今回はwebデザイナーになるために必須のソフトと勉強法、見映えのいいポートフォリオを作成するコツなどを書いていこうと思います。



webデザイナーの必須ソフトと勉強法

必須ソフト#01-Photoshop

webデザイナーが確実に使えないといけないのはPhotoshopです。
グラフィック系出身の人はillustratorを主に使っていたと思うのでPhotoshopよりillustratorの方が慣れててイラレでデザインした方がやりやすいと思う人も多いと思いますが、基本的にPhotoshopメインになります。
理由はwebはピクセル管理ってところが大きいと思います。illustratorだと書き出したりするときに少しずれたりすることもありますし。
私はイラレの方が早く操作できるしいいものもできるんだからいいじゃない‼と思う人もいるかもしれませんがダメです。
お客さんにpsdを渡したりそもそも元となるデータがpsdで作られている、自分一人だけでなく複数で1つのサイトを作成する。などなどとwebの現場では自分一人だけで完結できるものではありません。たとえ1人で完結できてしまうような現場でもPhotoshopが苦手となると面接時に嫌がられるので、合格率が下がります

Photoshop必要スキルの目安

Photoshopの入門書に書かれていることは半分以上は頭に入っていることは最低条件で8割以上の内容は3分調べれば対応でいることが基本条件です。
そのほかにwebデザインのスキルとして

★Photoshop仕事術★
この本に書かれていることは理解していて実践できるスキルは必要です。特にガイドの話はとても大事です。webサイトは縦の整列がとても大事なので、それが揃っていないだけで経験者にはスキルが足りないと判定されかねないです。私なら意図して崩すデザインでないのに縦の整列がおかしくなっていたら、その時点で不採用にします。
この参考書にはBootstrapについても書かれていますが、そこまで必要ではありません。

★作品づくりが上達するRAW現像読本★
画像補正でおすすめの参考書。
デザインで使用する画像は素人が撮ったものも多いですし、プロが撮影したものでもデザインによって補正しないといけません。
画像補正は下記の参考書1冊を勉強しておけば大丈夫です。これは参考書を見ずにすべてできればいいですが、補正方法は仕上げたい雰囲気によって変わるので都度参考書を見ながらでも構いません。

★Photoshopレタッチ・加工 アイデア図鑑★
Photoshopのデザインスキルとデザイン案を中級レベルまで引き上げてくれる私が一番おすすめする参考書。
全くの初心者でもなんとか大丈夫ですが、なるべくなら基本事項は入門書の参考書で学んでPhotoshopの機能をある程度理解してから読んだ方がいい本です。
この本1冊をすべてやりきると、Photoshopを触れるってレベルからPhotoshopでデザインできるってレベルにステップアップできます。大事なのでもう一回言いますが私が一番おすすめする参考書です。

必須ソフト#02-illustrator

webデザインでillustratorを使用するときはアイコン、イラスト、logoを作成するときがほとんどになります。
必須ソフトですが、使用頻度は少ないです。
基本的なスキルがあれば大丈夫です。

必須ソフト#03-エディター

エディターとひとくくりにしていますがエディターと呼ばれるソフトはたくさんあります。

エディターとは

コードを書くためのソフトです。webデザイナーの場合はHTML,CSS。あとJS系を書くために使うのですが、一番身近なものでWindowsならメモ帳、macならテキストエディターになります。
しかしそれでは不便なのでみんな専用のエディターを使用します。
会社によって指定するエディターを使うように指示するとこもあるようですが基本的には自分の使いやすいものでってところが多いです。

エディターの種類

★dreamwaver★
adobeのエディター。有料。adobeのコンプリートタイプに入っている人はこれを使うと便利。
私はあまり使わないが標準で基本的に不便なく使用できる優秀なエディター。少し動作が重いがそこまで気にならないと思います。
★Sublime Text★
私は使用したことがないが、使用している人はたくさんいる。
昔から多くの人が使用しているので便利なはずです。
★atom★
こちらは無料のエディター。無料なのにこんなに便利機能がついてるの?って驚くぐらい便利。
デフォルトでは使いづらいが、拡張機能を入れることでかなり自分好みにカスタマイズできる。
これから独学で勉強しようって人にはおすすめ。
★brackets★
こちらも無料のエディター。adobeが出している。
私は数年前からこのbracketsを使用しているのですが、最初であったときはこんな便利なソフトが無料なんだとびっくりしました。
bracketsの一番のおすすめはライブプレビュー機能が使いやすいこと。
ライブプレビューとはコードを打ってるときにリアルタイムでプレビュー画面が更新してくれたり、CSSにカーソルを当てると対象のCSSが効いてるところが青く半透明に表示してくれるのでちゃんとCSSが効いてるかとかどの範囲まで効いてるのかを直感的に見ることができるので気に入っています。

ソフトの購入について

独学でwebデザインを勉強するときはadobe製品の購入は必須です。
Photoshopが使えないことには話にならないからです。さらに使用頻度も低いですがillustratorも無いと困ります。
仕事でよくアイコンや簡単なイラストは作成するのですが、それができないとなると就職が難しくなるからです。
Photoshopとillustratorの両方を入れようとすると月に3000円かかります。年間だと36000円。結構高価ですね。
更にdreamwaverを入れるとなるとコンプリートプランに入った方が安くなる…。
でここで財テクです。
普通にadobeのコンプリートプランに加入しようとすると月々5980円かかります。年間で約72000円。さすがに払えない。
しかし、それを約30000円で購入する方法があります。それはネット通信の学生になり学生プランを購入する方法なのですが、特に難しかったり怪しいことはありません。機能に制限もありません。
下のバナーのリンク先のサイトから応募するだけなのですが、この通信学校はadobeと提携している学校なので安心です。通信学校と言っても一番安いプランにすればほとんどお金はかかりませんし、それだけでadobeのコンプリートプランが使えるのは本当にお得です。
ヒューマンアカデミー
ソフトがすべて使える上にタイプキットのフォントも全て使えるので自分のPCに入っていない良質なフォントも使えるのもおすすめです。
私は最近動画の勉強を使用と思ってなんとかpremioreを安く使えないか?と探していたら見つけたのがこのサイトでした。もちろんこのプランでpremioreもaftereffectも使えるのでそちらにも興味がある人にもおすすめです。
独学でも学校に通って勉強する期間も就職してからも自宅での勉強は当分必要になってくるので最低でも1年はadobeが自宅で使用できる環境を整えておいた方がいいです。

webデザインの勉強方法

スクールに通う

なんだかんだでスクールに通うのが一番おすすめです。お金は多少かかりますが、これからの人生に大きくかかわってくることなのでそこへの投資は個人的には重要だと思います。
スクールの費用として10万円かかったとしましょう。しかし、このスクールに通ってから3か月以内に就職できればそれ以降はやりたい仕事をしてスキルを身に着けながら給料がもらえるようになります。
しかしスクールの10万円をケチって就職までに1年かかったとしましょう。その間、バイトなどをして稼いだとしても待遇は正社員の方がよくなりますし、業界の違うバイトをしているうちは将来のためのスキルは何も付きません。
スキルは目に見えないのでお金をかけづらくなってしまいますが、そこは投資をした方が人生を通して考えたときに遥かに優位に働きます。
スクールに通った方が独学よりポートフォリオの質も上がりますし、就職にも有利ですのでスクールには通うことをおすすめします。
このポートフォリオはwebデザインの就職・転職で一番重要でポートフォリオのクオリティで採用の8割は決まると言っても過言ではありません。

職業訓練校に通う

職業訓練校の場合は無料になりますが、やはり質は落ちます。
職業訓練校の場合は本当に基本的なことしか学べないのでそこから自分でさらに勉強しないと就職は難しくなります。

独学

独学はお金は参考書とソフト代だけで済むのですが、何を勉強しないといけないのか?自分に何が足りないのか?どのレベルになったら就職できるのか?を自分で調べて計画を立てていかなければなりません。さらに無料ほど怖いものはなく、少し心が折れれば簡単にあきらめてしまうことができてしまいます。自分でこのくらいやれば就職できるかと思って作成したポートフォリオを持って行って面接に行っても全然受からず挫折ってパターンはよくあります。
そんな風にならないためにも現場を知っている講師にアドバイスをもらうことは大事で就職を優位に進めることができます。
私個人の感覚ですが、

  • スクールに通った人はワークポートのような人材紹介会社を経て制作会社に就職する人が多い印象があります。


何か変わるの?と思う人もいるかもしれませんが、常駐型派遣は制作会社に就職するためのステップアップの会社と考えた方がいいです。現場を転々としないといけないし、50歳になったときに現場があるかわかりません。なので、できる限りwebデザイナーになるなら制作会社に就職した方がいいのです。

webデザイナーの必須ソフトと勉強法のまとめ

先ほどボソッとワークポートの例を出させていただきましたが、ポートフォリオに自信がある方やある程度準備をしっかりした人は一度登録して話だけでも聞きに行くといいと思います。私も登録したことがあるので今回紹介させていただいたのですが、無料で面接対策や職務経歴書の書き方の講習をしてくれて、それだけでも1歩就職に近づくと思いますし。
実際、ワークポートさんは案件数も多いので案件もたくさん紹介してもらえますし、ちゃんとしたアピールができればそこから転職の道は可能ですし、多くの面接に行くことで面接対策もできるようになります。
ワークポートの評判や詳細は登録した感想は「とてもよかった」ワークポートの評判や口コミの真相で紹介しているので参考にしてみてください。
★ワークポートの評判や詳細★