小皇帝から生まれた暴れ子熊の問題行動が話題に

小皇帝とは

小皇帝とは、中華人民共和国の一人っ子政策以後生まれた子供たちのこと。
小皇帝達は生まれたときから消費社会の中で成長してきた。そのため、ファッションなど流行に関心が高く、楽観的である。「6つのポケット(両親と祖父母からの資金と愛情を受けることの揶揄)」があり、自分の好きな物を集め、自分がそれらを与えられる特別な存在だということをごく自然に受け入れている
一方で、成長してからは、父母と祖父母の計6人の老後を支えることになるため、経済的な負担の大きさからくる精神的ストレス以外にも、依存心が強く、忍耐力がないなど、人間関係の構築にも問題があると言われ、恋愛や結婚についても問題が指摘されている。



小皇帝から生まれた暴れ子熊

そんな恵まれた環境で育った小皇帝たちが自分らの子供をさらに甘く育てたせいで常識外れの過激なイタズラを平気でしてしまう「暴れ子熊」と揶揄されるモンスターたちを生み出した。
最近ではそんな中国で社会問題化する過激なイタズラをする子供たち“暴れ小熊”について「親がバカ」「迷惑をかける中国人の方は日本に来ないでください」など厳しく批判する声が上がっている。
そんな暴れ子熊の動画がテレビで紹介された。その内容は駐車されていた高級車「ポルシェ」の上で飛び跳ねる、自動販売機を破壊して商品を盗む。高層マンションの屋上からコンクリートブロックを投げ落としバイクを破壊するなどイタズラの範疇を超えたものだった。
2018年12月12日放送のかりそめ天国では、有吉さんが「遅刻するけど、見なきゃ」というほど興味を惹かれた。と大興奮で暴れ子熊を紹介していた。
番組で紹介された動画を見てマツコさんが「鎖国よ鎖国~」と叫んでたのが面白かったです。

暴れ子熊たちの動画を紹介

ポルシェで遊び狂う暴れ子熊

エスカレーターで遊ぶ暴れ子熊




自販機をこじ開ける暴れ子熊

マンションからものを投げる暴れ子熊




他のおすすめ記事

★2018年!ボディビルディングの掛け声★


★月曜から夜更かしのフェフ姉さん★

★ホンマでっかTVのベストバイ商品★