にしているyoutuber?の伊藤さんが本命にしていたので予想から外させていただきました。またシゲルピンクダイヤは2着もあると思っていたのですが同じく伊藤さんが対抗にしていたので1ランク下げて3着候補に落としました。←シゲルピンクダイヤは枠順と
桜花賞組をついつい買いたくなってしまいますが過去の傾向をみるとフローラS組もそこそこ馬券に関わって来てるので1頭は入れておかないといけない。ここでその候補になるのはウィクトーリアとシャドーディーヴァです。
どっちにしようか悩んだ結果ウィクトーリアにしました。理由はウィクトーリアの方が実力がありそうだから。
シャドーディーヴァはフローラSをハナ差の2着になっていますが、フローラSは東京競馬場が開催されてすぐに開かれるレースのためまだ内側の芝がきれいですそのせいか内枠の成績がとてもいいのが特徴。
そんな中シャドーディーヴァは1枠2番。レースではずっと最内を回り最後の直線も最内から差して2着。なにが言いたいかというと、フローラSでシャドーディーヴァは一番最短距離で一番恵まれて2着になったということ。この時の1着がウィクトーリアでしたが、着差以上に実力の差はあると思っています。
そして今回ウィクトーリアは馬体の調子がよくなさそうなので外そうかと思っていましたが、調子が戻ってきたみたいなので期待をこめて2着候補に入れています。
最近はノーザンFノーザンFと叫ばれていますが、オークスで3着以内が全てノーザンFになる確率は5割あるかないか?と思っています。なのでノーザンF以外の馬も入れておくべきと思って候補にしたのがシゲルピンクダイヤとシェーングランツ。特にシェーングランツが内枠ですし社台Fもオークスで結果をだしているのでレース展開に恵まれれば馬券圏内に来る可能性が高い馬だと思っています。もし、コントラチェックが馬券内から落ちたときは2着もあると思っていますが、そう考えだすと切りがないので、その考えは消します。
もしかしたら購入の点数減らすためにシゲルピンクダイヤを外すかもしれません。←外しました。

レース展開予想

スタートしてから逃げるのはジョディーとコントラチェック。
その後ろに有力馬でない馬が数頭続き先行馬の後ろの方にダノンファンタジー、そこからさらに下がった差し馬の集団にクロノジェネシス、ウィクトーリア、後方集団にシゲルピンクダイヤ、ラヴズオンリーユーが続く感じになる。
ジョディーも逃げるがそんなにも有力馬出ないのでレースはコントラチェックのペースを基準に進んでいきそう。
今回のコントラチェックは最後の直線でもう一伸びするための脚を残しておきたいはずなので、ペースは普通か少し遅いくらいになるのではないでしょうか?
そのままレースは進んでいき、馬群は比較的縦に長い状態で最終コーナーにさしかかっていくでしょう。
ここら辺から徐々に動いてくる馬がいそうですが、有力馬で動くならダノンファンタジーが場所を取るために前に上がりそうです。
そして、最終コーナーを出た時は先頭にコントラチェック、2〜3馬身後ろにダノンファンタジー、10番手前後にクロノジェネシス、シゲルピンクダイヤといった感じ。
坂を登り終えるまではコントラチェックと後方の馬の差はそこまで縮まらない。
坂を登りきったところからダノンファンタジーが差してくる。そしてゴール直前で差し馬と追い込み馬が末脚を使ってくる。
このゴール直前ですが、今回は団子状出なく集団でまばらにゴールしてくると思います。
形としては1、2着を2頭が争って3着争いを5頭ぐらいでハナ差で勝負といった形が一番予想がつくかな。
坂を登り終えてもコントラチェックのスピードは落ちずダノンファンタジーが届くか?届かないか?ってところ。
クロノジェネシスはどこいった?となるのですが、内枠でモゴモゴしてると思うので運よく前がパッと開かない限り1着争いには参加できなさそう。3着争いをシェーングランツと差し勝負してそう…。
こう書いていると1頭3着候補に有力な馬が出てくるシェーングランツだ。
今回は距離に不安があるということだが超強力な末脚を持っていて勝負強さもある。枠も11番と悪くない。
最後の直線で差し勝負になった時は結局、末脚でシェーングランツが差し切るのではないのでしょうか?
3連単を極限まで点数を減らすなら、

3コントラチェック-8ダノンファンタジー-4.シェーングランツ
8ダノンファンタジー-3コントラチェック-4.シェーングランツ

上記の2点に絞ってみてはいかがでしょうか?もしこれが当たったら褒めてください。

オークス予想メモ

1番人気は【5.2.1.3】という上々の成績、前走桜花賞3着以内馬に限定すると【5.1.0.1】
桜花賞の上位馬以外が1番人気の場合は、疑ってかかるべき
10番人気以下の馬は切り捨てて良い
5番人気の馬もチェックしておくべき、1着予想に入れても良い
差し馬が圧倒的に強い、逃げ馬はほとんど来ない、1着はない。
枠順は比較的内枠(1,2枠)が有利、外枠(7、8枠)も悪くはない。
3~6枠且つ4番人気以下は除外、3番人気以内ならどの枠でも買える
桜花賞で外枠に入った馬が好成績
前走の枠順が内寄りか外寄りかで雲泥の差。特に桜花賞で1~4枠だった馬は(0-1-2-29)

1~4枠【0-3-4-75】
5~8枠【11-6-6-72】

前走でも中団から進み速い上がりを使っていた馬が好成績。特に前走上がり3位以内の複勝率が高め、
有力馬で前走上がり4位以下だったのはアクアミラビリス、カレンブーケドール、コントラチェック、シェーングランツ、ダノンファンタジー、ビーチサンバあたり。
1着馬のキャリアは4戦~6戦、特に4戦、5戦が有力
4番人気以下+4月以降の生まれは除外
ノーザンF以外にも社台Fも好調
前走G3とオープンの馬は除外できるがコントラチェックは例外とした方がよさそう
前走桜花賞は5番人気まで、前走フローラSは4番人気まで
前走3着以内が殆どを占めます。忘れな草賞は1着のみ。
前走桜花賞

3着以内【7-4-4-12】
4着以下【1-1-1-47】

前走フローラS

2着以内【1-3-3-11】
3着以下【0-1-1-24】

有力馬あらいだし

1着
ダノンファンタジー
コントラチェック

2着
クロノジェネシス
ダノンファンタジー
コントラチェック
シゲルピンクダイヤ
ラヴズオンリーユー 過去3戦、追い込み×

3着
ウィクトーリア 差し 調子よくないかも
クロノジェネシス 差し
ダノンファンタジー 先行~差し
コントラチェック 逃げ
シゲルピンクダイヤ 追い込み?
シェーングランツ ←穴馬 社台F
ラヴズオンリーユー 過去3戦、追い込み×

気になるけど外していい馬

ビーチサンバ
フェアリーポルカ 差し
ジョディー ×逃げ

メモ

シャドーディーバはコントラチェックに絶対勝てない。
コントラチェックは強いけど逃げ馬なので1着からは外した。
ダノンファンタジーを1着候補にするべきか悩みどころ
後は人気と枠順を見てから決める