だいぶ遅くなりましたがiphone6からiphoneXRに機種変更した使用感についてレビューしたいと思います。
長々とiphone6を使用してきましたが、要領が16GBと少なすぎて機種変更をしようと思いましてiphoneXRに機種変更しました。



iphone6からXRに変更した使用感

iphone6とiphoneXRでどちらが使いやすいかというと正直iphone6の方が使いやすいです。
正直、容量と電池持ちの問題が無ければiphone6でも十分現役でやっていけると思っています。

iphone6とiphoneXRの違い

iphone6とiphoneXRでは大きな違いもあります。
最も大きいものはiphoneXRなら最新のサービスなら何でも基本的に対応できますが、iphone6だと対応でいないものがあります。
最もメジャーなものとしてはモバイルスイカです。
ポイントカードのバーコード読み込み系ならiphone6でも対応可能なのですが、モバイルスイカのようなデータ読み込み系のものはiphone6自体に機能がないので使えません。
さらにまれにiphone6のバージョンはサービス対象から除外しているものもあるのでそういったサービスが使えないことがあります

iphoneXRとiphone6の性能

iphoneXRとiphone6の違いとして一番大きなものはカメラ性能です。
購入して自分を撮ってみるとわかるのですが、自分が数倍美人、イケメンにとれます。
また暗いところにも強いとうたっているだけあって暗所でもかなり強いです。
さらに若干ぼけた写真も撮れますし、編集でボケ味も変えることができます。
デフォルトの機能で撮影後の画像の色味や明るさも調整できますしボケ具合も調整できる。iphone6から比べるとこの性能はかなり向上しています。カメラの仕事をしている私が言うのだから間違いないです。
あとは電池持ちぐらいでしょうか。私はそんなに携帯電話を使う方ではないのですが、2日に1回の充電で十分に足ります。あと、今まで使っていて携帯が熱くなったことがないので、基本的な性能も上がっているのだと思います。

iphone6と比べてiphoneXRのデメリット

実は新しくなったiphoneXRにもデメリットは数点感じています。

サイズと重さ

iphone6から買い替えるときは液晶も大きくなっていいかなぁっと思ったのですが、iphone6からiphoneXRへの液晶サイズの変更はそこまでメリットになりませんでした。むしろまだ、iphoneXRのサイズに対応したデザインをしていないことから少し表示が見ずらくなることもあります。
さらに、私は普段スマホをズボンのポケットに入れているのですが、座ったときとかにスマホが大きくてポケットが小さいと落ちそうで心配になります。液晶が大きくなっただけでなく暑いも増しているのでタイトなパンツを履くときは少し邪魔に感じますし、ずっと使っていると意外に重くなったことが手に負担をかけます。

指紋認証から顔認証

指紋認証ができなくなり顔認証にロックが変更したのですが、私は指紋認証の方がよかったと感じています。
顔認証のデメリットは2つあり、1つは満員電車などでは顔認証がされにくい点です。
しっかりと顔をスマホに読み取らせないといけないので動きが制限される満員電車ではロックが解除しにくいですし、わざわざ顔の前までスマホを持ちあげるのが面倒です。
そして顔認証の一番のデメリットは暗いところや寝ていると認証してくれないことです。
私は、夜寝る前に部屋を暗くしてからも携帯を触ることが多くあるのですが、部屋が暗いとやはりスマホは顔を認識してくれません。なので寝る前のロック解除は必ずパスコードを打ち込まないといけないので面倒です。
指紋認証の場合はどんな状況、どんな体制でもロック解除ができたので、私は指紋認証と顔認証では指紋認証の方に便利さの軍配が上がると思っています。

iphoneXRを1か月以上使用したレビュー

スマホゲームなどで使い勝手がよくなる

スマホの容量が増えてさらにパケット制限も20GBまでアップして、アプリを好き放題ダウンロードできるようになったので気になったゲームを片っ端からダウンロードして試してみたのですが、ゲームによっては操作性がかなり向上して扱いやすさを実感しています。
スマホゲームでよく遊ぶ人にはiphoneXRはおすすめできます。さらに資料なども見やすくなるので画面が大きくなったことによってのメリットはちゃんとあります。
逆にiphoneXRになれてからiphone6を使用すると画面が小さくて操作がしずらく感じます。

バッテリーの持ちはかなりアップ

年末に実家に帰ったときにスマホの充電器を忘れてしまった。
充電も半分くらいの状態から新幹線に乗っているときに携帯漫画を読んでいたせいで実家に着いたときはバッテリーが20%になるかならないかの状態でしたが、そこから2日間あまり携帯を使わなかったら意外に持ちました。
Uターンするときにバッテリーが無いと困るのでUSBからとるプラグを買って充電したところ残量は8%と結構と残っていました。
普段使いでは私の場合2日に1回の充電で済みます。通勤時間で漫画やゲームやネットで調べものするくらいならそのぐらいのバッテリー容量はあります。

大きさ重さは気にならなくなる

スマホ自体の重さや大きさはデメリットのように感じたが慣れてしまえば問題なくなります。
男性でタイトなパンツを履く人は少し邪魔になるのですが、バックに入れて持ち歩けば特に問題ないです。

iphone6からiphoneXRの機種変更は成功か?

iphone6からiphoneXRに変更した理由は容量とiphone6では使えない機能を使うためだったので、その部分では私の要望通りになってくれています。
電池持ちがよくなって便利ですし、要領も増えて写真や動画撮影、アプリのダウンロードを気にせず行えるようになったのはとてもメリットに感じています。
アプリやネットの通信や処理に関しては使用感としてはそんなに変わらないです。
そもそもiphone6のときでも不満はなかったですし、iphoneXRにしても新宿駅のような人の多いところでは通信が遅くなります。
しかし、サイズ感や指紋認証のところでは少し不満は残るところ。すでにiphoneXRに慣れてしまったのでそんなにも気にならないのでいいのですが、ここは改善できるとより良いです。

今回の機種変更の結論

このことを踏まえて結論ですが、機種変更はしてよかったと思います。しかし最善ではなかったかなとも思います。
何故なら現状の私の使い方だと最善の機種変更の手段は
「iphone8」
だと思っているからです。

現状でiphone8が一番おすすめな理由

iphone8は1世代前の機種なので今だ最前線の機種と言っても過言ではありません。
iphoneXRと同様に使えない新しいサービスはほとんどありません。
しかし1世代前ということで在庫処理で値段的に安くなっていることが多いです。
使用感も通常サイズなので重くもなく大きさもちょうどいい。多くのサイトはネットの表示をこのiphone8を基準にしているので表示崩れが起きにくい。
更に使いやすい指紋認証が付いている。
そして「3Dtouch」が付いている。この3Dtouchはiphone6にもiphoneXRにもない機能なので、実際に使用したことがないのですが、LINEのメッセージを既読をつけずに見れるのは結構便利かなと思っています。
以上が私が今、iphone8が最善の機種変更だと思う理由です。
サイズ感や3Dtouchのことを考えるとiphoneXSが条件をクリアしているので、値段が上がりますがカメラ性能を気にする人はiphoneXSを選んだ方がいいかもしれません。

docomoユーザーならiphoneXRに機種変更しても損はない?

ショップ店員も教えてくれない機種変更マル秘情報?

これはドコモユーザーが使える裏技なのですが、実は1世代前の機種を10万円引きで購入することができるのです。
そんな馬鹿な!と思う人もいると思いますが、条件さえ満たせば可能です。もちろん合法で、お金も実質0円ぐらいでできます。

マル秘情報の秘密はdカードゴールド

1世代前の機種を10万円引きで購入するためにはdカードゴールドが必要です。
dカードゴールドは年会費が1万円(税抜き)が掛かりますが、ドコモの通信料やネット代金に対して10%のポイントが付くので自宅のインターネットもドコモにまとめればポイントだけで実質0円よりお得になります。
そしてこのdカードゴールドには「携帯保証」が付きます。

携帯保証とは

この携帯保証とは携帯電話が盗まれた時、水没して起動できなくなった時などお手持ちの携帯電話が使用不可になってしまったときに最大10万円まで補償してくれるというサービスです。
今回ピックアップしているiphoneXRは機種価格が10万円以上するので、もしお手持ちのiphoneXRをなくしたり盗まれたりしたら10万円まではdocomoが保証してくれて、あとは差分さえ払えば同機種の新品をもらえるわけです。

何故1世代前の機種が実質10万円引きなのか?

では何故1世代前の機種が実質10万円引きなのか?と疑問に思う人もいると思います。それは今から2年後の携帯電話のラインナップとショップ在庫を考えてみるとわかると思います。
ここに関しては下記の記事に詳細を書いているのでよかったら読んでいってください。


※下段赤文字あたり

携帯電話が使用不可にならないと補償してもらえないのか?

ここも結構緩いです。なぜなら、携帯電話が盗まれた時や失くした時の状況を考えてみてください。
自分の携帯電話はどこにありますか?
答えは自分の知らない何処かです。要は手元に何もないのです。
こちらに関しても下記の記事に詳細を書いているのでよかったら読んでいってください。


※下段赤文字あたり

iphone6からiphoneXRへの機種変更のまとめ

iphone8が最善だと思っていてもiphoneXRへ機種変更も悪くないと思っています。
そして、私がiphone8ではなくiphoneXRに機種変更した理由の1つにヒカキンさんの動画を見ていて、ヒカキンさんが
「これからはiphoneXシリーズのような全てが液晶のスマホにシフトチェンジしていくかもしれません」
※全く同じ言葉ではありません。ニュアンスだけ感じ取ってください。
とおっしゃっていたので、確かにそうだなぁって思ったからです。
今後iphoneXシリーズの液晶を基準にwebサイトやアプリがどんどん作られてくると、今度はiphone8よりiphoneXRにした方がよかったと思う時期がくると思っています。

かなり楽になったデータ移行と初期設定

最後に今回の機種変更ですごく驚いたのでデータ移行についてだけ書いて終わろうと思います。
今回私はキャリアを変えず、さらに旧iphoneから新iphoneに機種変更をしたわけですが、この時のデータ移行や初期設定は今までで一番楽でした。
いつもは機種変更をすると半日~1日かけていろいろと設定をしていたのですが、今回は1月1~2時間で終わって、その1~2時間もほとんどはデータ移行をしていたり調べ事をしていた時間でした。
もともとiphone6の時に容量が少なくて不要なものはすぐに削除していたのですが、iphoneからiphoneへのデータ移行はappleIDでほとんど管理されているので、データさえ移行してしまえば直ぐに使えます。
初期設定もチュートリアルに従って進めていけば30分かかるかかからないかで終わります。
このことは本当に便利になったなぁと実感したので最後に書かせていただきました。
皆さんの機種変更の参考になれば幸いです。