写真家を指す言葉として「カメラマン」のほかに「フォトグラファー」が使用されることもありますが、カメラマンという職種名は厳密には動画を撮影する職種と写真を撮影する職種の両者が含まれるため、このページでは写真の仕事も動画の仕事も紹介していきますのでカメラマンに焦点を当てて紹介していきます。

カメラマンの仕事内容

カメラマンの扱う仕事は、商業写真とアート写真に分けることができます。商業写真は商品の宣伝などビジネスに利用するための写真のほか、個人のポートレート撮影(人物撮り)などもここに分類されることが多いです。また、アート写真は撮影者の内面を発露させるもので芸術作品として扱われる写真になります。

商業写真とは

商業写真を扱うカメラマンの業務は、撮影した写真を利用するビジネスの性質により異なります。
新聞社や出版社の週刊誌部門には報道写真を専門に撮影するカメラマンは報道カメラマンと呼ばれます。事件や事故の現場に急行して、ありのままの状態を切り取ることが重視され、写真に撮影者の個性を反映することは多くありません。
広告代理店やデザイン会社、雑誌編集部などで仕事をするカメラマンは、商品などのモノを撮る「物撮り(ぶつどり)」と、モデルなどの人物を撮影する「人物撮り」を担当します。モノと人では適する撮影技術や撮影機材、魅力の引き出し方の勘どころが異なるため、どちらかひとつの得意なほうの撮影に特化して仕事をする人もいます。注文主の要望に沿って制作されるクライアントワークでもあるため、写真の利用目的やクライアントの意図を汲みつつ、撮影の専門家としてアイディアを提供して作品づくりを進めます。
結婚式場や観光地、街の写真スタジオで専属カメラマンとして働く場合も「人物撮り」の一種として、被写体の魅力を最大限に引き出すべく日々工夫することになります。

アート写真

アート写真は撮影者の内面を発露させるもので、個性を充分に反映した作品を撮影することができます。
荒々しい自然の風景にメッセージをこめた風景写真などがアート写真の代表例ですが、事件や事故、紛争の現場写真でも何らかメッセージ性のある写真であればアートの性質を持ちます。
アート写真は商業写真と異なり注文主がいないため売上が立ちづらく、これだけで生活費を稼ぐことができるのはごく一部のフォトグラファーに限られます。そのため、本来はアートを手がけたいと考えるカメラマンも生活費をかせぐための仕事をしていることも多く、フリーランスとして活躍する人のなかには、普段は収入を得やすい分野の仕事を集中的に受注し、空いた時間で本来撮りたい写真を撮るというような働き方をする人もいます。

カメラマンのキャリアパス

カメラマンは、写真事務所や会社に勤務している人とフリーランスで活動する人に分かれます。
フリーランスで働く人も、いきなりプロのカメラマンとして独立して活動することは少なく、高名なカメラマンの事務所などでカメラアシスタントとして技術を身につけ、実績を積み、ポートフォリオ(作品)を充実させてから満を持して独立することが普通です。アシスタント時代は「人物撮り」と「物撮り」の両方の技術を学びます。とくに物撮りは仕事の件数も多く必須の技術です。
一方、近年はクラウドソーシングが発達したことや、SNSなどを利用して作品を発信する手段が整ったことから、勤務経験や修行経験なくしてフリーランスのカメラマンになる人もいます。2016年にアメリカの著名なグラフ誌「ナショナルジオグラフィック」で日本人初のグランプリを獲得した井上浩輝さんもその1人です。司法試験挫折後に独学で写真を学び、Facebookを使って作品を拡散することで人気に火がつき、プロのカメラマンとしてデビューしました。独学やSNSを利用したマーケティング手法などとあいまって新たな世代の写真家として注目されています。
とはいえ、このようにいきなり独立したケースでの成功例もある一方、間口が広がったぶん仕事の単価が値下がりしつつあるようで、経験も人脈もない人がいきなりフリーランスになるのは依然として大変です。やはり、まずは商業写真を扱うような写真事務所に就職してプロとして通用する技術を身につけてから独立するのが安全なのではないでしょうか。

カメラマンになるには?

カメラマンになるための資格はありません。必要なのは写真撮影の技術とセンスだけです。したがって、プロのカメラマンになるための明確なルートはないのですが、以下では代表的な例をご紹介します。

学校に通う

プロの写真家として活動する指導者から撮影技術を直接教わることができること、芸術論や撮影理論にもとづいた体系的な知識を習得できることが学校で学ぶ最大のメリットです。また、校内の人脈や学校のツテで写真関連の仕事を紹介してもらえる可能性もあり、カメラマンとしての仕事を獲得するための場として機能している点も見逃せません。
写真の技術を習得することのできる学校は、専門学校や大学の美術系学部をはじめ数多く存在します。カルチャースクールや自治体主催の市民講座まで含めれば間口はかなり広くなるため、カメラマンになるための第一歩としては比較的現実的な手段といえます。大学や専門学校などで入学試験がある場合でも、必ず実技試験やポートフォリオの提出が課されるというわけではないので、写真未経験者も積極的に情報収集するとよいでしょう。

アシスタント

写真家のアシスタントとして働き、プロの仕事に身近に接するなかで技術と人脈を獲得しようという方法です。職人の弟子入りや修行のようなもので、はじめは写真に関する雑用をしながら、プロから直接技術の指導を受けたり、撮影現場で技を見取ったりして学びます。
アシスタントになること自体にも低くはないハードルがあり、求人サイトなど一般的な方法で募集されていることはそう多くはありません。アシスタントとしての仕事を見つけるには、写真関係の学校などで作った人脈を駆使して、卒業して活躍しているプロのカメラマンのツテを頼ったり、知り合いに紹介してもらうなど、能動的に就職口を探す必要があります。また、アシスタントとして実務をこなす都合上、全くの写真未経験者では採用してもらえない可能性が高いことも覚えておきましょう。

独学

教本や動画などで写真の技術を身につけ、さらに仕事の獲得にいたるまで全てを自力で完結しなければならないハードルの高い手段です。プロの写真家として必要になる技術を1人で万遍なく身につけるのは難しいうえ、仕事を獲得するための人脈が皆無の状態からのスタートになります。
先に紹介したフォトグラファーの井上浩輝さんは、技術を独学後、作品をPRするためにSNSを活用して人気写真家になりました。独学でフォトグラファーを目指すなら、写真の技術だけでなくマーケティングの手法も同時に学ぶとよいのかもしれません。

カメラマンの求人傾向

カメラマンの求人は契約社員としての募集であることも多いのが特徴です。また、意外にも、カメラマンとしての実務経験を求める案件ばかりではありません。
全国展開する写真スタジオなど、企業規模が大きく写真をメインの事業に据えている企業では、新人教育プログラムが整備されているケースがあり、新卒や未経験者でも応募可能な場合があります。
即戦力を求める傾向にあるのは広告代理店や広告制作会社などで、応募の必須要件にカメラマンとしての実務経験を挙げる企業が多いようです。
出版業界や報道機関では、大手は写真専攻の学生を新卒採用して育成する企業が多いものの、中小規模の企業はフリーランスに外注する傾向があり正社員としてカメラマンを募集する案件はなかなか見かけません。
風景写真家など、アート系の写真で生計を立てようとしてもそもそも求人自体がありません。カメラマンとして食べていけるだけの実績を積みながら、自ら個展を開いたり、賞に応募するなどして実績も積んでいく必要があるでしょう。

ブライダルカメラマンなら簡単にカメラ、動画を仕事にできる

私は本業はwebデザインをしています。そして副業で結婚式のビデオ撮影をしています。
もともと撮影経験や何か勉強をしていたのか?というと何もしていません。
わたしは海外旅行が好きで、旅行をして行くうちにカメラに興味を持ち始め入門機の一眼レフを買い、レンズキットの標準レンズで普通の写真を撮ってました。
が本業のwebデザインは土日休みで、土日を何もしないで過ごすことも多くなってきて何か副業をしようと思ってたどり着いたのがカメラマンでした。
ウェディングドレスレンタルならミスサブリナ表参道

仕事探しはバイト求人サイトが便利

私は今のこの副業はネットの求人サイトで見つけたのがきっかけです。
本業の仕事帰りにバイトを検索していると偶然にもパパラッチのバイトの求人を見つけました。
こんな求人があるんだ。と思ったのと同時にカメラを使ったバイトは他にもあるのではないか?と思って求人サイトのフリー検索欄に「カメラ」と打ち込んで検索をしたところヒットしたのが今の副業の会社でした。
web検索
今は結婚時期のビデオ撮影をしていますが、実は私は静止画の方だと思って応募したのです。だってカメラマン募集って書いてあったので普通、静止画だと思うでしょ。
しかし、面接に行って話を聞いていたらどうも動画らしい…。しかし撮影は一眼レフとかを使うんだとか。
そもそもお金が稼げればなんでもよかったし、一応カメラ使うからいいやと仕事の紹介を聞いて面接を終えたら、見事メールで採用の通知がきてカメラマン…の研修生となりました。

★カメラマンを募集している求人サイト★

プロの副業
プロの副業は、プロ人材の為の本業を活かした副業紹介サービスです。
あなたのプロフェッショナルなスキル・経験・人脈を活かし、ライフスタイルに合わせて「週1」や「月1」からお仕事いただけます。


ホールハート

最初は必ず研修生からスタート

動画のことなど何も分からずスタートしたこの仕事ですが、唯一の救いは学生時代に結婚式場でサービスの仕事をしていたことがあること。特になんの役にも立ってない気がしますが、結婚式場に出入りするのは不慣れではなかったです。
研修ではメインで撮影するカメラマンやスナップカメラマンの邪魔にならないようにこそこそと撮影をします。
当然いいポジションなんかでは撮れないのですが、基本的にこの研修では1日の流れを覚えることと、取り漏らしがなく撮影できるようになることが目標となっています。
研修期間は決められておらず、本部で自分が撮影した素材をみてもらうのですが、本部の人がちゃんと撮れている(撮り漏れがないレベル)と判断するまで続きます。
そして、本部からそろそろ独り立ちしようか。という話になると、カメラマンが2人必要な案件を手配されてそこで撮影をします。
基本的に独り立ちの扱いですが、保険も兼ねて2カメの現場に回されます。
それを2,3回行って、もう十分でしょってなると晴れて独り立ちができてカメラマンデビューとなります。
ウェディングドレスレンタルならミスサブリナ表参道
恐らくこの方式は動画もスナップ写真も同じで、スナップ写真の人も研修っぽい人がフラフラしている現場もあります。
研修の人か独り立ちして日が浅い人か、ある程度経験のある人かっていうのはぱっと見ればわかります。
研修生は、あまり前に出てこずこそこそと撮ってるし、独り立ちして日の浅い人はどこか自信が無さげですし、やはりまだ下手なので何度も取り直しをしたりして容量が悪いです。
逆にパッパッと動いたりあれもこれも撮りたいって感じの人は慣れている人です。動きがいいのは次に何をするかが頭に入っているからで、いろいろと撮りたがるのは撮影の引き出しが多くあるからです。

独り立ちしてすぐのクオリティ

独り立ちして自分一人だけで孤独に撮影するようになるころにはだいぶ撮影のスキルも向上してるのではないかと期待をしたくなるのですが、私の場合は残念ながらあまり上達していなかったです。
正直このクオリティでこの値段ではお客さんに申し訳ないな、と思っていました。カメラの機材も今より悪かったですし。
しかし、独り立ちして少ししてから編集が上手な人か編集マンとしてついてくれた作品を見て、私の素材でもちゃんとしたものができるんだ。と思いそこから少し自信がつきました。
まったくの素人から始めた場合、独り立ちまで半年。まともなものを安定して撮れるようになるのに独り立ちしてから1年。このクオリティならどこに出しても文句は言われないし、ある程度突発的なトラブルを未然に防ぐことができるようになるまでには独り立ちしてから2年ほど必要です。
ウェディングドレスレンタルならミスサブリナ表参道
単純化すると、誰でも丸々2年(研修込み)毎週撮影をしていればブライダルのカメラマンとしては一人前になれます。
研修の時はどうしても甘えが出てしまって、独り立ちした時のような緊張感を持って撮影しないのでどうしても上達が遅いです。
正直、クオリティを向上させるのは独り立ちしてからになります。
暑い

スナップと動画の違い

スナップ写真と動画は同じような機材を使い同じようなシーンを撮影しますが、重要なポイントや難しさが異なります。
大きな考えだとスナップ写真は一瞬をずっと時を止めた状態で納めるものになります、一方動画は時間軸がある分、人や物の動きの他に感情などの動き、変化を納めます。
なのでスナップ写真の場合、いい表情だと思ってシャッターを押しても瞬きされたり、集合写真で誰かが動いたり変なところを向いたら取り直しをしないといけないですが、一度そのシーンが終わってしまったら撮れないのでクレームにつながります。写真はずっと止まった状態を見るものなのでその瞬間がベストでなければいけません。
一方動画は写真のような一瞬のキレイさは必要ありません。絵のキレイさはもちろん大事ですが、動画はどんどんシーンが変化していくので邪魔ものが写ったりしても何とかなりますし、瞬きされても特に困ることはありません。
集合写真もなるべく全員の顔が見えた方がいいですが、見えなくても集合写真のシーンです。と分かればそれで問題ないです。
逆に写真のような「ハイポーズ」みたいなものは必要なくむしろその前後が必要になってきます。なので編集のことを考えて、どういう風に編集ができるかを考え1つの動画としてつながるように撮影しないといけません。
さらに撮りたい事象の前後数秒もないといきなり何かアクションが始まってしまってはなんのことだか分からないので事前に何をどこで撮るかを考えて仕事をすることが重要になります。
結婚式場

スナップ写真も動画も恐らく一番神経を使うのが取り漏れです。要は撮らないといけないシーンが撮れなかったというもの。
スナップ写真ではどんな事情があるのかはあまり分からないですが、動画の場合、アクションに対して自分の位置が悪すぎたり、進行が頭に入っていなかったというものがありますが、一番多いのはREC問題です。
REC問題はカメラの設定や構図に気を取られてRECを押し忘れたり、前にRECを切り忘れていて、実際撮ろうとしたときにRECを押したらRECが切れた状態になっちゃったということが多いです。
正直この仕事は毎回このREC問題にビクつきながら撮影することになります。1度終わったイベントは二度と再現できませんから…。
ウェディングドレス

動画は撮影だけでなく編集の仕事も可能

これは動画を扱っている会社ですが、撮影だけでなく編集の仕事も希望すればできることが多いです。
最初から両方ではなかなか上達できないので、カメラか編集かどちらかを1人前にできるようになってから別の分野にいかないといけないのですが、片方が十分慣れたらもう片方の仕事も覚えることができます。
繁忙期は慣れている仕事をしないといけないのですが、閑散期の1~2月とかでまた研修生から始めることができます。カメラも編集も慣れている人は忙しい時は独りで撮影して一人で編集するときもありますので会社にとっても都合はいいのです。
★動画編集するなら音響のことも知っておこう★

ブライダルカメラマンの副業としてのおすすめポイント

スケジュール(シフト)

スケジュールに融通がすごくききます。
基本的に学生であれ社会人であれ平日に仕事をこなして副業は土日に行う人が多いと思います。
その点、ブライダル関係はメインの仕事は土日なので副業に向いています。そして、自分が仕事できる日や仕事したい日だけシフトを入れればいいので自分の都合に合わせて副業ができます。
さらにこの業界は常に人手不足なのでもし長期の海外旅行がしたくなったら長期で休むことができますし、さらに旅行から戻ってきたら仕事探しをすることなくまた仕事を再開することができるので、お金や仕事に困ることが少なくなります。

給料の単価が高い

基本的にこの仕事の単価は高いです。時給とかではないので時給いくらとかは出せないですが、年の平均時給では2000円~3000円くらいになると思います。
パチンコ屋でもここまでの時給はだしてくれないくらい高いので土日だけでも結構な収入になります。
繁忙期には1日の案件も増えるので、月に副業だけで20万円を超えるときもあります。
閑散期でない限り月に6日くらい働けば10万円は超えるので給与面でもおすすめです。

カメラスキルの向上

スナップ写真はある程度オートの機能を使用するみたいですが、動画は基本的にすべてマニュアルです。
明るさもホワイトバランスもピントもすべてマニュアル操作で行います。
なので自然とカメラスキルは向上します。
基本的に1発勝負なので、必須カットでは絶対に使える素材をミスなく撮らないといけません。そのためには構図のパターンも何種類か頭の中にバリエーションがないといけませんし、どの明るさ、どの色が最適なのかも自分で瞬時に決めらないといけません。さらにピントも素早く合わせないと必ず取れないものが出てきてしまいます。
なので続けていくうちにカメラの操作は早くなりますし、初めて見るものでもどこからどう撮ればキレイに撮れるかを瞬時に判断できるようになります。
ウェディングドレスレンタルならミスサブリナ表参道

本業のスキルアップにもつながる

このような仕事を副業にしたい人は本業もクリエイティブ系の人が多いのではないでしょうか?
私も本業はwebデザインをしています。
webデザインでは画像加工や補正は毎日のように行いますし、自分でフリーや有料画像からデザインに合う画像を選んで使用しています。
この副業をする前は画像補正は何に合わせるのが正しいんだろう?なんて思っていましたが。今では自分がこういう風にして画像が使いたいから、このように加工するといった判断ができるようになっています。
これは自分で撮影してきたおかげかと思っていて、ほかのデザイナーの画像の使い方を見たときに、素人だなぁって思うくらい画像に関してのスキルは向上しました。
webデザイン

ブライダルカメラマンの仕事のまとめ

この副業を始めたおかげで私の人生はかなりいい方に進んだと思っています。
実は副業を探しているときに本業と同じような簡単なデザインのバイトも探していたのですが、こちらが先に決まったのでカメラマンとして働くことになりました。
しかし、もともと好きだったカメラのスキルは向上しますし、デザインスキルも上がる。さらに生活もこの副業のおかげでだいぶ楽になっています。
更に結婚式の知識も多くつきますし、動画の知識も付きます。
実際に働いてみて本当にこの仕事を副業にしてよかったと思える仕事です。
もちろんデメリットもあります。
それは仕事ですごく神経を使うことです。やはり1発勝負ですし、イレギュラーなこともよく起きるので他の仕事と比べてだいぶ神経は使います。
また、土日を仕事に使ってしまうのであまり遊べないとか体を休めることができません。そこはお金と自由の関係でもっと自由時間が欲しければシフトを減らせば調整できます。が、繁忙期はついつい仕事を入れてしまうので、月曜日の本業にものすごく疲れが残ってる状態で出勤することもしばしばあります。
がしかし、仕事としてはとても面白い仕事です。自分の撮った映像が作品になりますし、そもそもカメラが好きな人は撮影をしているだけでも楽しいでしょう。
もし興味がありましたら応募して説明会なり面接なりでも行くことをおすすめします。もし土日が暇で困っている人がいたらぜひ応募してみましょう。
★転職・バイトの関連記事★

ニートや学生・ワーホリ後に絶対おすすめの住み込みリゾート...
http://trip-and-job.com/2018/10/19/resortbyte/