結婚式にはいろいろとマナーがあるようです。
有名どころではご祝儀は3万円が普通で割り切れない金額にしないといけない。ご祝儀のお札はピン札を用意する。
女性の衣装で白色はNGなどとありますが、ほかに意外に知らないマナーやなるべく気を付けるべきことを今回は紹介していきます。
新郎新婦だけでなく、ゲストや親御さんも読んでいただければ幸いです。


結婚式のマナーをまとめて紹介

ご祝儀のマナー

★ご祝儀の金額★
友人や知人向けのご祝儀相場は3万円
兄弟や姉妹など親族向けの結婚祝い金額として5万円もしくは10万円
が相場なようです。
たまにお金に余裕がない人の奥の手で1万円と5千円2枚で2万円ということもできるようです。

★受付で渡すとき★
「本日はおめでとうございます」とお祝いの言葉を述べるのがマナーです。さらに「新婦友人の◯◯です」と付け加えると尚良いらしいのですが、必ずそうしないといけないわけでもないです。
これは、マナーというより毎週仕事柄結婚式を見ている私の独断と偏見なのですが、受付が新郎新婦の学生時代の友人などの場合、同級生のゲストがわざわざマナー通りの挨拶をしても固くなりすぎかなぁって思います。みてると「久しぶりー」ぐらいで済ます人が多いです。がここでゲストが会社関係の人ならやはり「本日はおめでとうございます」と挨拶をした方がいいです。
また受付が会社関係の人や、年配の方の場合は「本日はおめでとうございます」や「新婦友人の◯◯です」とまで付け加えて挨拶するといいと思います。

ご祝儀は裸の状態ではなく、袱紗(ふくさ)に包んでもっていくのがマナーです。
受付担当者の前で袱紗を開け、表書きが相手に読める向きにして渡します。
袱紗はたたんでから受付台に置いても、たたんだ袱紗を代わりにして上に祝儀袋を乗せ、受付の人に渡してもどちらでも大丈夫です。

服装のマナー

男性はスーツを着ていけばいいので簡単なのですが女性は少し気を付けないといけないことが多いようです。
★男性編★
一応男性について紹介すると基本的には礼服に白のネクタイが基本ですが、最近では暗めのスーツに派手でないネクタイといった服装が多くなっています。音楽をやってるゲストだと結構奇抜な恰好で来たりしています。
なので派手でないフォーマルなスーツを選べば問題ないです。しかしお堅い結婚式や格式高い(明治神宮とか)場所での式の場合は礼服に白ネクタイの方がいいかもしれません。特に年配の方が多い場合は。

★女性編★
女性は気を付けるポイントがいくつかあります。
有名どころでは、白いドレスはNGで基本中の基本です。これをやってしまうとみんなこのマナーについては知っていますので、心の中で「おいっ」と思われてしまいます。
他にアニマル関係はNG。靴や小物類に動物の毛皮が使われていたり柄が動物柄だと「殺生」をイメージしてしまうのでNGです。
ファーもNGなのですが、冬の寒い時期は結構着てくる人は多いですし、新婦さんの防寒対策としてもよく使われいます。
肌の露出度の高いドレスも基本的には避けた方がいいです。が、お水系のお仕事をされているゲストが多い式だと露出の多いドレスを着てくる人が多いのも現状です。
あと全身黒もNGです。暗い色だとネイビーを選ぶ人が多いです。
つま先が開いている靴、かかとのないミュール、ブーツ もNGです。
足の指や甲が露出しているオープントゥやミュール、サンダルはNGです。基本的にはパンプスが正装とされているので、マナー的にはパンプスを選ぶのが一番無難です。
パンプスでクロコダイルの皮を使ってたり、アニマル柄のものはNGです。

質問の多いバイカラーのドレス

バイカラードレスとは1着で2色に分かれているドレスのこと。
2色に分かれていることから「別れ」を連想してしまい縁起が悪いのではないか?との噂があるのですが、現実問題としてはそこまで気にしなくてもいいようです。
バイカラー問題を知ってから会場内の女性のドレスを注意して見てみるとバイカラーのドレスを着ている人はちらほらいます。
ただ、こういった縁起に新郎新婦やご家族が敏感だといけないので、できれば避けた方がいいかもしれません。
マナー的には完全にNGというわけではないけど、バイカラーはNGとする説も多くでまわっていますし、気分を悪くする人もいることを考えるとグレーな部分になります。

祝辞・スピーチのマナー

祝辞・スピーチは基本的に新郎新婦を褒めることが大事です。
そして、新郎新婦が話されて嫌なエピソードは話さないことがマナーです。
しかし、何もエピソードなく話してもつまらないし、会社の説明だけでも尚つまらない。なので、新郎新婦の株が上がり、さらに会場から笑いがとれたり驚きがとれるようなエピソードを混ぜて話すのがいいかと思います。
時間的には3分~5分くらいが相場ではないでしょうか。5分だとすこし長い気もしますが、特に祝辞は盛り上がるものでもないのでサクサクっと済ませてしまった方がよいかと思います。

この祝辞は普段人前で話しをしない人が話をするケースもあれば、会社の社長のような常に人前で話をしている人が話をするケースもあります。
印象としては会社社長のような人前で話し慣れている人の方が砕けた話をすることが多いです。普段人前で話をしない人は本やネットから話の内容を探してテンプレに沿った内容で話すのでそのような傾向があるのだと思いますが、実際はそこまで固くならなくても大丈夫です。

余興のマナー

基本的に新郎新婦やご家族が不快に思うような暴露話系はNGです。
そのほかに、余興の時間は5分前後に抑えましょう。
理由は2つあり1つは5分以上行うと飽きてしまう人がいる。もう1つは披露宴の時間の問題です。
1つ目の理由に関してはその通りなので省きますが2つ目の披露宴の時間は意外にも短いです。ホテルでの披露宴の場合は比較的ゆとりはあるのですが、結婚式場での披露宴の場合は本当にスケジュールがキツキツです。単純にホテルより披露宴の時間が15分~30分短いのが原因なのですが…。
余興を行うのは基本的に披露宴の再入場から新婦手紙までの間の時間です。この時間はホテルでも30分くらいしかありません。その時間に新郎側と新婦側が10分ずつ時間を使ってしまったら、それだけでほぼ終わってしまいます。
新郎新婦と話したい人などもいますのでなるべく時間は5分に抑えましょう。
★余興の詳細記事はこちら★

大声・ふるまいのマナー

披露宴やお食事会が始まるとお酒も飲んで、ついつい話す音量も上がってきます。
しかし、お酒がを飲んで人に無理に絡んだり、重要な場面(新婦手紙とか)で不用意に大声を出してしまうと迷惑がかかるので自粛しましょう。そのくらい酔うのは2次会からにしましょう。
また、小さなお子さんがいるときはどうしても大きな声を出してしまったり、泣いてしまうことがあります。
なのでお子さんが泣いてしまったりしてどうにもならないときはそっと式場から抜け出すのがマナーとなります。結構重要なのでお子さんを連れて行く方は注意してください。


マナーではないけどなるべく気を付けること

★挙式の席★
マナーではないというか、結婚式はあまり慣れていない人が多いのでいろいろと気を使いすぎる人も多いですが、気を使いすぎるのもいけません。
これは会場側からの目線なのですが、挙式に入ってきたときにどこに座るかで右往左往する人がいます。
基本的に最前列は新郎新婦のご両親や兄弟が座り、予め案内のものが場所を取っているのでそれを避けた前から順番に詰めて座ってください。前に親族後ろに友人知人になりますが、式上への案内が親族→ゲストの順番になっていますので、前から詰めていけば何の問題もないです。よく前どうぞどうぞと譲り合っている姿を見ますが、前の方でそれをされると後ろが詰めて座れなくなるので空いている席にささっと座ってください。

★披露宴中のご両親★
披露宴中にご両親がゲストに挨拶まわりに行きますが、挨拶周りばかり熱心にされているご両親がたまにいます。挨拶をしていてもいいのですが、プログラムに支障がでてきますので、そればかりに熱中しないようにしましょう。
注意すべきポイントとしまして、中座、再入場のような人が動くときです。中座では一緒に中座をする人にご両親を選ぶ人が多いですが、挨拶周りをしていて気が付かない人がたまにいます。あと、人が動くときに席を立たれてしまうと道が塞がれて通れないところができてしまい単純に邪魔になりますので、中座・再入場の時は極力席についてください。
また、中座後には生い立ちDVDを上映することが多いです。この生い立ちDVDはご両親のために作られていう部分もあるので、ちゃんと見てあげてください。
さらに写真や動画のカメラマンはこの生い立ちDVD上映の時は必ずご両親の表情を撮りに行きます。このとき挨拶周りをされて上映を見ていないと、その姿は撮れないので必ず席で見ることにしましょう。

★カメラ好きの人★
結婚式はカメラ好きの人には写真を撮るいい機会ですので、張り切って撮ろうとする人がいますが、少し周りを気にしましょう。
会場にはサービススタッフの他にスナップ、動画のカメラマンがいます。ブライダルカメラマンは勝手に進んでいく進行の中でミスなくいいものを撮影しないといけないのでどのイベントの時にどこで撮るかなどをすごく考えますし、よく移動します。そこで素人カメラマンが張り切ってしまうと、移動ができない、撮りたい場所で撮れないなどという問題が起き、仕方なく絵にならない場所で撮影をしないといけないことが起きてしまいます。
高額な料金を新郎新婦は払って依頼をしているのでいいものを残さないといけないのですが、ゲストの都合でクオリティが下がった場合はこれはどうしようもないことになってしまいます。
自分の都合で新郎新婦のための作品のクオリティを下げないためにも周りには注意して撮影をするようにしましょう。
あと、式場カメラマンはいろんな人の動きをみて邪魔にならないよう、他のカメラに映りこまないようにしていますが、素人カメラマンの人にはそこまで察することは難しいので知らず知らずで邪魔になってしまっていることは大変多いです。特に入場・中座・再入場の人が動くときは座って撮影するようにしましょう。

結婚式の役立ち情報

土日でもピン札を手に入れることが可能

ご祝儀に使用するピン札は平日に銀行で用意しておかないと銀行の閉まってしまう土日では基本的に用意できません。
しかし、実は土日でもピン札を仕入れる方法があります。
1つはATMでピン札が出てくるまで出し入れを繰り返すというアナログな作戦なのですが、
もう1つは土日にもピン札をおろせるATMが存在します。
私が知っているのは渋谷にある「みずほ銀行 渋谷中央支店」土日でもATMが使用できる時間ならピン札がおろせるので困った人は駆け込んではどうでしょうか?

披露宴のビールは一番大きなグラス

披露宴で乾杯前にもビールを配って飲んでていい会場が多くあります。がしかし、ビールってどのグラスにつぐの?って困ってる姿をよく見ますがビールは一番大きなグラスです。
基本的にグラスは4つ並んでると思います。乾杯のシャンパン用、白ワイン用、赤ワイン用、ビール用です。シャンパンは一番細長いグラス。白と赤のワインは少し大きさが違うはずですがあまり私は区別つきません。
シャンパン、ワインは乾杯や料理のタイミングでサービスの人がつぎに来てくれるのでほかっておいても大丈夫です。
じぶんで注ぐ可能性があるのはビールだけなので、ビールは一番大きなグラスとだけ覚えておけば大丈夫です。

結婚式のマナーのまとめ

結婚式となるとマナーがいろいろあるようにも思います。特に若い人だとどうすればいいのか分からない人も多いと思いますが、最近はそんなに堅苦しくない式が多いので不必要に敏感になることはありません。
白いドレスは着ないとかの最低限のマナーを守っておけばあとは自己責任ってことが多いです。
しかし、なるべく悪い印象を与えなためにマナーは少し勉強して、特に一番目に触れる服装には気を付けて結婚式に参加しましょう。