私は結婚式のビデオ撮影の仕事をしています。
なので毎週末結婚式にはでているのですが、今回意外な情報がテレビから流れてきた。
そのテレビ番組は私の好きな月曜から夜更かし。
そこで沖縄の結婚式の意外な風習を紹介していたので紹介します。
今回の記事は短めです。



沖縄だけなぜか違う結婚式の風習

沖縄の披露宴は席の位置が違う

一番驚いたのは両親の席の位置です。
通常両親は新郎新婦が座る高砂から一番遠い位置に座ります。
しかし、沖縄では両親の卓は沖縄では高砂の正面にあるらしいです。
それは、沖縄は親への感謝の思いが強いらしく、その感謝を込めて一番近い位置にするらしいです。
ちなみに通常の結婚式では新郎新婦から関係が深い順に席は遠くなっていくとされています。
高砂の前は職場の上司、その外側の横に職場の同僚。
一列下がって二列目に友人卓。そして一番後ろの列に親族卓が並ぶというケースがほとんどです。
ちなみに、この親族宅を新郎新婦の前に設置することはマツコさんはすごくいいと言っていました。
もしこれから結婚式を挙げる人で親に凄く感謝している人がいましたら高砂の前に親族席を持ってきてもいいかもしれません。
会場によってですけど、席順は新郎新婦の望むようにしてくれると思うので主張してみましょう。
形式ばった結婚式でなく楽婚とかだとそういった形式は多くなるかもしれませんね。

沖縄の結婚式のゲストは400人くらいが普通

通常、結婚式の出席者は100人前後くらいが普通です。
しかし沖縄の結婚式では400人くらい来るのが普通なんだとか。
どちらかというと祝いの席で楽しむのが好きそうなイメージです。
沖縄の人はすごく友達が多きとかではなく、その400人のゲストの中にはあまり関係ない人もくるみたいで、親の友達とか会社の関係ない部署の人たちも来るらしいです。
そして、結婚式の料理はコース料理がほとんどですが沖縄ではで大皿料理が卓に並べられてそれをみんなで食べるケースが多いんだとか。
そんな沖縄の結婚式のご祝儀は1万円が相場で普通の3万円よりも少なめの設定。
なのでみんな普通の飲み会感覚で来るのかもしれません。
披露宴会場

沖縄の結婚式のまとめ

結婚式の風習は日本全国で同じものかと思っていたら地域によって違うことは意外でした。
今までは結婚式は形式に沿って行わなければいけないと思っていましたが、もっと自由にしていいんだなぁっていうのにも気づきました。
なので、これから結婚式を挙げる方は普段の形式にとらわれずに自分のやりたいように結婚式を挙げるのもいいかもしれません。
無理に普通の形式に沿って結婚式を開くよりも楽婚みたいな感じでお手軽に自分のやりたいように行うのもおすすめです。
ただ会場によってそれができるできないがあるので、下調べや情報収集は細目にしっかりと行った方がよさげです。
最近ではCMでもよく見かける「ハナユメ」のようなサイトで日本全国にある結婚式場について調べたり下見の予約ができたりする便利機能もあるので、それらを使うのがおすすめです。
hanayume(ハナユメ)に興味がある人は気になるhanayume(ハナユメ)の評判や得する登録メリットの記事に詳しく書いているので興味があったら読んでみてください。




沖縄や番組のちょっと雑談

結婚式の習慣以外にも驚いた沖縄文化が紹介されていて、それが模合というもの。
模合とは人が集まってお金を人一人に貸すという集まり。お金を借りる人は毎回変わるのですが、その時お金に困ってる人がそのお金を受け取るケースが多いんだとか。そして基本的に無利子。
この模合はお金を借りることとお酒を飲むことがベースになってるっぽいです。
そして沖縄の嫁は旦那が模合にいくというとお金がもらえるらしい。

2019年に流行るかもしれない阿佐ヶ谷姉妹のギャグ

今回の月曜から夜更かしで終始マツコさんが気に入っていたのが阿佐ヶ谷姉妹のネタの
「そろそろJ-phoneも替え時ね」
というもの。
そういえば実家に帰ったときにがJ-phoneのまめぞうを久ぶりに見て懐かしいなぁ、こんな画面小さかったんだって思ったのを思い出しました。
もしかしららこのネタ流行るかも…。でも最近の流行をつくる若い子たちは分からないか…J-phone