長期海外旅行、留学、ワーホリ、青年海外協力隊と長期にわたって海外で生活することがあると気になるのは健康管理。
日本ではどこでもすぐに欲しいものが手に入るので健康管理は比較的簡単です。
しかし、海外では別。ワーホリや留学だと慣れてくれば何がどこで手に入るか分かってくるので体調管理はしやすいと思います。
がしかし、常に移動を繰り返す長期旅行やそもそも物資が少ない青年海外協力隊は欲しいものがすぐに手に入らないかもしれません。
そんな、健康管理が難しい場合のおすすめの情報を紹介したいと思います。



海外長期旅行や生活での健康管理‼青汁1つで健康管理と節約を両立

海外で乱れがちな食生活

海外だとどうしても日本と同じような食生活をすることが難しいです。
日本で売っている食材や調味料がなかったり、キッチンや調理道具がなかったり、1日中移動していてそもそもどこで食事がとれるのかもわからなかったりと様々な理由で食生活が乱れてしまいます。
そしてこの食生活の乱れが体調や美容の調子を悪くする原因にもなってしまします。
そもそも自炊できる人なら海外旅行でも留学でもワーホリでも市場やスーパーで食材を見つけて調理ができます。が、海外旅行では常に移動しているので1日2日滞在するだけの宿で食料を買って暮らすことは手間がかかります。さらに移動日だと1日20時間前後バスに乗ることも多いので、どこで休憩できるのかもわからないし、休憩があってもトイレ休憩なのか食事休憩なのかも分からず、とりあえずテイクアウトできるパンとかだけ買って過ごすことが多いです。
留学やワーホリだとまず調理ができる宿を探さないといけないですし、そのあとも買い出しできるところ等を探すまでに少し時間を費やさないといけなく、どうしても外食が多くなってしまうと思います。留学やワーホリはだいたい先進国に行くので物価も高いです。毎日外食なんてしてたらお金がかかってしょうがないです。

海外で取りにくい野菜の栄養素は青汁で取る

海外での生活となるとどうしても野菜不足になってしまいます。適当に屋台で済まそうとすると肉とご飯って組み合わせが多くなってくるし、簡易的に自炊してもパスタ的なものが多くなってしまいます。
海外だとその国の野菜って>生で食べても大丈夫なの?と不安になる人も多いと思います。
そんな人におすすめなのは青汁です。
そもそも日本の生活でも青汁は効果的です。

どうしても1人暮らしだと野菜の摂取が面倒になる。自炊でサラダを食べるのが一番いんだけど面倒。コンビニやスーパーのサラダを食べてもいいのだけど、それは薬品でじゃぶじゃぶ野菜を洗うせいでしまっている。となると無理に食事から野菜の栄養素を取るより青汁を飲んだ方が簡単に栄養を摂取できるのです。
昔、肌荒れを気にした私はザギンの有名な美容皮膚科に行ったところ
「なるべく青汁を飲んでください、青汁なら高いものでなくてもいいので続けられるものを選んでください」
とのことでした。
余談ですが、この美容皮膚科は薬を処方するというよりも漢方を処方してくれるクリニックで、処方された漢方を飲んでいるうちは肌荒れを起こさなくなったのでやっぱ漢方って効くんだなぁって実感した次第です。
なら漢方を進めなさいよ…と声が聞こえてきそうですが漢方は種類がたくさんあるし、何の症状に何が利くのかが私にはわかりません。さらに漢方って薬局で買うと高いのですが病院で処方してもらうと保険が効くので診断料を払っても医者に処方してもらった方が安くなるんですよ。なので漢方で体調改善をしようと考えてる人は漢方に詳しいクリニックに行くことをおすすめします。

青汁のメリット

青汁は簡単に飲めて野菜の栄養素が取れるのが最大のメリットなのです。
上記の先生の話でもあったのですが青汁は飲み続けることが大切です。青汁の役目は日々に摂取できていない野菜の栄養の補填が目的です。
がしかし、面倒になったり味の問題があったりしてついつい飲むのを辞めてしまう人もいます。
そんな人のためにも最近はいろんな種類の青汁が出てきて、
★いろいろな青汁★

  • 面倒くさがりの人のために簡単なスティックタイプ
  • 青汁の味が苦手な人のためのフルーツ青汁
  • より健康志向な青汁+αの青汁

とその人その人に合った商品が出てきたこともメリットの1つだと思います。

海外長期旅行や生活でおすすめの青汁

これはまず前提に1食分が1つに梱包されているスティック状が最低条件になっています。
そして、最近の青汁は商品がたくさんあるので上記で挙げた3種類のタイプをつづつ紹介させていただきます。
美容皮膚科の先生の話にもあったように高いからいいとかいろんな成分が入ってるからよさそうというよりも、自分が続けれることが最優先で今回は価格的にも安価で続けやすいものを選んで紹介していこうと思います。

スタンダードなスティックタイプ-ドクターベジフル青汁

ドクターベジフル青汁
こちらの商品は九州野菜を100%使用していることを売りにしていて、原料の安全性や栄養素がとても信頼できる青汁です。
スタンダードな青汁で余分なところに力を入れていない分お値段もお求め安くなっているので、普通に青汁を摂取したいって人におすすめです。
もちろんスティックタイプなので簡単に飲み続けられます。
★ドクターベジフル青汁の紹介★




おいしく飲みやすい-めっちゃぜいたフルーツ青汁

フルーツ青汁の最大のメリットは美味しいこと。青汁はむかしテレビの罰ゲームで使われてたせいかまずいイメージがあるのですが、それを払拭するかのように現れたのがフルーツ青汁。
楽天ランキングで1位になっていたり、芸能人を使っていたりして信用度の高い商品です。
★めっちゃぜいたフルーツ青汁★




150億個の乳酸菌を配合したやわた本青汁

数ある青汁の中でも価格が安く続けやすい、約1ヶ月分2,160円。1杯あたり約69円です。
やわた青汁は今注目の乳酸菌を150億個が入ってる他に下記のようなメリットがあります。

  • 1杯に150億個の乳酸菌!(ヨーグルト13個分)
  • 安心の国産大麦若葉を使用
  • 栄養機能食品であるビタミンCを1杯で30mg(ミカン1個分)配合

★やわた本青汁の詳細★




栄養管理に最適なダイエットプロテイン

長期での海外生活で栄養管理はとても難しくなってきます。
なぜなら長距離バスやツアーなどでちゃんとした食事が取れなかったり、安定して同じところにいないので食事が外食だのみになってしまって栄養が偏ってしまいます。さらに外食が多いと食費もかさんでしまいます。
そんな時に便利なのがダイエットプロテインです。
ダイエットプロテインには食事に必要な栄養素、美容に必要な栄養素がバランスよく入っており、さらに簡単に飲むことができます。
そして、1食100円代で済ますことができます。
まさに健康にも美容にも節約にも効果的なダイエットプロテインを試してみてはどうでしょうか?

ダイエットプロテイン「FASTANA(ファスタナ)」

ダイエットしていると、便秘がちになったり、肌荒れが気になったりと悩みはつきません。
しまいにはせっかくダイエットに成功したのにたれた見た目、すぐにリバウンド・・・。
本気で綺麗を目指す女性の悩みを解決したい!との思いで、3分野の専門家の監修のもとファスタナを開発いたしました!
ダイエットや美容には欠かせない、プロテイン(たんぱく質)をはじめ36種類の美容成分を贅沢に配合しております。


海外長期旅行や生活での健康管理のまとめ

今回は海外生活の健康管理の方法として青汁を紹介させていただきましたが、日本での生活でももちろんおすすめです。
飲み続けることが大切なので、日本の生活で慣れてから海外にもっていった方が習慣化されていますし、慣れている分継続しやすい利点もあります。
海外にもっていくときは箱は捨ててジプロックに入れてもっていけばそんなに荷物にもなりません。
海外生活のときは無理に毎日飲まなくても自炊ができずに野菜が取れない時や移動中でちゃんと食事をとれない時に飲むと一番効果的かなと思います。1年分とか全部持っていくとさすがに荷物になるので必要な時に飲む分(1~3か月分)あれば大丈夫だと思います。