いままで未経験からwebデザイナーになるにはSES事業がおすすめです。と書いてきましたが、SES事業についての説明を詳しくしていないのでいまいち実感ができない人も多いのではないのか…?と思い今回はSES事業について詳しく書いていこうと思います。
web業界では2007年〜2008年あたりに需要が伸びたようですが、実はこのSES事業はweb業界だけでなく建築業界の方が先に行っていました。
私はweb業界に入る前は建築関係の仕事をしていたのですが、大手のゼネコンやサブコンにはこういったSES事業のような技術者として営業や現場管理、制作関係の仕事をしている人が多数いました。



SES事業とは

SES事業とは、「システム・エンジニアリング・サービス」の略語で、ソフトウェアやシステムの開発・保守・運用における委託契約のがメインになっている事業です。そのほかにもwebデザイナーなどのフロント側の案件やディレクター職も多数あります。
具体的には、特定の業務(=クライアント企業)に対してエンジニア(技術者)をその企業の常駐させ、クライアント企業で業務を行います。
客先に常駐して仕事をすることは、派遣と同じような感じがしますが、厳密にはSES事業と違います。
SES事業のビジネスモデルは「専門的な人材をクライアント企業に派遣し成果物を作るので、その分の対価を頂きます」という業態になります。
SES事業という契約の下では、SES事業をしている会社は技術者をクライアントに派遣して、常駐先でデザインや開発・システムの保守・運用といった、技術の活かせる業務を行い成果物を企業側に与えます。

SES事業での働き方と待遇

実際、クライアント企業に入って働いてしまうと派遣とほとんど変わらないのですが、一応契約上は変わります。
その一つに指示系統があります。

SES事業と派遣社員の指示系統の違い

★SES事業の指示系統★
エンジニアをクライアント企業に常駐して、上位の会社からエンジニアに仕事の指示をする。
SES事業の闇の部分に自社とクライアントが直接取引できる場合もあるのですが、間に中間業者が入ることが多いです。
そういった場合はクライアント企業から直接仕事の指示を受けるのではなく上位会社(中間業者)から指示をもらわないといけなく、中間業者も指示をしないといけません。
しかし、ほとんどそんなことは無視して、現場のクライアントから直で仕事依頼がきてしまうのが現状です。
★派遣社員の指示系統★
クライアント企業の指揮命令のもと作業する労働力を技術者が提供すること。指示系統はクライアント企業にある。
派遣社員は派遣会社を通じてクライアント企業で働きますが、現場に入ったらあとは現場の指示に従って頑張ってねって感じの指示系統です。

クライアント企業の選び方

基本的にこれは営業が案件を取ってきます。
事前にスキルシートやポートフォリオをクライアント企業に送って、この人なら一度会ってみたいってことになると面談が組まれます。
会社によってですが、紹介される案件は自分の希望に合うものをちゃんと紹介してくれる会社もあれば、全然やりたいことと違う案件を紹介してくる会社もあります。
デザイナー志望なのにサーバーとかインフラ関係の仕事やディレクター職を紹介されるケースは多くあります。
では、仕事は全然選べないの?というとそうでもありません。自分のやりたい仕事と全然違う仕事を営業が取ってきた場合は希望の職種と違うので面談は辞退しますとはっきりと言ってしまえば大丈夫です。ただ希望職種なのに気分で断ることはいけません。
また、営業がそれでも面談にいってほしいと言ってくる場合もありますが、その時はとりあえず面談に行って、やる気のなさをアピールすれば簡単に落としてくれます。クライアント企業が要望しているスキルに対して、自信がありません。とか、経験がありませんと言っておけば印象は悪くなるし、あとは残業をしたくないとかをやんわりと伝えたり、面談で相手に聞かれたことだけ端的に答えてこちら側から何も質疑をしないえ興味がないアピールをしておけば、まず落としてくれると思います。
そういったことで、ある程度自分でも仕事を選ぶこともできます。
そのせいで、現場がなかなか決まらないこともあると思いますが、現場が無い場合は自社で待機となります。その期間も会社にはいかないといけないですが正社員なので給料は出ます。なので、心配せずにゆっくりと現場を決めればいいかと思います。
また、いざ決まった現場も闇案件の場合がありますので、その時は契約更新をこちらから断ることができます。だいたい1か月か3か月更新なのですが、その時にクライアント企業から更新依頼があっても自分が断ってしまえば大丈夫です。その時に正当な理由は必要です。
残業が多すぎるとか、仕事を丸投げしすぎるとか、上長が怒鳴りつけてきてストレスの限界とか…断るための理由なので後付けでなんでもいいです。それを営業が承認しなかったら会社に異議申し立てをしっかりしましょう。それでもだめなら転職ですね。

会社が職種をすすめてくる場合

また、フロントエンジニア希望で就職したのに、なんやかんや言われて開発側に回される人の話もよく聞きます。その人たちはだいぶ苦労しそうで、というのも元々フロント側の仕事をしたい人はデザインとコーディングのスキルしか持っていない状況で就職するのですが、研修でPHPなどの開発言語を数か月軽く教わるだけで現場に行かされます。よく3日で契約を切られたりする人の話を聞きますが、そういう人はこのような被害にあった人がほとんどだと思います。
なので、まずフロント志望でデザインやコーディングをやりたい人は会社がなんと言っても自分の意思を曲げないようにしましょう。あとからフロントにも変われるからとか言ってきても、その時にはもう面倒になってフロント側に行こうなんて気はなくなってしまうかもしれないですし。
悩み

SES事業の賃金契約

SES事業の会社から技術者に払われる賃金

今回はSES事業の会社に就職している人(フリーランスではない)を基準にお話をしますが、基本的に普通の会社と同じで固定給+技術手当で毎月決められた金額が給料として支払われます。
残業代に関しては、会社によって変わるのですが、すべて支払う会社もあれば制限付きで支払ったりする会社といろいろです。
恐らく残業代をすべて出すSES事業はほとんどなく月の労働時間が200時間を超えたあたりから残業手当が出るケースがほとんどです。
なので仮に1日8時間を21日が平均稼働時間とすると月平均は168時間が毎日提示で帰った時の労働時間になりそれ以上は残業になるのですが、月に200時間を超えるまでは残業代がでない。すなわちタダ働きをさせられることになります。そして、その残業代が出る時間は会社のよって変わりますし、残業代の算出方法も変わるので最初の契約時にしっかりと確認しておきましょう。
貯金

クライアント企業からSES事業会社に支払われる賃金

これは基本的に営業とクライアント企業が話して金額を決めます。
この時、労働時間の契約も決めるのですが、基本的に月に160時間が基本となり、160時間±20時間の140時間~180時間が契約範囲内の労働時間になるケースがほとんどです。
そして、180時間を超えるとクライアント企業はSES事業の会社に別途残業費として賃金を支払う契約になることがほとんどです。
ここで感のいい人は気づいたかもしれませんが、
クライアントは180時間以上で残業代を支払いSES事業会社は200時間を超えてから残業代を払う…。20時間の差はどこに消えるの?という問題です。
残念ながらこの20時間は会社に搾取されてしまいます。なのでSES事業で働く場合は定時に帰れる現場に行って、もっとお金を稼ぎたい場合は副業をした方がはるかに効率はいいです。
ここでは仮に200時間と話しましたが、210時間以降や220時間以降にならないと残業代を払わない会社もあれば、みなし残業手当で20時間分を最初から払う会社もあり、そこは会社によって待遇が変わります。

SES事業はキャリアアップしたい人におすすめ

SES事業がおすすめできる人は、未経験からIT業界でスキルアップを目指していく人です。
SES契約で企業に常駐する場合、その多くが長期間に及ぶことが多くなります。
この点は派遣や請負とは違う点になります。
1つの案件ごとに現場が変わっていく派遣契約の場合、現在のスキルで成果物を出せる仕事を次々と受けることになり、キャリアアップやスキルアップが難しくなってしまいます。
その点、SES事業で企業に常駐する場合は、その企業内の様々な案件に携わることが出来るようになります。
そうなると、新しいプログラミング言語や構築作業、デザイナーだったらデザインに携わることになるので、少しずつ成長することができます。
このようなSES事業の特徴を考えると、この雇用形態で働くのにピッタリな人は、長期的にスキルアップ・キャリアアップを考えている人であるということができます。
スキルが上がっていくことで、将来的には派遣や請負など、状況によって雇用形態を選ぶこともできるようになるでしょう。
そのための第一段階として、SES事業として企業に常駐し、web業界の」仕事の進め方を学んでいくことが有意義といえます。

SES事業の会社紹介

ここまで読んで下さってまずはSES事業から始めてみようと思った方のためにSES事業の会社を紹介しておきます。

グルーヴ・ギアが運営するGEEK JOB

GEEGJOB
私がこのGEEKJOBをおすすめするのは、前にGEEKJOBを運営するグルーヴ・ギアさんにお世話になったからです。
私はwebデザイナーとして仕事をしていますが、前にSES事業で働いていた時にグルーヴギアさんに仕事を紹介してもらって仕事をしていました。
詳しく話すと、私の所属していた会社からグルーブギアさんに現場を紹介してもらって仕事に就いた訳です。ここでグルーヴ・ギアさんは仲介業者のような役割をしてくれたわけですが、当然紹介料みたいなお金はグルーヴ・ギアさんに払っていたわけです。何が言いたいのかというと、現場と直取引ができる強い会社ということです。
また、グルーブギアさんのGEEKJOBというサービスでは無料でプログラミング学習ができ、その後就職先も紹介してくれます。
無料でプログラミング学習ができるなんて本当なの?と思うかもしれませんが、SES事業の会社ではよくあるのですが、現場で働く前に3か月くらい自社で研修をします。なのでこのGEEKJOBでのプログラミング学習とは他の会社の研修と同じもとと思っていただければ大丈夫です。しかし、体験者の口コミではプログラミングを教えてくれる講師との距離も近いのでいろいろと教えてもらいやすい環境になっているようですし、仕事を紹介してもらった後の面談で必要になるポートフォリオも制作して、制作実績も作ることができます。
会社
また、これは私の話ですが、SES事業で働いていた時にいろんな現場に行きましたが、その中で一番よかった現場がこのグルーヴ・ギアさんに紹介してもらった現場でした。
なので、グルーブ・ギアさんが持っている案件には私は信用があります。さらに今はどの会社もプログラミングの技術者を欲しがっている売り手市場。もしかしたら未経験や第二新卒からスタートする人は最初なかなか現場が決まらず、自分の思い描いていた仕事内容と違う現場に行くかもしれませんが、そこで少し現場のことを覚えたら次からはちゃんと自分のやりたい仕事に就けるはずです。
グルーブギアさんはプログラミング学習もしっかりしててその後の就職支援も強いので本当におすすめの会社です。
0円無料体験や説明会も行っているので、日程が合う人は1度足を運んでみても確実の損はないかと思います。
もしGEEGJOBに興味を持った人は下のボタンからGEEGJOBの公式サイトに行けます。
まずはどんな会社なのか?とか、どんな内容なのか?などを調べてみてください。



GEEKJOBのサービス概要の紹介

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。
GEEK JOBは高い転職率を実現していますが、その理由は「徹底した採用者目線」での就職支援とプログラミング学習支援を実施しているためです。
就職支援においては、面接のロールプレイングから実際の仕事を体験するアクティビティを取り入れており、
選考突破方法だけでなく、就業後にも役に立つ働き方を身に着けてもらっています。
プログラミング学習においては、講義形式ではなく「反転学習」を取り入れ、自らすすんで学習するスタイルを取り入れています。
そのため学習した内容の定着はもちろんのこと、就業後も進んで学ぶことでスキルアップできる土台作りもしっかりしています。
GEEKJOBに関して詳しく知りたい方は業界経験者がGEEK JOBの無料転職コースを調査した結果の記事を参考にしてみてください。

SES事業のまとめ

SES事業は仕事が選びづらかったり、待遇がよくなかったり、現場を転々としないといけないというデメリットがある反面、
未経験でも就職しやすい、嫌な現場なら現場変更できる、様々な会社でスキルを身に付けることができるというメリットもあります。

私個人としてはSES事業の仕事は楽です。なので新卒や20代の内はなるべく苦労した方が将来的に楽ができるようになると思うのでなるべくSES事業には参入しない方がいいかと思います。30歳手前くらいから未経験でweb業界に転職しようと思う人にはSES事業はおすすめします。
40歳や50歳でも転職できる業界なので、お仕事にに困ったらSES事業を頼りにしてみてはいかがでしょうか?
★未経験からwebデザイナーになる方法★