中南米にはたくさん登れる山はありますが、今回紹介するロライマ山は日本からツアーを組んでくる人もいる人気の山です。
人気の理由は日本ではあまり見ることのできないテーブルマウンテンやそこに生きる動植物。
ネットでもベヒーモスが出てきそう…などと言われるように、凄く神秘的な景色が見られる絶景スポットです。




イッテQでイモトも登ったロライマ山に行った体験談

ロライマ山の概要

ロライマ山
ロライマ山は、ベネズエラ、ガイアナ、ブラジルの3つの国の国境に位置する山。標高は約2,810m、山頂が平らになっているテーブルマウンテンです。麓には標高1,000m前後の広大なギアナ高地が広がっており、上空から見ると山頂部が雲海を突き抜けどっしりと構えている様子が巨大な空母が宙を浮いているようにも見え、「陸の軍艦」とも称されまた、ネット上ではFF(ファイナルファンタジー)の世界みたいとかベヒーモスがでてきそうとかで人気です。
大陸プレートが移動する際に火山活動や地震などの影響を受けず、陸地とも分断されているので太古の地球の姿をそのまま残しています。特に跳ねないカエルとかが有名です。
プリプリという蚊みたいな虫がいるのですが、刺されるととても痒いです。

★ロライマ山のベストシーズン★

ベストシーズンは乾期で1月と8月。旅行雑誌やツアーサイトでは乾期は12月~4月と紹介されていることが多いがその情報は古くいまは気候が変わって1月と8月が乾期になっているのだそう。現地ガイドが言っていました。
実際私は2月~3月くらいに行ったのですが1日おきに雨が降っていました。

ロライマ山の工程

ロライマ山トレッキングの工程は5泊6日で起点となる街はサンタヘレナという街で比較的治安は悪くないですが、ベネズエラの首都カラカスは南米でも1位2位を争う治安の悪い国なので、もしカラカスの街に入る場合は十分に注意しましょう。もしカラカスの街に降りたくない人はカラカスから国内便でプエルトオルガスという街に飛んでそこからバスでサンタヘレナへ向かうことができるので、カラカスの街でバスターミナルに行ったりするより安全です。
プエルトオルガスからサンタヘレナまでは約10時間です。
工程は基本的に平地をひたすら歩きロライマさんに登るときだけ2時間くらい登ります。

ロライマ山トレッキング1日目

ロライマ山
サンタヘレナから国立公園まで車で移動。
そこから1日目のキャンプ地までひたすら平地を歩きます。
昼くらいから歩き始めて夕方には着きます。

ロライマ山トレッキング2日目

ロライマ山
朝から歩き始めてロライマ山の麓まで歩きます。2日目もひたすら平地で夕方前にはキャンプ地に着きます。
2日目も難所とかはないのですが川を2か所ほど渡ります。

ロライマ山トレッキング3日目

ロライマ山
ついにロライマ山に登ります。
2日目のキャンプ地を出発してすぐに山登りになるのですが、2時間くらいでロライマ山のテーブル状の部分にたどり着きます。ホテルという名の岩場で野宿です。
この3日目と翌日の4日目がロライマ山の醍醐味なので、ここだ晴れるかどうかが大事です。

ロライマ山トレッキング4日目

ロライマ山
ロライマ山をガイドと一緒に歩きます。一人で歩くと意外にも溝とかがあるので危なそうです。ロライマ山の上には水晶があったり、地上では見られない植物や生き物が見られて楽しいです。
ロライマ山
さらに山の端に行けばギアナ高地が見通せたり隣のテーブルマウンテンが見えてすごく幻想的です。晴れることも重要なのですが、やはり雲が大事で山頂より下に雲があると天空感がでてより良いです。

ロライマ山トレッキング5~6日目

ロライマ山を下山してスタート地点まで戻ります。ただ戻るだけなので割愛あいますが、5日目は1日目のキャンプ地まで。6日目にスタート地点まで戻ると車が待っているのでそれに乗ってサンタヘレナまで帰ります。

ロライマ山を登った感想

私が行ったときはロライマ山の上では雨が降ったりやんだりでスカッと晴れなかったのですが、時折雲が切れてギアナ高地が見えたりロライマ山の山肌が見えたりしてとてもよかったです。
工程の半分以上は平地を歩くだけなので自転車や車で行けたら工程が少なくなっていいのになぁと思うのですが、自然保護や大人の事情があるのでしょう。
ベネズエラの首都のカラカスの評判が悪すぎて敬遠したり、ベネズエラとコロンビアの国境が南米一か世界一評判の悪い国境なので、そういったのが無ければもっと楽に行けるのにと少し残念に思います。
余談ですが、ベネズエラは闇両替をしないとものすごく物価の高い国になってしまいます。なのでUSドル、ユーロ、ブラジルレアルのどれかを現金で高額もっていかないといけないので注意しましょう