★重要★トレッキングシーズン
本当に重要なので一番最初に書いておきますが、必ずトレッキング目的でネパールに行く場合はトレッキングシーズンに標準を合わせてください。
さもないと必ず雨も降るし、トレッキング客もいなくなってしまうので少し危険になります。ガイドはオフシーズンでもしてくれるのかは不明。
肝心のトレッキングシーズンですが3月~4月です。4月の後半に入るとモンスーン期やプレモンスーン期に入ってしまう恐れがあるのでなるべく日本のゴールデンウィークより前に全工程が終わるようにスケジュールを組むようにしましょう。

ネパールはヒマラヤ山脈を持っているので登山・トレッキングが有名です。
なだらかな道を歩いていくトレッキングもあれば険しい山の山頂を狙うピークハントまで種類はいろいろです。
一般的にネパールでは6000mより上に行くものは登山。それ以下はトレッキング。と分けているという話を聞いたことがあります。
今回は私が実際に行った。エベレスト街道とアンナプルナのトレッキングを紹介していきます。

エベレスト街道のトレッキング

エベレスト街道のトレッキングはカラパタールを目指すものとゴーキョピークを目指すものの2種類がメインになります。
その他にエベレストビューホテルまで行って帰ってくるといったお手軽なものもありますが、そこからだとまだまだエベレストは遠いのでなるべくならエベレストが身近で見れるたり、エベレストベースキャンプにも行けるカラパタールへのトレッキングをおすすめします。
私はカラパタールへのトレッキングにしましたので、今回はそれについて詳しく紹介していきます。

エベレスト街道の工程

エベレスト街道のトレッキングに拠点はカトマンズになります。そこから2つの選択があり、1つはバスによる移動、、もう1つは飛行機による移動です。
飛行機もバスもトータル的には同じような費用になるので、ほとんどが飛行機を使います。なので飛行機を使った場合で話を進めていきますが、
カトマンズからルクラという街に飛行機で飛びます。
私は現地ポーターのみを雇ったのですが、小さな空港を降りた時点でその現地ポーターと出会います。特に目印はないですが、飛行機に乗っている日本人が私一人だったので向こうからすぐに見つけてくれます。
1日目
エベレスト街道
ルクラについてポーターガイドと出会い彼が指定するレストラン(安い)で食事をしているうちにいろいろと手続きをしてくれて昼前くらいにはルクラの街をでてパクティンという街に行きます。
頑張れば次の街のナムチェまで行けるのですが、ネパールの規則で決まってるせいかパクディンで宿泊する必要があります。

2日目
エベレスト街道
パクディンからナムチェに移動します。ナムチェは比較的大きな町で登山用品もカトマンズと同じか少し高いくらいで購入できますし。まだ温水シャワーもでます。
標高は富士山の山頂くらいの高さで、3日目もここで高度順応をします。

3日目
エベレスト街道
ナムチェから近くにあるエベレスビューホテルに高度順応のために登りますがすぐに降りてきます。
時間を持て余すので登山用品やお土産を見て回ると楽しめますし、少し高所での運動になっていいかと思います。

4日目
エベレスト街道
タンボチェに向かって進みますが工程は4時間前後で比較的楽です。
エベレスト街道全てそうですが、急な登りはなくなだらかな登りを進んでいきます。
タンボチェはぎりぎり4000mにいかないくらいのところで大きな寺院があります。時間を持て余すのでその寺院によったり、少し登れる丘があるのでそこに登るのもおすすめです、

5日目
エベレスト街道
4000m以上まで標高をあげ、ここら辺から水の単価が高騰しますが高山病対策にはみずをケチらないようにしましょう。
ここで2択が実はあります。1つはディンボチェに行くルート。もう一つはペリチェに行きます。
ここで高度順応のために2泊します。

6日目
そこで高度順応のためにゆっくり休暇をとります。

7日目
エベレスト街道
ロブチェに行きます。このロブチェにいくルートから森林限界も超えて景色がすごくよくなります。それと同時に空気の酸素濃度も低くなりますので、よりゆっくりと体に負担をかけずに進むことが重要になってきます。
景色もいいので景色を眺めらがらゆっくり歩き、たまには写真を撮るために足を止めながらロブチェを目指すといいかと思います。

8日目
エベレスト街道
最終地点のゴラクシップまで移動しますが、昼過ぎくらいにはゴラクシップには到着してしまいます。そこで宿の手配をして昼食をとっても、まだ時間があるので体力がある人はエベレストベースキャンプを見に行って帰ってきます、片道1.5時間で平坦な道です。往復で3時間以上かかるので天候や体力を考えて行動しましょう。
ベースキャンプに行くことは私はすごくおすすめしていて、エベレスト登山の拠点のベースキャンプがどんなところかとか、一番最初の難関のアイスフォールがどんなところなのかが見れるので登山好きには必ず一度はいっておきたい場所です。
エベレスト街道

9日目
エベレスト街道
本番で朝の4時~5時くらいから出発してカラパタールという丘に登ります。ゴラクシップから片道2時間ほどで結構な岩場と標高のせいでなかなかスムーズには登れません。
がしかし、ちゃんと登頂すると凄く近い距離でエベレストがしっかりと見れます。よく写真でいるエベレストの写真はここから撮られたものが多いです
カラパタールから戻ってきたら、荷造りをしてその日のうちにペリチェまで降ります。

10日目
エベレスト街道
一気にナムチェまで降りてきます。この時点でホットシャワーに浴びれるし、酸素濃度も高くなる。食べ物やモノも多くなるのでほっとします。

11日目
エベレスト街道
ルクラまで移動して翌日のフライトに備えますが、その飛行機が飛ぶかどうかは運次第です。
ちょっと風が強いだけで空港が閉鎖してしまうので、航空券の再発行のため他の登山客と激しいバトルをしないといけません。
余談ですが、ここで飛行機が飛ばなかった場合の宿泊代と食事代は上限があるものの海外旅行保険(クレジットカード含む)に入っていると後から戻ってくるので、その保証のある保険に入って送くとお得です、

★海外旅行保険の詳細記事★

エベレスト街道のおすすめや注意点

エベレスト街道のスタート地点はルクラという街になりますが、ルクラまで行く方法は飛行機で行くかバスと歩きでいくかの2通りあります。値段的には結果的に同じになってしまうので飛行機を使う方をおすすめします。
ルクラの空港は世界一危険な空港ともいわれていますが、不思議とあまり事故は起きないので安心してください。しかし10~20人乗りの小さなプロペラ機で行くので少々怖いです。
費用を安く済ませようとすると。カトマンズのツアー会社にトレッキングのパーミッションと飛行機の手配だけをしてもらって後は自分一人で行く方法が一番安いと思います。
トレッキングのルートには多くのトレッキング客やポーターがいるのでそんなに迷くことはありません。1か所カラパタールへ行く道とゴーキョピークへ行く道で大きな分岐点がありますが、そこだけ注意すれば大丈夫です。
あとところどころパーミッションのチェックのための関所があるので素通りしてしまわないように気を付けましょう。
ポーターはルクラについてからでも個人的に雇うことができます。一人で行く場合はポーターガイドとして1人雇うのもいいかと思います。

アンナプルナのトレッキング

アンアプルナベースキャンプ
アンナプルナへのトレッキングはポカラという街が拠点となります。
なのでネパールに飛行機で入るときはカトマンズに入ることがほとんどなのですが、そこから飛行機を乗り継いてポカラに移動するか、またはバスで移動するかになります。バスで移動するときに所要時間は8時間ほどですが、1つ注意点があります。それはなるべく日中のバスを利用することです。
ネパールの道は山岳地帯を通ることが多く険しいです。なので他の国と比べてバスの事故が多いです。そして深夜バスだと見通しが悪いのでさらに事故にある確率があがるのです。
ネパールを朝に出発すれば夕方にはポカラに着けますし、ポカラはすごく旅人にも評判のいい街で治安もいいので多少遅い時間になってもあまり心配はいりません。
アンナプルナのトレッキングも数種類ありアンナプルナ連峰の周りを1か月くらいまわるものや、ベースキャンプを目指すもの、プーンヒルという見通しのいい丘を目指すもの等が有名です。

アンナプルナトレッキングの準備

アンナプルナへのトレッキングはポカラのツアー会社で手配をしてもらいます。
ツアー内容はいろいろありますが、私が行ったのはアンナプルナのベースキャンプへ行くもの、そして帰りにプーンヒルの方まで足を延ばして帰ってきました。
アンナプルナへ行く前にエベレスト街道のトレッキングに参加してトレッキングの概要は把握していたので、今回はトレッキングのパーミッションと登山口までの送迎のみを手配してもらって、あとは全て自分一人で行いました。
もし登山用品を持っていない人はポカラに登山用品の偽物だけどクオリティの高いものがお求めやすい値段で売られているのでそこで用意してもいいかと思います。
1点注意しないといけないのは、そこでちゃんと価格交渉をすることです。

装備と服装

装備と服装は普通の動きやすい服装で大丈夫です。標高が高くなるので防寒対策はしっかりした方がいいです。

★ネパールの登山用品と価格交渉の関連記事★


アンナプルナの工程

★アンナプルナベースキャンプ(4130m)★

アンナプルナのトレッキングは人やツアーによって全然工程が変わります。
そして私のようにガイドも雇わず一人で行ってたので普段トレッカーが泊まらない街に宿泊したりしています。
★1日目★
アンナプルナトレッキング
ポカラを出発して登山道へ向かいます。私は車で送迎してもらったのですが、ここが登山道の入り口?ってところからスタートしました。
そして、山間の民家を通ると登山道っぽいところにでて、ようやくトレッキングが開始された感がでてきました。
1日目はニューロッジで宿泊しました。まず、ここがみんなと違うと思う。
時間的に次の街まで行けたのですが雷が鳴り始めたのでここでステイって感じになりました。

★2日目★
2日目は大きな街チョモロンを通過してバンブーまで行きます。
特に普通のトレッキングの道です。

★3日目★
アンナプルナトレッキング
3日目はデウラリまで歩いたのですが、意外にもこのあたりに来ても植物は結構ありました。

★4日目★
アンナプルナトレッキング
アンナプルナベースキャンプまで行きます。
デラウリを朝に出発して昼12時くらいにはマチャプレベースキャンプに着きます。がここで雨と雷がなります。
この雨と雷は毎日15時くらいからは必ずあったのですが、この日は早めに雲が来てしまいしまいました。
がしかし1時間くらいでおさまって、次の雲が来るまでに1時間は毎日かかっていました。
なので…雷がおさまるのをマチャプレベースキャンプで待って、雷が収まったと同時にアンナプルナベースキャンプへ移動しようと強行突破をしました。
今思うと危ないのでやめた方がよかったです。
マチャプレベースキャンプからアンナプルナベースキャンプまでは標準で1時間半くらい。
早歩きなら1時間と少しで行けるはずとふんだんですね。
結果的にアンナプルナベースキャンプまでは1時間15分くらいで着いたのですが、手前200mくらいから雷が鳴りだしてきて最後は怖かったのでダッシュでロッジまで走りました。
マチャプレベースキャンプあたりから周りに植物はなくなり、アンナプルナベースキャンプへ行く道は開けた土地に石しかありません。なので雷が自分に落ちる確率が高いので無理はしないようにしましょう。
結局この後アンナプルナベースキャンプでは夜中じゅう雷と吹雪がつづいていました。

★5日目★
アンナプルナトレッキング
5日目の朝は快晴で昨晩の吹雪で雪がかなりつもり昨日とは全然違った景色になっていました。
ロッジから少し歩くとアンナプルナ連峰が見渡せるところに着くのでそこで日の出を待ちます。
朝日が当たるとアンナプルナ連峰が赤く色づくのが魅力なんですね。
満足いくまで景色を堪能したら、下山します。
私はこの後プーンヒルの方に向かって途中から方向を変えたのですが、普通に下山すると、5日目を含めて3日くらいでポカラまで戻れると思います。

なので少し駆け足でしたがアンナプルナベースキャンプへのトレッキングは7日間で何とかなります。余裕をもって8日の方がいいかもしれません。

★プーンヒル★

私はアンナプルナベースキャンプから移動してきて正規のルートではないので、今回は正規のルートを紹介します。
余談ですが、私はアンナプルナからプーンヒルに向かう途中1回道を間違えたので注意しましょう。
★1日目★
ポカラからバスに乗ってナヤプルへ行きます。ここがトレッキングの開始地点。
そこからひたすら歩き1日目はウレリに宿泊。
普通のトレッキングの道です。

★2日目★
プーンヒルの麓のゴレパニまで歩きます。
このゴレパニの街はかなり大きく宿泊施設もたくさんあります。売店とかも結構あるのでお菓子とかも買えます。

★3日目★
アンナプルナトレッキング
早朝の暗い時間からプーンヒルを目指して出発します。
だいたい1.5時間くらいで着いて、特に辛い場所はありません。
プーンヒルに着くと周りをヒマラヤ山脈に囲まれた景色を見ることができて圧倒されます。
アンナプルナとダウラギリの2つの8000m峰を眺められるので本当におすすめです。
ここで朝日を見たら下山してロッジに戻り、ポカラへ戻ります。
道中さらに1泊したので4泊5日の工程が一般的です。
アンナプルナトレッキング

アンナプルナのおすすめや注意点

アンナプルナはベースキャンプに行っても4000mを少し超えるくらいなのでそこまで高山病は辛くありません。
そして、そのお手軽感から私のように個人で来ているトレッキング客も結構います。
登山が好きな人はアンナプルナベースキャンプ。ちょっとネパール来てみたとか普段登山はしないけどちょっとヒマラヤ山脈を見てみたいって人はプーンヒルがおすすめです。
私のように2つ行くことも可能ですが、個人的にはどちらか一つの方で十分だと思います。
もし2つ同時にいくなら私とは逆ルートのプーンヒルからアンナプルナベースキャンプのルートにした方がいいかと思います。

工程は街から街に歩いていく感じなので特に問題はないのですが、私の雷問題みたいなこともあるので、悪天候の時に無理はやめましょう。
ガイドがいれば止めてくれるのですが、自分一人だとついつい無理をしていまいます。



ネパールトレッキングのまとめ

ネパールトレッキングはピークハントではないので特に難所もなく進めるので誰でも参加できます。
エベレスト街道になると標高も5000mを超えてきて高山病の症状も出てくると思いますので無理はしないようにしましょう。
高山病対策としてはゆっくり歩くことと水をたくさん飲むことです。
水をたくさん飲むことで血流がよくなり、その分酸素の回りもよくなるとの噂です。
標高も4000mを超える軽い高山病の兆候が出てきますので、そのあたりからは特に注意してゆっくり登るといいかと思います。

★有名海外トレッキング一覧★



★ネパール観光の記事★