結婚式を挙げようとしているカップルは今も必死に結婚式場を探していると思います。
私はブライダル関係の仕事をしている関係でいろんな結婚式場で様々な結婚式を毎週見ています。
そんな経験から、行ったことのある結婚式場やホテルの魅力を紹介して結婚式場選びの参考になればと思っています。



首都圏最大級の大聖堂がある結婚式場!大宮アートグレイスの魅力

今回紹介するのは大宮アートグレイス。
大宮駅からは離れた所にありますが、専用の無料シャトルバスが大宮駅から出ているので不便さはそこまで感じない。
大宮アートグレイスの一番大きな魅力は大聖堂があることだと私は思っています。
大聖堂がある結婚式場は結構ありますが、大宮アートグレイスの大聖堂の大きさは首都圏でもかなりトップレベルだと思います。
少なく私が行ったことのある結婚式場の中では一番大きいです。
仕事ではなくプライベートで行った東京カテドラル聖マリア大聖堂には流石にまけますが…。
東京カテドラル聖マリア大聖堂について興味がある人は東京カテドラル聖マリア大聖堂や椿山荘の結婚式はお値段以上のクオリティの記事を参考にしてみてください。
有名建築家がデザインしてものすごく魅力的な大聖堂です。さらに使用料もそんなに高くない…。

大宮アートグレイスの紹介

大宮アートグレイスは大きく分けて2つに分かれます。
1つは大聖堂のあるシャトー。
もう1つは大宮璃宮。
シャトーはみなさんが結婚式場と聞いて思い浮かべるような大聖堂があるタイプ。そのほかにそれぞれのコンセプトで造られた4つ?のバンケット(披露宴会場)があります。
バンケットは全て貸切のようになりますので、バンケットに入るゲストは全て新郎新婦のゲストしかいません。またメイクルームもこのバンケットないに併設しているので衣装チェンジの時なども移動が少なくて楽です。
大宮璃宮の方はシャトーよりもっとモダンなデザインになっています。
チャペルはモダンでこじんまりとした(と言っても普通のチャペルと同じ大きさです)サイズ。チャペルの前には日本庭園が広がっており、和風モダンなデザインになっています。
こちらも披露宴会場は個々の部屋が用意されています。
もともと大宮アートグレイスはシャトーだけだったのですが後から璃宮を増設したっぽいです。
ちなみに、璃宮の披露宴会場を使ってシャトーの大聖堂を使いたいって人もたまにいて、そのような使い方も可能です。

大宮アートグレイスの特徴

大きな大聖堂

なんども大聖堂をピックアップしていますがそれだけ魅力的な特徴ということです。
大聖堂の中も広々としていて、普通のチャペルだと席の側道は狭くて人一人しか歩けないですがここの大聖堂は3人くらい通れる幅があります。
また大聖堂の外には大階段があり、大聖堂をバックに大階段でフラワーシャワーをすると、他の会場ではないような綺麗な見栄えになります。
フラワーシャワー以外に全体集合写真を撮る人もこの大階段があるととても綺麗に映ります。内閣発表の時の写真を思い浮かべてもらうとイメージしやすいかもしれません。
大階段がない会場になると、写真屋さんが脚立に登っての撮影になるので、どうしても俯瞰の撮影になってしまいます。
大聖堂はあってもこの大階段はない結婚式場もありますので、ここは大宮アートグレイスの大きな魅力になります。
余談ですが、フラワーシャワーは結婚式1日を通して一番写真映えのする重要なイベントですので動画や写真にこだわりたい人は重要視した方がいいかもしれません。

様々なスタイルの披露宴会場

大宮アートグレイスでは披露宴会場は会場ごとにコンセプトのようなものが決まっています。
パリやシャンパーニュ、プロバンスなどシャトー側では地方名が披露宴会場の邸宅名に使われています。
璃宮側ではオリエンタルテラスやチェリーブロッサムのような名前になっています。
シャトーの方はヨーロッパ調、離宮は和風モダンデザインになっています。
前にも述べましたがメイクルームも披露宴会場(バンケット)内に併設されているので、中座後のドレスチェンジの時も移動が少ないのは嬉しいです。

装飾が綺麗

結婚式場の装飾が綺麗なのはとても重要なことです。
何故ならそれは写真映えに大きく影響してくるからです。
何も柄もない真っ白な壁の前で写真を撮ってもなかなか映える写真はとれません。
しかし、壁の壁紙がおしゃれであったり、バンケット内に置かれているソファーやテーブル、観葉植物や小物がおしゃれだと、どこで写真を撮っても綺麗な写真になったりします。
私はホテルと結婚式専用会場の差はここにあると思っています。
ホテルが悪い訳では決してないのですが、やはりホテルの披露宴会場は基本的には大広間。結婚式の披露宴もやれば会社の祝賀会や学校の卒業式などにも使われます。それに比べて結婚式専用会場は結婚式のためだけに造られています。
そのため、装飾などは華やかで見栄えがあります。

大宮アートグレイスを利用する人の傾向

比較的若いカップルが結婚式を挙げるイメージがあります。
多くは20代ではないでしょうか?
もちろん30代のカップルも多いですが、割合的に7:3か8:2ぐらいで20代が多いような気がします。
あとは住まいや出身、会社が埼玉県の人がやはり多いです。

大宮アートグレイスに向かない人

大宮アートグレイスは会場的には人を選ばず万人に受け入れられます。璃宮が和風モダンなので披露宴の再入場からのドレスチェンジで色打掛に衣装チェンジしても会場とマッチしてくれます。
そんな中、大宮アートグレイスに向かない人というのはゆったりとした結婚式を挙げたい人です。
大宮アートグレイスは大きな結婚式会場で、繁忙期になるとそれはそれは忙しいです。
そもそもホテルと比べていろんな時間はタイトになっており、挙式が終わってから披露宴開始までの時間や披露宴中の時間はホテルより15分ほど短く設定されています。
そのため、とても忙しいです。特に披露宴は入場してから祝辞、乾杯、少し歓談したと思ったらケーキ入刀してそのまま新婦中座になります。
おそらく新郎新婦はこの間ほとんど料理を口にできないのではないでしょうか?
ホテルも同じような流れですが、歓談の時間が長かったりして少しゆっくりできます。
そんなこんなで時間にゆとりを持って結婚式を挙げたい人は大宮アートグレイスは向かないかもしれません。
もし、もっとゆったりとしたいとか余興を多く詰め込みたい人は通常2.5時間の披露宴を3時間宴にしてもらうといいかもしれません。
お値段は追加料金がかかってしまうと思いますが、大聖堂や装飾が気に入ったのなら悪くない選択肢ではないでしょうか?

大宮アートグレイスの相場

大宮アートグレイスの相場は普通より少し高い、と思う金額です。
相場としては

80人規模で総額450万円前後

だそうです。400万円をこえると若干高めの印象もありますが大聖堂に憧れがある人は少し奮発してでも大宮アートグレイスで結婚式をあげてみてはいかがでしょうか?

大宮アートグレイスに興味を持ったカップルへ

もしここまで読んでいただいて大宮アートグレイスに興味を持った、式場見学やブライダルフェアに行ってみたいと思う人はHanayume(ハナユメ)から申し込んでみてはいかがでしょうか?
というのも、個人で式場に連絡して日程調整して伺うよりもHanayume(ハナユメ)のようなサイトを利用した方が簡単に予約ができるからです。
式場見学ができる日程やブライダルフェアを行っている日程やその内容も知ることができますし、その周辺にどんな結婚式場があるかも調べることができます。
また、Hanayume(ハナユメ)を通すことで割引も適用されるので利用して損はないはずです。
もしHanayume(ハナユメ)が気になった人は式場検索だけでも登録しなくて利用できますので、一度どんなものか利用してみてはいかがでしょうか?
hanayume(ハナユメ)について詳しく知りたい人は気になるhanayume(ハナユメ)の評判や得する登録メリットの記事に詳しく紹介されていますので参考にしてみてください。



関連記事

他にも結婚式関係の記事を書いているのでよかったら読んでいってください。
みなさんの参考になれば幸いです。