平均初婚年齢は年々上昇し、最近は30代の花嫁も増えてきました。
「かわいいドレスを着たいけど、年齢を考えて落ち着いたデザインのものを選んだほうがいいのかな・・・」
と、ウェディングドレス選びで悩む30代花嫁も多いようです。
今回は大人花嫁のウェディングドレスの選び方について紹介していきます。



大人な女性におすすめの上品なレンタルウェディングドレス

自分の身体の良さを引き出すドレスを選ぶ

30代の花嫁がウェディングドレス探しを始める前に、まずしてほしいことが

  • 自分のチャームポイント
  • 自分の身体のサイズ

をしっかり把握することです。

自分のチャームポイントを知ること

ドレスを選ぶ際はどうしてもデザインが好みかどうかで選びがち。
しかし、ドレスの見た目が良くても花嫁が着こなせていなければ、ゲストは「似合っていない」という印象を受けてしまいます。
自分の魅力が引き立つかどうかもドレス選びでは大切なポイントです。
そのために自分のチャームポイントはしっかり把握しておきましょう。

自分の身体のサイズを知ること

また、ウェディングドレスを美しく着こなすためには「自分の身体に合っている」ことがとても重要。
ウェディングドレスをきちんと着こなすことで、立ち姿も歩く姿も美しいものになり、洗練された身のこなしになります。
しかし、最近では憧れのドレスを着るためにダイエットやエステに励む花嫁さんがほとんどです。特に30代の花嫁さんはよりお金と時間をかけて計画的に行う人も多いのではないでしょうか?
なので、今の自分と目標の体系を考えてドレス選びをすることも大事になってきます。
★ブライダルダイエット★

デザインだけでなく質にもこだわる

30代の大人花嫁はドレスのデザインだけでなく、「質」にもこだわって品格をアピールしましょう。
パッと見はシンプルなデザインだけど、贅沢な素材が使われているドレスを着こなせば、大人のこなれ感を演出できます。
おすすめのドレス素材は、王道の「シルク」。
張り感があり、その美しい光沢が花嫁姿を優雅で上品に見せてくれること間違いなしです。
シルクの中でも最高級と言われている「ミカドシルク」でできたドレスを身にまとえば、花嫁の格がぐっと上がるでしょう。
ウェディイングドレス

30代花嫁の「ドレスデザイン」の選び方

では、具体的なドレスデザインの選び方について紹介していきます。
ドレスのシルエットは印象を大きく左右します。
自分の魅力を引き出してくれるドレスのラインを選びましょう。
また、着こなしにメリハリをつけるとこなれ感をアピールできます。
華やかな装飾が施されたデザインなら、ノーネックレスで髪の毛もシンプルにまとめて。
逆にドレス自体の装飾は最低限にして、その分アクセサリーを豪華にするなども素敵です。
では30代花嫁におすすめのドレスシルエットを見ていきましょう。

大人っぽさが出るマーメイドライン

「マーメイドライン」は、ひざ下あたりまで身体にぴったりとフィットし、スカートの裾が人魚のように広がったデザイン。
大人花嫁にぴったりの優雅な女性らしさが最大の魅力です。
30代の上品さがあるからこそスタイリッシュに着こなせるラインです。
ウェディイングドレス

スタイル重視で万能なAライン

「Aライン」は、上半身から裾に向かって斜めに広がっていくシルエットで、アルファベットの「A」のように見えることが名前の由来。
上半身はコンパクトで下半身にボリュームがあるので、どんな体型の花嫁でもすらりと美しく見せてくれます。
シンプルなAラインドレスは流行に左右されず、タイムレスな魅力を放ちます。
★ウェディングドレスの種類を詳しく紹介★

デコルテは出してすっきり見えを狙う

30代に入ると、デコルテや肩を大胆に露出することに抵抗が出てくるかもしれません。
ただ、露出を控えているほうが、逆に年齢を感じさせてしまうこともあります。
さらにデコルテだけでなく、二の腕や背中も生地で覆ってしまうと、女性らしさを出しにくくなってしまいます。
なのでデコルテ、二の腕、背中のいずれか一つは露出することをおすすめします。
デコルテは年齢を重ねても出しやすく、出すことによって女性らしさがグッと上がります。

スリーブデザインはどうする?

上半身に悩みがあまりない人は、スリーブがないものや露出の多いスリーブデザインがおすすめ。
特に「ボートネック」などのネックラインでデコルテを覆うなら、スリーブラインは露出タイプを選びましょう。
「ロングスリーブ」など袖のあるデザインは、腕の露出が少なくなる分、少し大人っぽく見えます。
また、二の腕をすべて覆うことで重たい雰囲気になりがちに・・・。
スリーブで二の腕をカバーするよりも、グローブを長めにして、スリーブは短めのものを選ぶのがおすすめです。
もしくはレース素材でできている長袖を選ぶと良いでしょう。
レースからチラッと見える肌が大人の色気を醸し出し、見た目も軽やかになります。
ウェディングドレス

背中は見せたほうが若々しい印象に

背中はふだん自分で確認することができないので、年齢にかかわらず露出するのに抵抗がありますよね…。
ただ、大人っぽいドレスデザインを選ぶなら、背中は見せて若々しさとのバランスをとるのがおすすめ。
後ろに大きなモチーフの付いたデザインを選べば、ワンポイントになり視線を逸らすことができます。
結婚式場

ウェディングドレスはレンタル?それとも購入?

皆さんご存知でしたでしょうか?ウェディングドレスにかける費用はレンタルも購入も大差がないのだそうです。とある情報機関によれば、ウェディングドレスにかける平均費用はレンタルも購入も20万円を少し超えるくらい。そこに大きな差はなかったようです。
じゃ、ものが残る購入の方がお得なのでは?と思うかもしれませんが、そうではないのです。
なぜレンタルと購入の価格に大差がないのか?レンタルのメリット、購入のメリットをこれから紹介していこうと思います。
ウェディングドレスレンタルならミスサブリナ表参道

ウェディングドレスレンタルのメリット

レンタルのウェディングドレスの一番のメリットは「高くて品質の良いドレスを、リーズナブルに借りることができる」ということではないでしょうか。
新婦さんは結婚式に向けてダイエットとかエステとか数か月前から準備をして、なるべく最高の状態で結婚式に挑むと思います。
そうすると着るドレスももちろん妥協したくないはず。
さらにこんなドレスを着る機会なんて一生に一度しかない人がほとんど。となると自分が惚れ込んだドレスを着たいはずです。
レンタルドレスはそんな欲望を叶えられるメリットがあり、本来、高価なブランドドレスもで着たくても手の届かないドレスを結婚式で予算内で着ることができます。
さらにレンタルなら自分でクリーニングしなくて済みます。そして、ほとんどのレンタルドレスショップはレンタル料金の中にクリーニング代も含まれているので、激しく汚さない限りは追加料金は取られないのでそこもメリットの1つです。
さらに、結婚式のイベントが終わってしまったら確実に着なくなっていまうものなので、購入した場合は保管場所の確保に苦労するのですがレンタルの場合はそれがありません。


ウェディングドレスレンタルのデメリット

人気のデザインはほかの花嫁とかぶってしまい、予約ができない可能性があります。繁忙期はその危険もあります。
また、まれにクリーニング代がレンタル料金に含まれていないこともあるようなので、汚してしまったときにクリーニング代がかかってしまうこともあります。
※クリーニング代に関してはあらかじめチェックしておきましょう。

★関連記事-結婚式の繁忙期-★

ウェディングドレス購入のメリット

ウェディングドレス購入のメリットはものが残ると思いきやそれだけではありません。
1つ目のメリットは完全に自分のものになるのでどんな風に扱ってもいいということです。
レンタルドレスだと汚さないように気づつけないようにと常に気を付けないといけないですが、購入した場合は自分のものになるので汚そうが破れようが自己責任でなんとでもなります。
なので浜辺や海と行った砂や水、塩などがついてしまう劣悪な環境にもっていっても大丈夫です。
こんなところでウェディングフォトが撮りたいって人にはいいかもしれません。
2つ目のメリットはドレスを何回も着る人は購入の方が特になると言われています。
例えば挙式は海外で行い、別日に日本で披露宴をするといったケースはよくあります。他に式は家族だけで行い、披露宴を別日に式場で友人を集めて行う場合もあります。
そういった場合はレンタル料を2回支払うことになりますので購入の方がお得になります。
ウェディングドレスレンタルならミスサブリナ表参道

ウェディングドレス購入のデメリット

まずは値段の問題。
購入とレンタルで値段に開きがあまりないと言っても、全く同じ品質でというわけではないです。やはり同じ品質だと購入の方が高くなってしまいます。
そして一番の問題は保管場所の確保です。
ウェディングドレスもカラードレスも基本的に結婚式以外で着る機会はありません。
なので必然的にクローゼットに眠ることになります。当然かさばるので場所を取ってしまいます。
思い出の品といえばそうですが、使わないものをずっと置いておくのはもったいない気がしますね。
あと、自分の子供に着させてあげたいという人もいるのですが、ウェディングドレスにも流行りがありますし、子供には子供の着たいドレスを着させてあげた方がいいのでは?との意見もあります。

おすすめはレンタルドレス

これまでウェディングドレスのレンタル・購入について紹介してきましたが、私としてはレンタルをおすすめします。
意見はいろいろとありますが、ウェディングドレスをレンタルした人の声を聞いてみると、周りからすごく褒めてもらったとの声が多かったです。
もちろん自分が本当に気に入ったドレスを着れてよかったとの意見もありますが、意外にもそれよりも「会場の人からの評判が良かった」、「参列者からすごく褒めてもらえた」といった声がとても多かったです。
私もカメラマンをしていて、大体ドレスはどれも素敵なのですが、後ろのリボンが可愛いなとか、レースがきれいだなとか、刺繍が絵になるなとか、ドレスに映しどころが多くあると嬉しいです。
また、ホテルだと挙式の前に館内で撮影をすることが多いのですが、広いスペースにドレープをきれいに流した姿は一番の見せ場で、写真にこだわるなら、そこは妥協しない方がいいです。本当に…。
ウェディングドレスレンタルならミスサブリナ表参道
普段プロのカメラマンに撮ってもらうこともあまりないですし、メイクから髪型から衣装から当日はプロの人が付きっ切りで新婦さんの姿をきれいに見せるために働いてくれます。
なので、ドレスも妥協せず自分の気に入ったものを選ぶためにも「品質も種類も豊富な」レンタルドレスの方がおすすめです。
そのほかに、レンタルドレスの場合はアクセサリーなどの小物類もトータルコーディネートで付けてくれるお店が多いです。
手袋やピアス、イアリング、ネックレスと意外に当日に必要な小物は多いので、一緒に選べてしまうのもレンタル店の魅力です。
また海外挙式をする場合も、海外に支店があるお店なら日本で試着をして海外ではそれと同じサイズの同じドレスがあるので、特に輸送などもしなくていいので便利です。
ウェディングドレスレンタルならミスサブリナ表参道

おすすめのウェディングドレスレンタルショップ

ここ最近は「ミスサブリナ表参道」の評判をよく耳にします。
少し前にドラマで女優の波留さんが着ていたドレスが、このショップでレンタルされたものということで評判になったのかもしれません。
テレビで使われるくらいなので、もっと前に話題になった成人式のレンタルショップのようなことになる心配もないでしょう。メディアにも多く掲載されていますし。
サブリナさんは「ウェディングプランナー」「ブライダルプロデュース」から誕生したショップです。
「映画のヒロイン級のドレス姿」美しいシルエットをテーマに大人の花嫁にふさわしい上品なウェディングドレスは、日本女性を美しく輝かせ。お店ではウェディングスペシャリストが直接ご相談を聞いてくれます。
完全予約制で、他のお客さんの接客をしながらこちらでも…といったことはありません。ご家族様や新郎様としっかりと相談をしながらドレス選びをすることができます。

ミスサブリナのドレスが高品質なわけ

サブリナはオリジナルブランドや英国、ヨーロッパをはじめとした上質なデザイナーズドレスを厳選して取り揃えているので、どのドレスも高品質のものばかりです。
また、広告費、システム費を極限までカットしているので、「デザイン」「品質」「価格」に重視したサービスが提供できます。
ウェディングドレスレンタルならミスサブリナ表参道

ミスサブリナの魅力

ミスサブリナの魅力はやはり高品質なドレスがリーズナブルに借りられること。
レンタル費用も平均価格で22万円ほどで、ウェディングドレスのレンタル・購入の相場となっています。ドレスは約50着ほど用意していて、定期的にウェディングフェアなども行っています。
ご利用されるお客様は20代後半~30代が多く、30代のお客様が多く利用されています。
他にも、結婚式場はドレスの持ち込みに契約のあるお店から出ないと許可をださない会場もありますが、サブリナさんは日本全国に道込み可能な式場があるのも魅力です。
お店も表参道から徒歩5分の場所にあり好立地です。この表参道周辺は私も撮影によくいくのですが、結婚式場もドレスショップも多くあり激戦区です。
激戦区なのでサービスや品質が良くないと生き残れません。そんな中、世間から高評価を受けているサブリナさんなので一度、来店してみてはいかがでしょうか?
初回来店特典も用意しているので是非利用してみてください。
お急ぎの花嫁様も最短1ヶ月の対応が可能です。

ミスサブリナに行くときのの注意点

ミスサブリナ表参道は完全予約制となっていますので、余裕をもって予約をしてから来店をお願いいたします。
初回来店&お申し込みでドレス小物6点レンタルをプレゼントのキャンペーンも行っているので下記バナーから是非、詳細をご確認の上ご予約をお願いたします。
★ミスサブリナのブライダルフェア★


ウェディングドレス選びのまとめ

ウェディングドレスにかける平均値段がレンタルも購入もほぼ同じと知ったときは正直驚きました。
しかし、その分レンタルにして品質のいいものを選ぶ人が多いんだなぁとも感じました。
いいドレスだと写真映えもするので、なるべく品質のいいものをカメラマンとしては願う限りです。
★ミスサブリナ表参道の詳細★