結婚式をあげるにあたってみなさんどうやって決めていますでしょうか?
記念日であったり、式場が開いてたりとか理由は様々だと思います。
昔から日本だと「June bride」なんて言葉がありますので6月に結婚式を挙げる人が多いイメージがあります。
しかし、みんな気になるのは天候。6月は梅雨の時期だから天候が心配…。
そんな感じで結婚式を挙げる時期に悩む人も多いと思いますので仕事柄1年中、結婚式に参加しているカメラマン目線でおすすめする・おすすめしない時期を紹介していきます。

結婚式の本当におすすめな時期

結婚式を挙げるおすすめな時期を考えるうえで私が重要だと感じることは2点あります。

  • 天候
  • 式場の忙しさ

★天候で気をつけるのは気温★
天候は普通に雨より晴れた方がいいので晴天率の高い日がいいことはもちろん大事なのですが気温も重要になってきます。
真夏は暑くてそれだけでも少し疲れてしまいますし、新郎はタキシード、新婦はドレスと比較的厚着をしないといけないので暑い時期の結婚式は辛いです。
さらに新婦さんだとお化粧もしっかりしているのでそれが崩れたり汗で顔がてかってしまったり、髪型が崩れてしまったりと暑い日はいろいろと悪いことが起きやすいです。
暑い

★誰も教えてくれない式場の忙しさ★
繁忙期の結婚式場はとにかく忙しいです。そして会場によってはつめっ詰めで何組も入れて1日に1つの挙式・宴会場で何回転もさせます。
なのでとにかく時間を巻こうとします。そして忙しいのでいろいろと焦ってしまい、ゆとりがなくなりサービスの品質が落ちてしまう懸念点があります。
さらに私が担当しているカメラ・ビデオ関係でも繁忙期の本当に忙しい時はとにかく人が足りなくなります。なので1人で2件、3件こなしたり、本来2人カメラマンが必要なところを1人でほとんど対応させて、本当に必要な場面のみヘルプでもう1人つけるといったようなことが常に起きています。
さらに、いつもは営業をしている人も人手が足りないので撮影や編集に駆り出されたりします。そうすると、普段から撮影・編集をしているわけではないのでメインで仕事をしているしている人たちに比べるとクオリティが落ちてしまう傾向があります。
結婚式場

本当に結婚式におすすめな時期

先に私のおすすめの時期を紹介しますと

  • 3月下旬から5月末まで(大安・ゴールデンウィークは除く)
  • 9月下旬から10月上旬(大安は除く)

私は重要視しているのは上記でも述べたように天候・気温と式場の忙しさ。
結婚式場の繁忙期は6月と10月~11月になります。
特に10月~11月は猛烈に案件数が増えますので、できる限り避けた方がいいかと思います。
閑散期は1月~2月と8月です。寒い時期、暑い時期は皆さん避ける傾向があるようです。
繁忙期の10月~11月に結婚式ができなかった人は12月に回るといった傾向があって12月の1週目と2週目も比較的案件が多いですが、それ以降は年末イベントが忙しくなるのでほとんど案件はなくなります。


一番ベストは9月下旬とおすすめ理由

私がおすすめした時期のおすすめ理由を詳しく説明します。

天候・気温

天候に関しては運もあるのですが、気温に関しては暑くも寒くもない時期がおすすめです。暑い時期を避けた方がいい理由は先に説明したので省きますが、気温が寒すぎたり暑すぎたりすると体調にも影響してきます。
今回おすすめした時期はそんなにも暑くも寒くもない時期です。さらに繁忙期ともずれていますし、そこまで雨の多い季節でもありません。
9月下旬だとまだ残暑が残るかもしれませんが、真夏の暑さまではないはずです。そして秋以降は猛烈に案件が増えるのでここより後ろになるとたとえ日曜の仏滅だろうとそれなりの案件数があるような状況になってしまうので10月1週目までがよろしいかと思います。
温度
暑い日・寒い日を避けた方がいい理由としましては、寒いとお腹を崩しやすくなる人もいますし、暑いと人間はだれてしまいます。基本的に結婚式は室内で行いますが、フラワーシャワーなどで外にでて行うイベントがある会場もあります。そうすると寒い暑いはとてもつらくなります。
また従業員も暑いと頭がもうろうとしがちです。
結婚式のスタッフは常に体を動かしていて年中暑いくらいなので冬の寒さはある程度苦になりません。しかし夏の暑さはかなり体にこたえます。
毎年夏は猛暑になるのですが、その中ブラックスーツを着て機材を持って動き回り撮影をします。
一番最初にメイクルームから撮影するかと思いきやその前に式場の外観等を撮影していますので、メイクルームに入るときはスーツの中は汗だくです。
私の場合ペットボトル(500ml)を2本持って行っても足りないくらいなのですが、それが新郎新婦に何の影響があるかというと、たまに倒れる人がいるのです。
今年も会社内で1人、途中で倒れてしまい撮影ができなくなる事故が発生したのですが、倒れないにしても倒れそう…って状態になることは私も年に1、2回あります。
結婚式にはカメラマンの他にも介添えさんやメイクさん、キャプテンなど新郎新婦にずっと付き添って、1日中世話をしてくれる人が何人もいますが、暑いとついついそういった人たちのサービスの品質が落ちがちになってしまいます。
また暑いと虫が発生しやすくなります。
ホテル系だと式の前に前撮りをするところが多いのですが庭園内で前撮りをしようとすると蚊に刺されたり、虫にたかられたりします。なのでそういったことも考えると虫の発生の少ない時期の方が快適です。
虫

式場の忙しさ

こちらはネガティブな要素をなくすための対策になります。
繁忙期になるとどこの会場も忙しくなるのでみんな自分の仕事が手一杯になってしまってゆとりがなくなってしまいます。
そこからイライラする人が出てきたり、忙しくてサービスが細部まで行き届かなかったり、人の少なさから料理出しが遅れたりして時間が押してしまうことがよくあります。
さらに1日に何組も式を挙げるような会場だと前の式が終わってないから控室で待ち時間が増えたり、前の宴席が押して会場づくりが終わってないから式が終わっても宴会場に移動できない事態が多発します。
そういう時はだいたい、写真タイムやウェルカムパーティーのような披露宴前に行われるものの時間を引き延ばしたりするのですが、あまり待たされるのも気分を悪くする人も出てきます。
さらに、また私たちカメラマンの話をすると1人が1日にこなす案件数が増えるので2件目、3件目となるとだいぶバテて集中力が切れてしまいミスも多くなってきます。
私も今でこそあまりミスはしませんが最初は1日2件とか撮影すると2件目ではよく小さなミスをしていました…。
さらに先にも記載したように普段撮影しない人、編集しない人も技術者として現場に繰り出されますし、それでも人が足りなくなるの外注でほかの撮影会社から人を雇って対応します。
そうするとあまり慣れていない人が担当するのでクオリティが下がったりミスや事故が多くなります。
前に私の2件目が前半を営業の人が撮影をして、私が1件目が終わってから、その営業の人と交代で撮影したことがあったのですが、やはり営業の人のクオリティだとちょっと辛いな…というものでした。写真にしろ動画にしろ結構な金額の商品になりますので、そのクオリティが下がってしまうのはどうなんだろう…と私は思ってしまいます。
結婚式場

その他の理由

★レンタルドレス事情★
ウェディングドレスをレンタルする人はなるべく繁忙期を避けるできです。理由は着たいドレスが他の人に先に予約されてしまっているケースがあるからです。
その他にも前に着た人がドレスを汚しちゃってクリーニングに長くかかるとかも起きてしまうので、なるべく他の人とバッティングしやすく、トラブルが起きやすい繁忙期は避けた方がいいです。
★関連のドレス選びの記事★

結婚式のおすすめ時期のまとめ

私がおすすめした3月下旬から5月末もそれなりの繁忙期にはなります。けして案件は少なくないのですが10月11月の繁忙期に比べるとだいぶ少ないです。なので大安さえ避ければ、すごく忙しいといった状況は避けれるはずです。
私は9月下旬を一番おすすめしたのですが、まだ少し暑いかなとも思っていますがその時期をおすすめさせていただきました。3月下旬や5月3週目あたりもすごくおすすめなのですが、何故その時期をベストな時期にしなかったというと、従業員の入れ替わりの時期だからです。社員は部署移動なので同じグループ会社ないで移動が多くあります。またサービスの大半はバイトなのですが、3月で慣れた大学生バイトが辞めてしまい、新たな人材が春から入ってきます。2月3月に学生がドバッと辞めてしまうので当然会社は求人を強めにかけます。がしかし、人は集まっても育てるのに時間がかかります。なので春先は従業員のサービスの質が落ちそうなのでベストな時期からは外させていただきました。
カメラ系の話をしますと、閑散期の方がいろいろと人材を用意できるので慣れた人がついてくれる確率が上がりクオリティもよくなります。写真移りや動画の質を気にする人はそこらへんも考えて結婚式を挙げる日取りを決めるといいかと思います。
最後に、金額面で結婚式の時期を考えると閑散期の方がいいです。というのは結婚式場はせっかくの建物が開いてる期間を作りたくありません。なので、閑散期は割引を多くしてなるべくお客さんを多く獲得できるように努力しています。また、直近で結婚式場の予定が埋まってないと、そのまま空いた状態になってしまいますので、準備期間は短いですが、申し込みから4ヶ月以内に式を上げる契約にすると安くなってお得です。
結婚式場を安く探したい人は最近テレビCMなどで有名なhanayume(ハナユメ)のサービスがおすすめです。検索機能も使いやすいですし、割引に関しては他のどの結婚式場検索サイトよりお得です。
hanayume(ハナユメ)に興味がある人は気になるhanayume(ハナユメ)の評判や得する登録メリットの記事に詳しく書いているので興味があったら読んでみてください。