最近多くのテレビCMを使って宣伝しているhanayume(ハナユメ)。
そのおかげで知名度はすごく上がったのではないでしょうか?
テレビCMなどで興味を持ったけど、サービスの実態がいまいちつかめないという方も多いと思います。なので今回は実際に使った方のお話や、私自身ブライダルのカメラマンをして様々な会場のいろんな結婚式をみてきていますので、一歩引いた業界関係者の目線でもhanayume(ハナユメ)のサービスを紹介や結婚式選びのアドバイスをしていきます。



hanayume(ハナユメ)の評判や特典を紹介

CM内では、ハナユメを経由して申し込みをするだけで、「結婚式の費用が最高100万円以上もお得になる」といわれています。
察しのいい人は結婚式場にカップルを紹介するからその分報酬をもらってるんだろうなぁと気づくと思いますが、ちょっと疑ってしまう人も多いかと思います。
少し話がそれますが転職サイトの人材紹介系のサービスが人材をサイトを通して会社に就職させると、就職先から人材紹介会社に報酬が入るのを想像するとイメージが付きやすいかもしれません。
もちろんhanayume(ハナユメ)のような結婚式場検索サイトは、他にもたくさんあります。
恐らく結婚式と聞いてみなさんが一番ピンとくるのは「ゼクシィ」ではないでしょうか?
しかし、ネットでパット調べてみる限り式場検索サイトの中でhanayume(ハナユメ)の特典割引が最も大きく、特典割引に焦点を当てるとhanayume(ハナユメ)が一番おすすめできます。

hanayume(ハナユメ)の魅力やメリット

hanayume(ハナユメ)は特典割引もとても魅力ですが、その他にも式場検索やプロのスタッフによるアドバイスも受けられることも大きなメリットです。
ここでは最初にhanayume(ハナユメ)の使い方を紹介していきます。
最初に下のボタンからhanayume(ハナユメ)の公式ホームページに移動します。

おそらくhanayume(ハナユメ)のサイトで一番使う機能は結婚式場の検索機能ではないでしょうか?
hanayume(ハナユメ)の検索機能ではエリアでの絞り込みに加えて会場の雰囲気で絞り込む機能も付いています。
もし、かわいい感じの披露宴会場がいいとか、モダンな落ち着いた感じの披露宴会場がいいなど、自分の理想が決まっている場合は件数が絞れて便利です。
検索ボタンを押すと希望の検索条件でヒットした結婚式場が一覧として表示されます。

気になった結婚式場を選択すると、その会場の詳細が見れて、そこからブライダルフェアに申し込みができたり、見学予約ができたりします。
なお、検索機能は会員登録をしていなくてもできますが、ブライダルフェアや見学予約をするときに会員登録をしないといけないようです。

ブライダルフェアと式場見学はどっちがおすすめ?

ブライダルフェアも式場見学もメリット・デメリットがあるので自分にあった方を選ぶといいかと思います。
ただ、ブライダルフェアは最低1件は参加した方がいいです。できれば3件以上みると結婚式会場や実際のイメージが付きやすくなると思います。

ブライダルフェアのメリット・デメリット

メリット
ブライダルフェアのメリットは一連の流れが分かることが最大のメリット。あと、実際の結婚式で出されるコース料理が無料で食べれるのもメリットです。
ブライダルフェアの大筋の流れは最初に説明を受けてからチャペルなどの挙式会場に行き模擬挙式を見ます。その後に披露宴会場に行ってコース料理を食べながら披露宴の流れや料理の説明、サービスの紹介などを聞きます。
会場によっては写真屋や映像屋、ドレスの展示などをしているので、ブライダルフェアにいけばすべてが分かるようになっています。
デメリット
ブライダルフェアのデメリットは時間が長時間になることです。
大体、本番の結婚式と同じように進められますので挙式模擬に15分、そこから披露宴会場に移動したりいろいろ見る時間が45分、披露宴会場での説明で2時間~2時間半という設定になっており、さらにドレスを見たり写真や映像について聞いてみようとすると一日作業になってしまいます。
ブライダルフェア

式場見学のメリット・デメリット

メリット
式場見学のメリットは時間が少なく済むところです。ブライダルフェアには数件参加して、すでに結婚式のイメージが付いている人に向いています。
だいたい式場の人に案内してもらって、チャペルはこんな感じです。披露宴会場はこんな感じです。案内してもらいます。
サクサクっと案内してもらえるのでかかる時間は2時間前後でそんなにも時間をかけずお手軽に済ませれます。
デメリット
イメージが付きにくい。おそらく会場によって紹介する順番はあると思いますが、土日ですと実際の挙式も挙げられていますので挙式の先に披露宴会場を見て回ったり、複数披露宴会場がある式場では歩きながらパパっと見るだけなのでしっかりと記憶に残りません。
式場見学だけで式場を決めてしまうと、自分のイメージと実際に結婚式を挙げたときに乖離が起きてしまうかもしれません

ブライダルフェアは何故3件以上がおすすめなのか?

hanayume(ハナユメ)の特典としてブライダルフェア参加予約の上、見学後、見学アンケートに回答すると、もれなく全員に3会場回答で35,000円分の選べる電子マネーギフトがもらえる。というのも1つの理由ですが、ブライダル関係で働いて様々な会場に行くと感じるのですが、ホテルと結婚式専門会場ではだいぶ雰囲気が違います。ホテルの方が時間も雰囲気も落ち着いていますし、結婚式専門会場の方が時間が短く忙しいですが内装などの装飾が綺麗なことが多いです。なのでホテルと結婚式専門会場を比べるために2件、さらにその2つを見てからもう1度、自分に合った方に参加することで自分がどんな結婚式をしたいかがイメージできやすくなるからです。
hanayume(ハナユメ)の特典でブライダルフェアや式場見学を3回行かないと広告の特典がもらえない、との否定的な意見もネットにありますが、この3件見てもらうという設定はブライダル関係で働いている私としては新郎新婦に満足する結婚式場を選んでもらうためには理にかなっている設定だと思います。
結婚式場の式場選びや挙式のスタイルについて詳しく知りたい方は、いろいろな結婚式の記事も書いているので参考にしてみてください。
結婚式場の式場選びに関しては結婚式場の失敗しない5つの選び方とホテルと専用式場の比較の記事を参考にしてみてください。


また、挙式のスタイル(キリスト式、人前式、神前式)に関してはキレイに写真を残すならキリスト式!結婚式の種類と裏事情で詳しく紹介しています。

結婚式の相場を知るためにも複数の式場見学は必須

結婚式を挙げるにあたって大きな問題はその費用。
hanayume(ハナユメ)を利用する人もその費用をなるべく抑えるためにハナユメ割のあるhanayume(ハナユメ)を利用しようと思った人も多いのではないでしょうか?
私は複数の結婚式場を見て、見積もりをもらいどういった結婚式場ではどのくらいが相場なのか?を知ることはとても重要だと思います。
更にその他にも、いろんな式場でいろんな人と話すことによって様々なことも教ええてもらえます。
例えばみなさんが気にしているハナユメ割についても、きちんと説明してもらえたりします。
hanayume(ハナユメ)では定額プランというのがあるのですが、それは別な話として、基本的に最初に結婚式場から出してもらえる見積もりはMAXの最低価格だと思ってください。
どうしても他の会場との争奪戦があるのでそこでは安く見せないといけないといった式場の事情もあるようです。
なのでそこからいろいろとオプションが付いて加算されると思ってください。
一応全国平均だとゲスト80人で総額350万円くらいが相場なようです。
私が撮影するカップルは400~500万円前後が平均っぽいのでもしかしたら首都圏は地方より高いかもしれません。
ブライダルフェア

割引金額の大きいハナユメ割

ハナユメ割では数十万円~100万円の割引をしてくれるサービスです。結婚式場としてもハナユメ割でも契約してもらえるとメリットがあるようです。
どうもハナユメ割の結婚式場のメリットとして、式場側の予約が埋めづらい半年以内の結婚式にフォーカスしているからだそうです。
予約が埋まりづらい半年以内の結婚式を選ぶと、最高額100万円の値引きが受けられるようになっています。
式場からすると予約に空きが出るくらいなら100万円の値引きをしたほうがメリットがあるのでそのような割引にも応じてくれるようです。
じっくり時間をかけて理想の結婚式をしたい方にとっては、ハナユメ割をそこまでメリットに感じられないかもしれません。
でも、ブライダルフェアに参加するだけで商品券40,000円分(見学3件+サポートデスク使用の場合)がもらえるのは、誰にとっても大きなメリットになると思います。
現在のキャンペーン内容は商品券40,000円分(見学3件+サポートデスク使用の場合)でうが定期的に変わるので、今のうちに申し込みだけでも済ませておくと良いと思います。
私の推測ですが、繁忙期や閑散期でその設定を変えているのだと思います。
結婚式の繁忙期や閑散期についてはブライダル関係者が推薦する結婚式の本当におすすめな時期の記事に詳しくかかれているので参考にしてみてください。

hanayume(ハナユメ)のキャンペーンの紹介

今まで商品券40,000円分(見学3件+サポートデスク使用の場合)がもらえると紹介してきましたが、そのキャンペーンについて少し紹介しておきます。
商品券40,000円をもらえる条件として、hanayume(ハナユメ)のサイトやサポートデスクを通して会場見学やブライダルフェア参加して、その後に簡単なアンケートに回答することが必要です。
そんなに手間ではないですし、結婚式場を探す人が必ず行う作業ではないでしょうか。
1会場の見学&アンケート回答で15,000円、2会場の見学&アンケート回答で25,000円、3会場の見学&アンケート回答で35,000円分の商品券がもらえます。
「3会場の式場見学(35,000円分)+ハナユメデスクへの来店または成約(5,000円分)」で、最大40,000円分の商品券がもらえます。
利用者の声として、しつこい営業電話が心配でしたがブライダルフェア参加前日に式場から確認の電話がかかってきた程度で営業連絡は一切かかってきていないとのことです。

商品券の種類
商品券って何の商品券なんだろうと私は思ったのですが、みなさんも同じことを疑問に思うと思うので調べてみたら。
”本キャンペーンで交換可能な電子マネー等は、nanaco、Amazonギフト券、WAONポイントとなります。”と記載されていました。
結構メジャーな商品券なのでかなり使い勝手はいいのではないでしょうか?
あと、注意点なのですが下記のようなことも書かれていました。
”結婚式場のご見学・ブライダルフェアの参加は、結婚式を挙げるお二人での来館が条件になります。”
おひとり参加ではダメですよ。という内容ですね。
結婚式は2人で挙げるものなのでぜひお二人でしっかりと理想の結婚式を作り上げてください。
★hanayume(ハナユメ)のキャンペーンはこちらから↓★


hanayume(ハナユメ)の評判や得する登録メリットのまとめ

いろいろな声もありますが、検索機能を使うだけでも便利だと思います。
それで実際に気に入った会場が見つかったら登録すればいいです。
ゼクシィや他のサイトと比べての掲載式場数の声もありますが、ゼクシィに紹介されていてハナユメに紹介されていない式場はありますが、その逆のハナユメに紹介されてゼクシィに紹介されてない式場もあります。
1サイトしか登録してはいけないわけではないので複数のサイトで調べることのもいいのではないか?と思います。
キャンペーン特典に関してはハナユメが一番強力ですので、3件デートや食事感覚でフェアや見学に行くだけでもいいかと思います。
最後にスタッフとの人間関係に疲れるとの口コミもありますが、ハナユメの使用に関してはサポートデスクを使わずネットでの応募だけにしておけば煩わしい人間関係は生まれません。
それでも、3件見学に行けば35000円の商品券がもらえるのでhanayume(ハナユメ)の使用は十分におすすめできます

ブライダルフェアの予約で商品券がもらえるキャンペーン中【Hanayume(ハナユメ)】