いままで未経験からwebデザイナーになるにはSES事業がおすすめです。と書いてきましたが、SES事業についての説明を詳しくしていないのでいまいち実感ができない人も多いのではないのか…?と思い今回はSES事業について詳しく書いていこうと思います。




派遣とは少し違うSES事業の内情を詳しく説明

SES事業とは、「システム・エンジニアリング・サービス」の略語で、ソフトウェアやシステムの開発・保守・運用における委託契約のがメインになっている事業です。そのほかにもwebデザイナーなどのフロント側の案件やディレクター職も多数あります。
具体的には、特定の業務(=クライアント企業)に対してエンジニア(技術者)をその企業の常駐させ、クライアント企業で業務を行います。
客先に常駐して仕事をすることは、派遣と同じような感じがしますが、厳密にはSES事業と違います。
SES事業のビジネスモデルは「専門的な人材をクライアント企業に派遣し成果物を作るので、その分の対価を頂きます」という業態になります。
SES事業という契約の下では、SES事業をしている会社は技術者をクライアントに派遣して、常駐先でデザインや開発・システムの保守・運用といった、技術の活かせる業務を行い成果物を企業側に与えます。

SES事業での働き方と待遇

実際、クライアント企業に入って働いてしまうと派遣とほとんど変わらないのですが、一応契約上は変わります。
その一つに指示系統があります。

SES事業と派遣社員の指示系統の違い

SES事業の指示系統

エンジニアをクライアント企業に常駐して、上位の会社からエンジニアに仕事の指示をする。
SES事業の闇の部分に自社とクライアントが直接取引できる場合もあるのですが、間に中間業者が入ることが多いです。
そういった場合はクライアント企業から直接仕事の指示を受けるのではなく上位会社(中間業者)から指示をもらわないといけなく、中間業者も指示をしないといけません。
しかし、ほとんどそんなことは無視して、現場のクライアントから直で仕事依頼がきてしまうのが現状です。

派遣社員の指示系統

クライアント企業の指揮命令のもと作業する労働力を技術者が提供すること。指示系統はクライアント企業にある。
派遣社員は派遣会社を通じてクライアント企業で働きますが、現場に入ったらあとは現場の指示に従って頑張ってねって感じの指示系統です。

SES事業の派遣先の選び方

SES事業
SES事業の場合、営業が案件を取ってきます。
事前にスキルシートやポートフォリオをクライアント企業に送って、この人なら一度会ってみたいってことになると面談が組まれます。
会社によってですが、紹介される案件は自分の希望に合うものをちゃんと紹介してくれる会社もあれば、全然やりたいことと違う案件を紹介してくる会社もあります。
デザイナー志望なのにサーバーとかインフラ関係の仕事やディレクター職を紹介されるケースは多くあります。

SES事業だと案件は自分で選ぶことはできないのか?

SES事業だと自分が働く案件は全然選べないのか?と思う人も多いと思います。
SES事業は多数ある案件から、これに応募する。といったスタンスではなく、営業がとってきた案件に行く。というスタンスです。
なので基本的に選ぶことはできません。
しかし、自分のやりたい仕事と全然違う仕事を営業が取ってきた場合は希望の職種と違うので面談は辞退しますとはっきりと言ってしまえば大丈夫です。ただ希望職種なのに気分で断ることはいけません。

希望しない案件を強要してきた場合はどうするか?

営業が自分の希望しない職種の案件をとってきて、その面談に行って欲しいと言ってくる場合もあります。
その場合は断ってもいいです。しかし、断りづらかったり、波風立てたくない人はとりあえず面談に行って、やる気が無いことや自信が無いことをアピールすれば簡単に落としてくれます。
そういったことで、ある程度自分でも仕事を選ぶこともできます。

働く常駐先が決まらない場合はどうなるのか?

最初の現場だったり、現場を選んでたりすると現場がなかなか決まらないこともあります。
この場合は自社で待機となります。
この待機期間も本社にはいかないといけないですが正社員なので給料は出ます。
なので、心配せずにゆっくりと現場を決めればいいかと思います。

SES事業の賃金契約

SES事業の会社からあなたに払われる賃金

貯金
今回はSES事業の会社に就職している人(フリーランスではない)を基準にお話をしますが、基本的に普通の会社と同じで固定給+技術手当で毎月決められた金額が給料として支払われます。
残業代に関しては、会社によって変わるのですが、すべて支払う会社もあれば制限付きで支払ったりする会社といろいろです。
恐らく残業代をすべて出すSES事業はほとんどなく月の労働時間が200時間を超えたあたりから残業手当が出るケースがほとんどです。

クライアント企業からSES事業会社に支払われる賃金

これは基本的に営業とクライアント企業が話して金額を決めます。
この時、労働時間の契約も決めるのですが、基本的に月に160時間が基本となり、160時間±20時間の140時間~180時間が契約範囲内の労働時間になるケースがほとんどです。
そして、180時間を超えるとクライアント企業はSES事業の会社に別途残業費として賃金を支払う契約になることがほとんどです。

SES事業の悪い噂

会社が希望と違う職種をすすめてくる

悩み
SES事業ではデザイナー志望で就職したのに、なんやかんや言われてプログラミング側に回される人の話もよく聞きます。
そんなことをする理由はデザイン案件よりプログラミング案件の方が単価が高く会社が儲かるからです。
こういった事例もありますので、フロント志望でデザインやコーディングをやりたい人は会社がなんと言っても自分の意思を曲げないようにしましょう。

スキルをかさ増しされる

SES事業
スキルのかさ増しは、だいたいどの会社もやってます。
面談をするときにスキルシートという職務経歴書みたいなものを持っていくのですが、研修3か月が終われば経験年数1年とスキルシートに書かれてしまいます。他に研修中にコーディングを頑張って勉強したなんて言ったらコーディング実務経験3年とか平気で書いてきます。
他業界で少しデザイン業務もやってただけでがっつりデザインしてました、みたいなスキルシートになります。

委託派遣は現場を選べないことが多い

SES事業
委託派遣の会社に就職すると営業が頑張って案件を取ってきて面談を紹介してくれます。
しかし、その中には自分の希望とそぐわない案件もあります。私もwebデザインがやりたくて今の会社に入ったのですが、最初の現場はディレクターの補佐でした。デザイン要素なんてほとんど0でした。
この現場の面談に受かったとき会社も希望する職種じゃないと気付いたのか、やたら言いくるめてこようとしてきました。
しかし、1つ目の会社ならどんな派遣先でも行くべきです。

1つ目の現場は選ばない、2つ目からは自分の要望も出していきましょう

SES事業
正直web経験0の人なら最初はどんな現場でもいいと思っています。それは最初の2,3か月はデザイン業務につけたら儲けものですが、web制作の現場はどんな風になってるのか?とかどんなソフト使ってるのか?とかどんな人がどんな作業を受け持ってるのか?などの、どの仕事をするにしても共通で必要なことを経験することが大事だからです。
そして1回現場に行けば、現場がどんなものかがわかるので次回からの面談は受かりやすくなります。

SES事業がおすすめできる人

口コミ
SES事業がおすすめできる人は、未経験からIT業界でスキルアップを目指していく人です。
SES事業で企業に常駐する場合は、その企業内の様々な案件に携わることが出来るようになります。
そうなると、新しいプログラミング言語や構築作業、デザイナーだったらデザインに携わることになるので、少しずつ成長することができます。
このようなSES事業の特徴を考えると、長期的にスキルアップ・キャリアアップを考えている人にはおすすめです。
スキルが上がっていくことで、派遣ではなく制作会社に正社員として就職することが可能になります。
そのための第一段階として、SES事業として企業に常駐し、web業界の仕事の進め方やスキルを学んでいくことが重要といえます。

SES事業が嫌な人におすすめな転職方法

未経験からwebデザイナーやプログラマーになろうとするとSES事業で経験を積んでから制作会社に就職するのが一番スムーズだと私は思うのですが、悪い噂もあるSES事業なのでなるべく敬遠したい人もいると思います。
そんな人におすすめの転職方法を2つ紹介していきます。

  • 転職エージェントを利用する
  • スクール+転職支援のサービスを利用する

転職エージェントを利用して転職する方法

転職エージェントとはweb業界だとワークポートが有名なのですが、転職希望者を企業に紹介して収入をもらっている会社です。
登録は無料のところがほとんどです。
派遣会社のように転職エージェントに登録することで、転職エージェントが持っている案件に応募することができます。
それだと、リクナビのような転職サイトと同じように思うかもしれませんが転職エージェントには下記のような独自のメリットがあります。

  • その会社だけが持っている案件がある
  • 過去実績があるので転職エージェント利用したほうが就職しやすい
  • 履歴書や職務経歴書などの転職サポートをしてくれる

その会社だけが持っている案件がある

転職エージェントは様々な会社とのつながりがあるので、そのエージェントのみが持っている案件があります。
さらにそれ以外にも案件はたくさん持っているので、案件の選択や応募には困りません。
求人サイトとして利用してもすごく優秀です。

過去実績があるので転職エージェント利用したほうが就職しやすい

転職エージェントは過去実績をしっかりとため込んでいます。
過去にそのエージェントを通じて入社した人が会社で活躍してくれたりすると、そのエージェントの評価もあがり信頼度も上がります。
そのおかげで、自分だけで求人サイトで転職活動をするより、転職エージェントを利用したほうがずっと転職しやすくなります。

履歴書や職務経歴書などの転職サポートをしてくれる

転職エージェントは転職希望者を紹介することで収入を得ていますので、なるべく多くの採用者をだしたいのです。
なので転職に成功しやすい履歴書や職務経歴書の書き方などを無料でレクチャーしてくれるのも助かります。
また面接対策なども行っているので、その講義を受けるためだけに登録しても損はないと思います。

転職エージェントの紹介

転職決定人数No.1のワークポート

ワークポート

web業界専門のWebist

webist

スクール+転職支援のサービス会社

グルーブギアさんのGEEKJOBというサービスでは無料でプログラミング学習ができ、その後就職先も紹介してくれます。
無料でプログラミング学習ができるなんて本当なの?と思うかもしれませんが、SES事業の会社ではよくあるのですが、現場で働く前に3か月くらい自社で研修をします。なのでこのGEEKJOBでのプログラミング学習とは他の会社の研修と同じもとと思っていただければ大丈夫です。
しかし、体験者の口コミではプログラミングを教えてくれる講師との距離も近いのでいろいろと教えてもらいやすい環境になっているようですし、仕事を紹介してもらった後の面談で必要になるポートフォリオも制作して、制作実績も作ることができます。
会社
グルーブギアさんはプログラミング学習もしっかりしててその後の就職支援も強いので本当におすすめの会社です。
0円無料体験や説明会も行っているので、日程が合う人は1度足を運んでみても確実の損はないかと思います。

GEEKJOBのサービス概要の紹介

GEEGJOB
GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。
GEEK JOBは高い転職率を実現していますが、その理由は「徹底した採用者目線」での就職支援とプログラミング学習支援を実施しているためです。
就職支援においては、面接のロールプレイングから実際の仕事を体験するアクティビティを取り入れており、
選考突破方法だけでなく、就業後にも役に立つ働き方を身に着けてもらっています。
プログラミング学習においては、講義形式ではなく「反転学習」を取り入れ、自らすすんで学習するスタイルを取り入れています。
そのため学習した内容の定着はもちろんのこと、就業後も進んで学ぶことでスキルアップできる土台作りもしっかりしています。
GEEKJOBに関して詳しく知りたい方は業界経験者がGEEK JOBの無料転職コースを調査した結果の記事を参考にしてみてください。

SES事業のまとめ

SES事業は仕事が選びづらかったり、待遇がよくなかったり、現場を転々としないといけないというデメリットがある反面、
未経験でも就職しやすい、嫌な現場なら現場変更できる、様々な会社でスキルを身に付けることができるというメリットもあります。