結婚式というか披露宴ではいろんな場面にいろんな音楽が流れてます。
そういえばこの音楽、どのご両家でも同じというわけではない。
みんなどの場面にどの音楽を流すかをちゃんと選んでます。
そしてネット検索をしてみたら入場にはこの音楽がおすすめとかケーキ入刀にはこの音楽がおすすめとかあるのですが、その場その場でおすすめな曲はほとんどないのが現実です。
しかし私はこの音楽にはとてもこだわった方がいいと思っているので今回はそこについて詳しく紹介していきます。
ほかにも結婚式に関する記事を書いていますのでよかったら読んでください。


結婚式にかける音楽選びの真実

結婚式を挙式と披露宴に分けると挙式は何処の式場も常に同じ音楽を使っています。というか生演奏がほとんどです。
キリスト式と人前式で流す音楽に違いはあるもののほぼ固定です。
しかし披露宴になると話は変わります。
披露宴からの音楽のチョイスはほぼ自由です。じゃどの曲も流せるのね、というとそうでもありそうではないです。。
そこに著作権というものが関わってきます。

結婚式の音楽の著作権に関して

結婚式や披露宴などで音楽を利用するとき、音楽の利用方法により、作詞者・作曲者など“音楽をつくる人”の権利である「著作権」と、レコード製作者・歌手など“音楽を伝える人”の権利である「著作隣接権」の手続きが必要になります。また「著作権」と一言でいってもその中でも、「演奏権」と「複製権」という2つの権利があるので、それについてを知っておく必要があります。

演奏権とは何か

演奏権とは公に音楽を演奏したり、CDを再生したりすることができる権利で、著作者(作詞者・作曲者)が持っています。
権利処理は通常、結婚式を行う会場が利用申請を行い、使用料を一括して支払うことによって行っています。多くの場合は結婚式会場に契約をしている音響会社が演奏権の支払いをしており見積の音響代の中に含まれています。
結婚式ごとに使用する曲数などが違ったとしても、多くの会場では使用する平均的な曲数などを考慮して、音響代は一律の金額を設定しています。

複製権とは何か

複製権とは音楽を複製(コピー)することができる権利で、著作者だけではなく、著作隣接権者(アーティストやレコード会社など)も持っている権利です。
私的使用のための複製の場合を除き、権利者の許諾なしで、CDのコピー(複製)や、プロフィールムービーやエンドルールムービーなどのDVDにBGMとして曲をいれる行為は、複製権の侵害にあたります。
そこで、対応の方法としては、複製する曲の権利者に事前に申請し、許諾を得て、使用料を支払うことで使用することができます。
まずは、以上の2つを知っておくことが重要です。

★エンドロールなどのムービー関係は複製権★
私の仕事のウェディング映像に関係してくるのはこちらです。エンドロール映像や記録映像に使用するBGM、プロフィールDVDに使用するBGMにも関係してきます。
また余興でムービー上映などをする場合も、複製権は関係してくるのですが、私の感覚ではそこは無法地帯になっている印象があります。いろんなネタをパクったムービーを皆さん作成するのですが、果たしてちゃんと著作権などをクリアしているのかは不明です。式場に確認をした方がいいですが、基本的にその辺はサプライズ的要素もあるので無法地帯になっている印象が強いです。


結婚式の音楽はこだわるべき

私自信はこの結婚式に使用する音楽はこだわった方がいいかと思っています。
その理由はそちらの方が盛り上がるからです。
といっても、無理にこだわる必要はないです。すごく好きなアーティストがいる場合にこだわるといいです。
特にそういったアーテイストがいない人達は適当に自分の好きな曲を流すか、会場に任せてしまってもいいかと思います。

盛り上がる曲を紹介

実はこの演出の時にこの音楽をかけると盛り上がるといったものはあまりありません。
いろんなサイトにこの演出の時はこの音楽がおすすめなどと書いてありますが、何を曲をかけようが場違いな曲以外はそんなに変わりはありません。
しかし、新郎新婦のこだわりの曲をかける場合は少し毛色が変わってきます。
まえにテレビの「アメトーク」でミスチル芸人がやっていたのですが、その中の1人が僕は結婚式の音楽全部ミスチルにしましたよー、と言っていましたが、そういうことです。

特に新婦の趣味趣向が強いと盛り上がる

前に私が撮影したご両家の新婦さんが1世代前の某有名アイドルが大好きで入場からお開きまですべてそのアイドルの曲固めた人がいたのですが、入場の時から若干ざわめきがありました。
そして乾杯やケーキ入刀など、ことあるイベントごとにそのアイドルの曲が流れるので、会場のみなさんも次は何がくるのかと楽しみにして会場が盛り上がったことがありました。
1世代前のアイドルでとても有名な人なので親御さんや会社の上司たちも楽しめるし、新婦さんのことを知ってる人もそのアイドルの曲は聞いたことはありますし、趣味趣向の強さに楽しんでい有名懐メロはなかなかおすすめだなぁと感じた出来事でした。

またジャニーズ好きな新婦さんだと新婦中座や披露宴のお開きの時に好きなジャニーズの曲を流すと趣味が感じられて会場が少し盛り上がります。少し前だとNEWSのチャンカパーナ、今だとキンプリのシンデレラガールあたりが人気です。
また、安室ちゃんが引退発表をしてからは安室ちゃんの曲をかける人が激増していますので今はおすすめかもしれません。

ピアノの生演奏

ホテルで結婚式を挙げる人に多い披露宴でのピアノ生演奏。
なんでこんなに注文する人がいるんだろう…。と思っていたら、どうぶブライダルフェアが影響してそうですね。
前に一度ブライダルフェアの撮影をしたことがあるのですが、その時にピアノ生演奏をしており、若干それを推していました。
実際の披露宴では歓談中は全く音楽を流さないわけではなくリピートで邪魔にならないくらいの音量の音楽をながしています。CD音源の音を流すかピアノの音を流すかなのですが、ゲストはご飯食べてお酒飲んで適当に話をしているのであまり音楽まで意識がいきとどきません。なのでここは特に依頼しなくてもいいような気がします。厳格な式とか会社の重役が多く来るような式の場合はピアノ演奏があった方がフォーマル感がでるので、そういったときには利用するといいかと思います。

エンドロールムービーの曲

あまり安くないエンドロールムービーの取って出し映像ですが、これに好みの音楽を挿入しようとすると先に説明した複製権がかかわってきます。
なので、みなさんフリー(無料)の音源を使用する場合がほとんどなのですが、この仕事をしている私としてはここでの音楽にはとてもこだわって欲しいです。
この曲のチョイスでムービーのクオリティがかなり変わってきますし、会場の盛り上がりも変わります。
一番おすすめしないのはオルゴールで、このオルゴールのBGMで作られたとにかく盛り上がりません。また、歌のない曲も避けた方がいいです。
少しお金が追加でかかってしまいますが、自分のこだわりの曲を使用した方がおすすめです。
選択する曲の長さですがエンドロールの商品によって変わりますが、目安として下のリストを参考にしてください。
長すぎると同じような映像が続いてしまい飽きてしまいますが、短すぎても入れたい映像が入れれなくて品質が落ちてしまうので商品によって最適な長さの曲を選ぶといいものになりやすいです。

★エンドロール挿入曲の長さの目安★

  • 式のみ:3分~4分

  • 中座・再入場まで:4分~5分

  • 新婦手紙まで:6分前後 ※7分以上はやめましょう

あまりおすすめできない音被せ

会場で流すエンドロールムービーだけは自分の好きな曲を流す方法もあり、俗にいう音被せというものになるのですが、これもあまりおすすめできません。
その理由は映像と曲が合わないからです。
エンドルールムービーを編集するときは曲の構成と映像の構成を考えて編集します。曲のサビの部分に何を持ってくるかとか曲の終わりが盛り上がるから、盛り上がる映像を使ったり、逆に曲がフェードアウトして終わっていくような曲の場合はラストはしっとりとした感じで終わらせるかとか考えています。そしてこの音被せの時は本来会場で流す曲と違う曲(納品時に使用するフリー音源)で作成します。なので実際に会場で上映するとなんでサビの部分でこのシーンなの?とか音と映像が合ってないという事態になってしまうのです。


結婚式の音楽のまとめ

結婚式の音楽に関してまとめると好きなアーティストなどやこだわりがある場合は徹底的にこだわった方がいいです。その方が自分も満足できる結婚式になりますし、ゲストも楽しめます。
そして、特に音楽にこだわりがない人は会場の人におすすめな曲をチョイスしてもらって無難に音楽をかけてもらえばいいかと思います。音学にこだわりがある人の式では次は何の曲がかかるのか?とか、あーこの曲選んだんだってのが分かってゲストも楽しめますが、そんなにこだわりのない人の式ではだいたいBGM以上の効果はなしえません。
結婚式は音楽の他にもいろんな準備することがあるので、こだわりたいところはすごくこだわって、そこまで興味のない部分は人に任せて自分のこだわりたい部分に力を注いだ方が満足のいく結婚式にすることができると思います。

そしてブライダルカメラマンとして再度アドバイスですが、エンドロールムービーを発注する場合は自分の好きな曲を少しお金がかかってでも選んでください。宣伝とかではなく、あとに残る物なので、数年後この曲にはまってたなぁとか懐かしいなぁといった感情が必ずでてくるし、ムービーのクオリティも上がります。これは実はカメラマンも編集者もみんなが思っていることです。本当に「もっと曲にこだわりを持った方がいいものになるのにねー」って話はよく会話に出てきますので、エンドロールムービーを依頼する人は是非参考にしてみてください。
ほかにも結婚式に関する記事を書いていますのでよかったら読んでください。