写真家を指す言葉として「カメラマン」のほかに「フォトグラファー」が使用されることもありますが、カメラマンという職種名は厳密には動画を撮影する職種と写真を撮影する職種の両者が含まれるため、このページでは写真の仕事も動画の仕事も紹介していきますのでカメラマンに焦点を当てて紹介していきます。



カメラマンの仕事内容

カメラマンの仕事とは、報道、芸能、広告などの分野において、写真を撮影することです。
カメラマンは単純にシャッターを押すのが仕事ではありません。
撮影しようとする写真が、どこでどのような目的で使われるかを考慮した上で、その技術と知識を駆使して、最適な写真を撮るのがプロのカメラマンです。
そのために、カメラをはじめとする機材の扱い方を覚え、撮影に欠かせない「光」の当て方や、より写真を良く見せるための「構図」など、撮影に関するさまざまな知識と技術を身につける必要があります。
カメラマンは、主に新聞社・出版社・デザイン事務所・広告代理店などに勤務するパターンと、フリーランスで働くパターンの2通りに分けられます。
フリーランスの場合、フリーランスのカメラマンが数人集まって、ひとつの事務所を構える場合もあります。
カメラマンの種類は多様で、雑誌や広告用のモデルやタレント、商品などを撮影する「スタジオ型カメラマン」や、スポーツカメラマンや報道カメラマンを含む「屋外型カメラマン」、自分の創作活動を中心とする「作家型カメラマン」などに分けられます。
また、動物カメラマンや自然カメラマンなど、カメラマンの専門分野でジャンル分けをする場合もあります。

カメラマンのキャリアパス

カメラマンは、写真事務所や会社に勤務している人とフリーランスで活動する人に分かれます。
フリーランスで働く人も、いきなりプロのカメラマンとして独立して活動することは少なく、高名なカメラマンの事務所などでカメラアシスタントとして技術を身につけ、実績を積み、ポートフォリオ(作品)を充実させてから満を持して独立することが普通です。アシスタント時代は「人物撮り」と「物撮り」の両方の技術を学びます。とくに物撮りは仕事の件数も多く必須の技術です。
一方、近年はクラウドソーシングが発達したことや、SNSなどを利用して作品を発信する手段が整ったことから、勤務経験や修行経験なくしてフリーランスのカメラマンになる人もいます。2016年にアメリカの著名なグラフ誌「ナショナルジオグラフィック」で日本人初のグランプリを獲得した井上浩輝さんもその1人です。司法試験挫折後に独学で写真を学び、Facebookを使って作品を拡散することで人気に火がつき、プロのカメラマンとしてデビューしました。独学やSNSを利用したマーケティング手法などとあいまって新たな世代の写真家として注目されています。
とはいえ、このようにいきなり独立したケースでの成功例もある一方、間口が広がったぶん仕事の単価が値下がりしつつあるようで、経験も人脈もない人がいきなりフリーランスになるのは依然として大変です。やはり、まずは商業写真を扱うような写真事務所に就職してプロとして通用する技術を身につけてから独立するのが安全なのではないでしょうか。

カメラマンになるには?

プロカメラマンになるために、特別必要な学歴や資格はありません。
カメラマンとして働くためには、下記がメインの方法になります。

  • 大学や専門学校、スクールなどに通ってカメラの基本的な知識や技術を身につけてから就職する
  • カメラマンのアシスタントとして、現場の経験を積む
  • スタジオに勤めて、撮影に関する知識を身につける
  • 独学で学び知識を身につける

学校に通う

プロの写真家として活動する指導者から撮影技術を直接教わることができること、芸術論や撮影理論にもとづいた体系的な知識を習得できることが学校で学ぶ最大のメリットです。また、校内の人脈や学校のツテで写真関連の仕事を紹介してもらえる可能性もあり、カメラマンとしての仕事を獲得するための場として機能している点も見逃せません。
写真の技術を習得することのできる学校は、専門学校や大学の美術系学部をはじめ数多く存在します。カルチャースクールや自治体主催の市民講座まで含めれば間口はかなり広くなるため、カメラマンになるための第一歩としては比較的現実的な手段といえます。大学や専門学校などで入学試験がある場合でも、必ず実技試験やポートフォリオの提出が課されるというわけではないので、写真未経験者も積極的に情報収集するとよいでしょう。

アシスタント・スタジオ勤務

写真家のアシスタントとして働き、プロの仕事に身近に接するなかで技術と人脈を獲得しようという方法です。職人の弟子入りや修行のようなもので、はじめは写真に関する雑用をしながら、プロから直接技術の指導を受けたり、撮影現場で技を見取ったりして学びます。
アシスタントになること自体にも低くはないハードルがあり、求人サイトなど一般的な方法で募集されていることはそう多くはありません。アシスタントとしての仕事を見つけるには、写真関係の学校などで作った人脈を駆使して、卒業して活躍しているプロのカメラマンのツテを頼ったり、知り合いに紹介してもらうなど、能動的に就職口を探す必要があります。また、アシスタントとして実務をこなす都合上、全くの写真未経験者では採用してもらえない可能性が高いことも覚えておきましょう。

独学

教本や動画などで写真の技術を身につけ、さらに仕事の獲得にいたるまで全てを自力で完結しなければならないハードルの高い手段です。プロの写真家として必要になる技術を1人で万遍なく身につけるのは難しいうえ、仕事を獲得するための人脈が皆無の状態からのスタートになります。
先に紹介したフォトグラファーの井上浩輝さんは、技術を独学後、作品をPRするためにSNSを活用して人気写真家になりました。独学でフォトグラファーを目指すなら、写真の技術だけでなくマーケティングの手法も同時に学ぶとよいのかもしれません。

カメラマンのつらいこと、大変なこと

カメラマンの仕事は精神的にも肉体的にもハードな面が多いです。
人物や静物の撮影であれば、ある程度のやり直しができますが、動く被写体や「瞬間」を捉えなければならない撮影は、一度しか撮影ができないため、失敗が許されません。
もちろんブライダルカメラマンも失敗や撮り漏れは許されません。
合わせて、決められた時間内にクライアントが満足する写真を撮らねばならず、プレッシャーが大きくのしかかります。
また、特に報道カメラマンなどは事件・事故があればすぐに現地に行かねばならず、自然現象を撮影するカメラマンは厳しい寒さや酷暑に耐えて、何日も1カ所に留まらなければいけないこともあり、体力も相当使う仕事です。

カメラマンの求人傾向

カメラマンの求人は契約社員としての募集であることも多いのが特徴です。また、意外にも、カメラマンとしての実務経験を求める案件ばかりではありません。
全国展開する写真スタジオなど、企業規模が大きく写真をメインの事業に据えている企業では、新人教育プログラムが整備されているケースがあり、新卒や未経験者でも応募可能な場合があります。
即戦力を求める傾向にあるのは広告代理店や広告制作会社などで、応募の必須要件にカメラマンとしての実務経験を挙げる企業が多いようです。
出版業界や報道機関では、大手は写真専攻の学生を新卒採用して育成する企業が多いものの、中小規模の企業はフリーランスに外注する傾向があり正社員としてカメラマンを募集する案件はなかなか見かけません。
風景写真家など、アート系の写真で生計を立てようとしてもそもそも求人自体がありません。カメラマンとして食べていけるだけの実績を積みながら、自ら個展を開いたり、賞に応募するなどして実績も積んでいく必要があるでしょう。

カメラマンの資格・試験の難易度

取得しておくと便利な資格もあります。
カメラマンになるのに必要な資格も試験も無いですが、カメラに関する資格はいくつかあるので、それらを取得しておくと、技術や知識を証明する手段として利用できます。
肖像写真の撮影および制作に必要な資格である「写真技能士」は、都道府県知事が実施する技能検定制度の一種です。最上級の1級技能士は、全国でも数えるほどだといわれています。
このほか、文部科学省後援「フォトマスター検定」などもあります。

カメラマンの転職状況・未経験採用

カメラマンの業界では即戦力が求められるため業界内転職が多いです。
カメラマンはカメラや機材の知識や、撮影技術、ノウハウなどが重視される仕事のため、未経験者がいきなりプロとして働くことはできません。
まずはアルバイトやアシスタントして現場で経験を積みながら、一人前を目指します。
ブライダルカメラマンでも会社からOKがでるまで研修が続きます。
転職の場合も、今まで異業種だった人がいきなりカメラマンに転職するというケースは少なく、それまで会社勤めだったカメラマンが専門分野を極めるためにフリーになったなど、業界内の働き方変更は多いようです。
中途採用は即戦力を求められるため、異業種からどうしてもカメラマンになりたい場合は、未経験者同様、アシスタントから下積みをする覚悟が必要となります。

ブライダル業界なら未経験からでもカメラを仕事にできる

私は本業はwebデザインをしています。そして副業で結婚式のビデオ撮影をしています。
もともと撮影経験や何か勉強をしていたのか?というと何もしていません。
わたしは海外旅行が好きで、旅行をして行くうちにカメラに興味を持ち始め入門機の一眼レフを買い、レンズキットの標準レンズで普通の写真を撮ってました。
が本業のwebデザインは土日休みで、土日を何もしないで過ごすことも多くなってきて何か副業をしようと思ってたどり着いたのがカメラマンでした。
ウェディングドレスレンタルならミスサブリナ表参道

仕事探しはバイト求人サイトが便利

私は今のこの副業はネットの求人サイトで見つけたのがきっかけです。
本業の仕事帰りにバイトを検索していると偶然にもパパラッチのバイトの求人を見つけました。
こんな求人があるんだ。と思ったのと同時にカメラを使ったバイトは他にもあるのではないか?と思って求人サイトのフリー検索欄に「カメラ」と打ち込んで検索をしたところヒットしたのが今の副業の会社でした。
web検索
今は結婚時期のビデオ撮影をしていますが、実は私は静止画の方だと思って応募したのです。だってカメラマン募集って書いてあったので普通、静止画だと思うでしょ。
しかし、面接に行って話を聞いていたらどうも動画らしい…。しかし撮影は一眼レフとかを使うんだとか。
そもそもお金が稼げればなんでもよかったし、一応カメラ使うからいいやと仕事の紹介を聞いて面接を終えたら、見事メールで採用の通知がきてカメラマン…の研修生となりました。

★カメラマンを募集している求人サイト★

プロの副業
プロの副業は、プロ人材の為の本業を活かした副業紹介サービスです。
あなたのプロフェッショナルなスキル・経験・人脈を活かし、ライフスタイルに合わせて「週1」や「月1」からお仕事いただけます。


ホールハート

カメラマンの給料・年収

フリーの場合は、経験や実力で大きく給料、年収が異なります。
カメラマンは、会社員もいればフリーランスで活動する人もおり、働き方によって収入が変わります。
また、個人の実力や能力によって大きな差が出ます。
一般的に会社勤務の場合は、その企業の給与体系に準じて給料が支払われます。
スタジオ勤務の場合は、新聞社や雑誌社よりも低く、経験や実績が浅いカメラマンは年収300万円程度という場合もあるようです。
フリーランスの場合はその知名度や実績で異なり、また、案件ごとに収入が決まるため、収入ゼロの月もあれば、100万円超えになる月もあるなど、一定ではありません。
年収が数千万円という有名カメラマンもいますが、フリーで長年生計を立てていける人はごくわずかです。

ブライダルカメラマンのバイトは給料も一定

ブライダルカメラマンのバイトをするメリットの1つに給料が一定ということがあります。
会社によって給与体系は変わりますが、私の会社では案件単位で給料が支払われます。
そしてその給料は結構いい額になります。本業のカメラ業だけでは生計が辛い人はブライダルカメラマンの仕事を副業にしてみてはいかがでしょうか?

ブライダルカメラマンの仕事のまとめ

この副業を始めたおかげで私の人生はかなりいい方に進んだと思っています。
実は副業を探しているときに本業と同じような簡単なデザインのバイトも探していたのですが、こちらが先に決まったのでカメラマンとして働くことになりました。
しかし、もともと好きだったカメラのスキルは向上しますし、デザインスキルも上がる。さらに生活もこの副業のおかげでだいぶ楽になっています。
更に結婚式の知識も多くつきますし、動画の知識も付きます。
実際に働いてみて本当にこの仕事を副業にしてよかったと思える仕事です。
もちろんデメリットもあります。
それは仕事ですごく神経を使うことです。やはり1発勝負ですし、イレギュラーなこともよく起きるので他の仕事と比べてだいぶ神経は使います。
また、土日を仕事に使ってしまうのであまり遊べないとか体を休めることができません。そこはお金と自由の関係でもっと自由時間が欲しければシフトを減らせば調整できます。が、繁忙期はついつい仕事を入れてしまうので、月曜日の本業にものすごく疲れが残ってる状態で出勤することもしばしばあります。
がしかし、仕事としてはとても面白い仕事です。自分の撮った映像が作品になりますし、そもそもカメラが好きな人は撮影をしているだけでも楽しいでしょう。
もし興味がありましたら応募して説明会なり面接なりでも行くことをおすすめします。もし土日が暇で困っている人がいたらぜひ応募してみましょう。
★転職・バイトの関連記事★

パピコの知ってる世界
https://trip-and-job.com/2019/04/18/resortbyte/