結婚式の新婦さんの衣装と言えば「白」が定番ですね。
キリスト式や人前式で挙式を行う時は純白のウェディングドレス。
神前式で挙式を行うときは白無垢。
ともに衣装は白色で結婚式では白色は新婦さんの色でゲストの全身白色はNGです。
そしてもう一つ結婚式では色に関する儀式があります。
それは「お色直し」。
今回は新婦さんの白色とお色直しについて紹介していきます。

ウェディングドレスの「色」が意味するもの

小さい頃に憧れた純白のウェディングドレス。
女の子なら一度は憧れる純白のドレスですが、その起源とは何か、どんな意味があるのかをご存知でしょうか?

白いドレスの起源

白いウェディングドレスの起源もとを辿っていくと、19世紀の英国で最も影響力のあったヴィクトリア女王が、白いウェディングドレスをまとって挙式をあげたことが起源とされています。
当時は上流階級の貴族のみが着用した純白のドレスが女王の影響で国中に広まり、それが今に至っているんだとか。

「白」のもつ本来の意味

そもそも、白という色には「清楚」「純潔」「純粋」という意味があり、イメージカラーとしても結婚にぴったりの色です。
確かに白のウェディングドレスを着た花嫁さんって純真無垢な印象を受けると思います。
ウェディングに白色が多いのは穢れ、悪を払うという意味も込められているようです♪
ここで悪を払うといった話が出てきたので同じ魔除けのアイテムと噂もあるベールについて補足します。

ウェディングベールの持つ意味

1.魔除け
ウエディングベールの意味として最もポピュラーなのは、邪悪なものから身を守る魔除けです。
当時は、邪なものを退けるという意味があったそうで、可憐な見た目とは裏腹にベールはいわば盾のような役割を担うものだったのでしょう。
なお、海外ではベール=魔除けという意味は根強く残っていて、ウエディング用以外にも身を守るための装飾品として多用されています。

2.母親の愛情
花嫁の頭部を柔らかく包み込むウエディングベールは、母親の愛情の象徴であるという説もあります。
結婚式は親からの巣立ちを意味しますが、花嫁のベールは花婿に身を預けるその日まで娘を守り通したという親の愛の証とも言えそうです。

3.貞操
ベールは「覆う」「隠す」という意味があり、イスラム社会では女性が顔をすっぽり覆うベールをかぶって、肌の露出を極力避ける文化がありますね。
これには周囲の欲望の目から身を隠すという意味があり、同じベールを身につける花嫁さんも「貞操を守ってきた女性」の象徴とみなされるのだとか。

純白のウェディングドレスに込められたメッセージ

白が“何にも染められていない色”であることから、白のウェディングドレスには「あなたの色に染まります」という意味があるようです。

白はリセットの色?

白にはもう1つ「気分を一新する」という意味もあるんです*白いドレスが改めて二人のこれからのスタートであることを示しているのかもしれません。

日本の結婚式でも白は基本

日本の伝統婚礼衣装の白無垢も文字通り白。やはり白が婚礼にぴったりというのは万国共通なのかもしれません。
ちなみに古来日本では、白は太陽の光の色と考えられ神聖な色とされてきました。

白無垢の歴史

日本では平安以来、花嫁衣装に純白が貴ばれるようになりました。
平安時代の美人の条件は「肌が白いこと」。
ぼんやりとした薄暗い夜に美しく自分を見せるには白を使うのがよく、自分を美しく見せるために白を使っていました。
そして、純粋さを象徴する白は美しいというイメージと相まって花嫁衣装の定番となったそうです。
室町時代になると足利幕府により礼道教育が始まり、婚礼の法式などが生まれ、婚礼の衣装も定められました。
この頃に幸菱文様の表着に白打掛が着用されたと言われています。

白無垢が意味するもの

花嫁が白無垢を着ることには、「相手の家の色に染まるように真っ白のまま嫁ぐ」という意味が込められています。
これを深く掘り下げると、「生家の娘として一度死んで、婚家の嫁として新たに誕生する」ということを表しているようです。
結婚することで姓が変わり、住む場所が変わり、花嫁を取り巻く環境は今までとは大きく違ったものとなります。
昔ほどとは言えませんが、今も結婚に対してはそれくらいの覚悟を持って臨むものというあらわれなのでしょう。

また、女性の角は鬼の象徴であの世のものとされています。
お色直しで角隠しがとれると、鬼ではなくなり生まれ変わったということを表します。
これも前述したものと同じで「新しく生まれ変わり嫁ぎ先で生きていく」という意味があります。

白無垢と赤い打掛にも意味があった

白は『死』を、赤は『生』を意味します。
なので白無垢から赤い打掛に衣装チェンジすることは、生まれた家で一度死に、嫁ぎ先で新しく生まれるという事を意味します。
なんか壮大な話に聞こえてきますが、日本の結婚式では生まれ変わるといったようなイメージが古来からあるようです。

結婚式でお色直しをする意味

結婚式でドレスともう一つ色にかかる儀式がお色直し。
披露宴の途中で、新郎新婦が中座し新しい衣装に着替えて再登場します。
ふたりの衣裳が変わることで会場の雰囲気がさらに華やかになり、ゲストも楽しみにしている演出の一つです。
ではそんなお色直しの本来の意味をご存知ですか?

日本でのお色直しの意味

本来お色直しは、新婦が白一色で仕立てられた白無垢(しろむく)から、色打掛(いろうちかけ)に着替えることを指していました。
白無垢から色打掛に衣裳替えするのには、「相手の家に染まる」という意味が込められていたようです。
お色直しは「花嫁がいろんな衣裳を着るもの」というイメージがありましたが、実はそんな意味が込められていたのですね。

結婚式にまつわるお色直しの歴史

お色直しの起源はなんと「奈良時代(710~794年)」にさかのぼると言われています。
当時は結婚したら白無垢を三日間着続け、四日目になったら色打掛を着るのが習慣でした。
そうやって、ようやく相手の家に染まったということで嫁入りが認められたのです。
その慣習が簡略化されて、結婚披露宴の途中で衣裳を変えるようになったのが、現代のお色直しとされています。

しかし、実はもう一つ説があります。

戦前までは結婚お披露目会は新郎の家で行われるのが一般的でした。
そのお披露目会で、新婦は白無垢から持参した花嫁道具の中の衣裳へ着替えて、招待客に披露するのが習わしだったようです。
その習慣の名残がお色直しという説もあります。

お色直しをするのは日本だけ?!

お色直しは日本独特の文化で、欧米などではお色直しをすることはあまりないそうです。
欧米などではウェディングドレスをレンタルする人は少なく、新しいドレスを購入するか手作りします。
そのため衣裳替えはせず、一生に一度の思い出として一日中着ていることが多いそうです。

現代結婚式でのお色直し事情

結婚式のお色直しはバブル景気だった1980年代後半では3回以上のお色直しがあったほどですが、現在のお色直しは1回が主流。
いわゆる「派手婚」から、ゲストをもてなす「おもてなし婚」へと変化し、ゲストと過ごす時間を重視する傾向にあるようです。
お色直しが3回以上ともなれば、新婦が席にいる時間より、衣裳替えのために席を外す「中座」の時間のほうが長かったりしますからね。
最近では、お色直しを1回もしないカップルもいるんだとか、家族挙式を行う人はお色直しをしない人が多いイメージがあります。
ただ、今でも親世代もしくは地域によっては、「お色直しはするもの」という風潮が根強くあったりします。
なかには「お色直しはしないと両親に伝えたら猛反対された」という人もいるようなので、お色直しをするかしないかについては、両家で話し合ったほうがいいかもしれません。

お色直しは席外しの時間

衣裳チェンジはしなくても良いけど、「中座の時間は取ったほうが良い」という意見もあります。
と言うのも、結婚式当日は何かと緊張の連続。
挙式のリハから始まり、挙式→写真撮影→披露宴と結婚式の一日はとても長く、約半日がかり。
なかには慣れないドレスをきて動くので挙式の前のロケ撮や式リハで疲れちゃう新婦さんも見かけます。
披露宴そのものの時間は約2時間半ですが、疲れも溜まってくる頃。ふっと一息つく瞬間がほしくなるかもしれません。
そんなとき、中座というきっかけがなければ、なかなか席を立ちにくいですよね。

また、新婦はトイレの心配もあります。
新郎はスーツなのでサッとトイレに行けますが、新婦はロングドレスを着ているので、そう簡単に行くことができません。
トイレに行く機会としても、お色直しの時間が用意されているようです。
「ゲストと少しでも一緒に過ごしたい」と考えているなら、中座の時間を短くしてみることもできます。
衣裳はそのままで、ヘアアレンジやアクセサリー、ブーケを変えるくらいなら中座の時間も短くなりますし、袖や裾が取り外せる2wayのドレスを選べば、短時間でイメージチェンジを狙うこともできます。
また、新郎新婦がメイン席に座っている間は、ゲストも席を立ちにくいもの。中座はゲストの中休みにもなります。
席を外すことをあまりデメリットと考えず、中座の時間を設けてみてもいいのかもしれません。

ウェディングドレスの「色」のまとめ

こうやって結婚式の色について調べてみると色々な意味があって面白いですね。
最近の結婚式では白は新婦さんの色といったぐらいになり、衣装も挙式から中座まではウェディングドレス。再入場からは色打掛という人もいますし、逆に神前式で最初は白無垢、披露宴や再入場からカラードレスという人もいます。
また結婚式当日はウェディングドレスとカラードレスだけど前撮りで和装をきて記念撮影するカップルも多いです。

ウェディングドレス購入の傾向

結婚式を控えている新婦さんはウェディングドレスを購入にしようかレンタルにしようか?と悩んでいる人も多いと思います。
購入もレンタルもメリット・デメリットがあり、どちらがいいとは一言には言えません。
最近では購入派とレンタル派が半々くらいの割合のような話を聞きますが、私の周りではレンタル派が圧倒的に多いです。
理由を聞くと、結婚式以外では使わないしかさ張る。との声が多かったです。
レンタルドレスは多少なら汚しても構いませんし、購入と同じぐらいの料金でグレードの上のドレスを着ることができることが大きなメリットです。
ウェディングレンタルを検討している新婦さんがいましたら、ミスサブリナ表参道に一度足を運んでみてはいかがでしょうか?
結婚式会場の提携ショップのドレスに気に入ったものがなかったひとにミスサブリナ表参道はおすすめです。
もし興味を持っていただいた方は東京で上品なウェディングドレスをレンタルするならスサブリナ表参道の記事も併せて読んでいってください。
きっと満足していただけるはずです。