アフリカ旅行の名所の一つにアフリカ最高峰のキリマンジャロ登山があります。
大陸最高峰の山ですが、危険な難所はなく誰にでも登れる山なので登山好きにはおすすめです。
キリマンジャロ登山の難敵は高山病と天候で、その2つさえクリアできれば登頂率はかなり上がると思います。




アフリカ最高峰キリマンジャロのマラングルートを詳しく紹介)

アフリカ最高峰キリマンジャロの概要

キリマンジャロ
キリマンジャロはアフリカ大陸の最高峰と有名ですが、拠点となるのはタンザニアのモシという街。
ルートはいろいろあるのですが、マラングルート(5泊6日)とマチャメルート(6泊7日)が有名。
キリマンジャロの標高は5,895mですが危険個所はなく登頂のためには天候と高山病さえクリアすれば比較的難しくありません。
シーズンは赤道直下なのであまり季節によって変化なく一年中登れるようですが、気候が最も安定するベストシーズンは7月~10月・12月下旬~3月とのことです。
キリマンジャロ登山の費用は高額で現地ツアーを組んでも10万円以上(チップ含む)は確実です。というのも入山料が異様に高いのです。
年々値上げをしてるキリマンジャロの入山料ですが、2018年ではUS$830との噂もあります。

★3つの山頂★

キリマンジャロには3つの山頂とされているポインがあり、1つがギルマンズポイント(5681m)。
ここまで登るとキリマンジャロ登頂ということになる。がもっと標高の高い地点があります。
富士山で例えるとギルマンズポイントは富士吉田口から登った時の10合目みたいなものです。
2つめのピークがステラポイント
そして、真の山頂のウルフピーク(5895m)になります。

キリマンジャロの工程

スケジュール
キリマンジャロの工程ですが私はマラングルートをつかったのでマラングルートで説明しますが、基本的になだらかな道を歩くだけなので、大きくは変わりません。
変わるところと言えば、宿泊がロッジかテントかです。
マラングルートは全てロッジ泊になりますが、マチャメルートはテント泊が主になります。5泊6日のマラングルートと6泊7日のマチャメルートですが、頂上アタックの前にはキボハット(4700m)で合流します。
なので一番大変なところは同じ登山道を使用します。

リマンジャロ マラングルート1日目

キリマンジャロ1日目
マンダラハットというロッジまで歩きます。
モシの街から車でキリマンジャロの登山口まで行き、そこで手続きをして(←ガイドがしてくれる)登山を始めます。
昼過ぎくらいに出発して夕方委は着きます。
登山道は整備されていて植物も生い茂っているので日本の低い山の登山と同じ感じです

リマンジャロ マラングルート2日目

キリマンジャロ2日目
ホロンボハットまで歩きます。
ここまでもなだらかな登りで植物が結構ありますが、途中から植物はだいぶ小さくなり、自分と同じくらいの高さになります。
朝にマンダラハットを出発して昼過ぎにはボロンボハットに着きます。
ここまではそんなにつらくありません。

リマンジャロ マラングルート3日目

キリマンジャロ4日目
ホロンボハットで高度順応のためにステイします。
4000m付近のゼブラロックまで歩いて戻ってきます。
あとは自由時間です。

リマンジャロ マラングルート4日目

キリマンジャロ3日目
キボハットまで歩くのですが、4日目の途中から森林限界も超えて植物はほとんどなくなります。
そして途中からついにキリマンジャロが目視できるようになります。
標高が4000mを超えるのでだいぶ酸素の薄さは感じるようになります。
キボハットまでの道のりはなだらかで夕方前には到着します。
そこから早めの夕食を取って仮眠します。

リマンジャロ マラングルート5日目

この5日目が頂上サミットの日になります。
0時くらいから登り始めて6時くらいにはギルマンズポイント(5681m)に到着します。まだ周りは真っ暗なのです。
ここまで登ると登頂ということになるのですが、真の頂上のウルフピークまでまだ200mほどあります。

実は私はギルマンズポイントまでしか行っていないのですよ、時間的にはウルフピークまで行けそうな時間についたのですが、どうもガイドがその先に進みたがらなかったのです。
で、ウルフピークまで行こうと私が言ったので進み始めたのですが、ガイドが渋った理由がすぐわかりました。
もともと風と雪が強かったのですが、ギルマンズポイントから先に進むと今度はカルデラの内側からの風が来るようになります。
その風が台風のような風でさらに雪も降っていたのでブリザードのようになってしまい、サングラスをしないと目も開けれないような状況でした。
で、前も見えないのに進むのは辛いので心が折れてあっさり下山を決意しました。
キリマンジャロは難所もないので標高さえ考えれば基本的には誰でも登れます。雪も降ったり降らなかったりなのでアイゼンもいりません。

下山後、キボハットで荷造りをして2、3日目のホロンボハットまで降りてきます。
ここでガイドがチップの交渉を始めてきます。相場は150USドル前後です。

リマンジャロ マラングルート6日目

下山したモシの街まで戻ってきます

キリマンジャロに登ってみた感想

マラングルートは景色が楽しめない、マチャメルートは景色が楽しめると有名でしたが、確かにマラングルートは道中あまりいい景色ではなかったです。
辛いのは5日目の頂上アタックの時だけで、基本的に難所もないので酸素の薄さと寒さとの戦いになります。
もし他の山で5000m以上まで高度順応ができていたら比較的簡単に登れると思います。
大陸最高峰に比較的簡単に登れるので登山い興味がある人にはおすすめです。

キリマンジャロ以外にも登れるアフリカの山

アフリカで登山といったらキリマンジャロですが、そのほかにもケニア山といった5000m峰にも登ることができます。
また、そのほかにもトレッキングレベルになりますが、エジプトのシナイ山や南アフリカのテーブルマウンテン、ライオンズヘッドにも手軽に登れるのでアフリカに行った人は登ってみてはいかがでしょうか?
実際にアフリカで私が登った山に感してはアフリカ縦断旅行中に登った山を紹介の記事で紹介していますので、アフリカに行く予定の人は一度読んでいってください。