せっかく結婚式を挙げるならきれいに写真や動画は残したいものだと思います。
そのためにプロに依頼すると思うのですが、そのプロの上手い下手によってクオリティの価値はだいぶ変わります。
今回は撮影者の力量では何ともならない式のスタイルで発生してしまう結婚式の写真や動画のクオリティの違いについて紹介していきます。

結婚式の種類で変わるウェディング写真・ビデオのクオリティ

結婚式の基本‼式の種類について

キリスト式

今や結婚式では一番有名なスタイルです。チャペルで神父さんの前で誓いを立てるタイプです。
日本人の宗教はほとんどが仏教と神道となっているのですが、チャペルウェディングに憧れが強いのか、今ではキリスト式が一番の定番です。
宗教などを気にしないで結婚式を挙げたい、ウェディングドレスを着たいって人に人気のスタイルです。
chapel

人前式

これはチャペルで行われることがほとんどですが形式的には日本古来のものになります。
日本では昔から結婚するときに親族や親しい友人を招き誓いを立ててたらしいのですが、そのスタイルをチャペルで行うって感じです。
衣装はキリスト式と同じで新婦さんはドレス、新郎さんはタキシードになります。
人前式はチャペルで結婚式を上げたりドレスは着たい。でもキリスト教でもないのにキリストさんに誓いを立てるってのは何か気になるって人が選ぶことが多いです。
結婚式場

神前式

これは宗教でいうと神道の結婚式になります。その神社の神様?なのかとにかく祭られている神様の前で誓いを立て、この二人を幸せにしてくださいっていうことをする式。
宗教的に日本人は仏教も神道も崇拝?してるってことになっているので(キリスト教とか他宗教にはいってる人は別)宗教的に気にする人は神前式を選ぶことになります。あとドレスより和装や袴がいいって人も神前式になります。
衣装を気にして和装もしたいけどドレスも着たいって人は披露宴の衣装チェンジのときに和装からカラードレスに変える人もいます。しかし和装の場合は衣装チェンジで色打掛にも変えれるのでそこは悩みどころ。
神社

写真・動画に残せる衣装について

上の神前式のところで少し書いたのですが衣装に関して悩む人は多いと思います。ウェディングドレスも着たいが和装も着たい。色打掛の姿も残したい…となると1日の式でその要望を果たすことはできません。そういったときは前撮りを利用するといいかと思います。
前撮りに関しては話で聞くぐらいであまり詳しくはないのですが、基本的に平日に式場で撮影します。キリスト式や人前式で式を挙げる人は和装を着たり、神前式で挙げる人はウェディングドレスで撮影したりします。別に本番と同じ衣装でも大丈夫かと思います。この前撮りの写真はよく披露宴会場前に飾られてることが多いです。恐らく好きなスタイルで撮影してくれるはずですが、衣装代はかかってしまいますが…。
結婚式場もホテルと神殿を持ってるところはチャペルも持っていることが多いですが、予め確認が必要です。
さまざまな衣装の写真を残したい人はそれが可能な結婚式場を選びましょう。
★結婚式場のメリット・デメリット★

★結婚式場を探すならHanayume(ハナユメ)★

Hanayume

結婚式の種類で写真・動画のクオリティが変わる理由

結婚式の種類でクオリティが変わるのは式の種類や会場によって動ける範囲の制限が変わるからです。
基本的にチャペルで行われるキリスト式・人前式より神前式の方が制限は多く(神前式は本当に動けない)、絵的なものだとキリスト式・人前式の方が式に関してはいい絵を撮りやすいです。

ほとんど動けない神前式

神前式はとても厳しい場所が多く動くことを禁止されているところが多いです。ホテルや式場の中にあるタイプの本当に神様いるの?ってタイプだと多少緩くなるのですが、昔からある神社での撮影の場合は2畳も無いスペースを与えられて、式中そこから絶対に出るなと厳しく言われます。なのでずっと同じところから撮影しないといけないので絵的にほとんど同じものしか撮れず、できることといえば撮影する対象物を変える画角を変えるぐらいのことで変化をつけるしかできません。
更に神主さんが神様に祝詞奏上(式の最初の辺に喋ってるやつ)あたりは神様が降りてきてるらしく撮影すると激怒されます。下手すると出禁になるので撮影は禁止されています。
撮影する位置が固定されても新郎新婦より前の位置なら表情やしぐさが撮れるのですが、後ろから撮影しないといけない場合はもう後ろ姿しか撮影できず本当に何をしているのかわからない絵になってしまいます。動画の場合、そこはほかのシーンを差し込んだりして編集で何とか見映えになるものにするのですが、時系列が少し変わってしまいます。
カメラマン

キレイな写真・動画を残したいのならキリスト式

神前式は基本的に動けないのであまりいい絵になりません。当日の写真・動画のクオリティのことを考えるならキリスト式・人前式がおすすめです。
その中でもキリスト式が一番かと思います。
理由はキリスト式の方がいろいろと動けるのでいろんな絵が撮影できる。比較的近くに寄れたりすることが挙げられます。
人前式も同じじゃないの?と思うかもしれませんが、その通りで基本的に同じです。
がしかし、人前式は人によって挙式の流れが変わったりします。そこが一番の問題で、動画を撮影する私は編集のことを考えて何のイベントの時にどういう絵を撮るかを決めています。ずっと同じ画角の絵が続くとすぐに飽きてしまうのでイベントごとに画角やアングルを変えるのですが、その撮影が可能なのは式の流れが頭に入っているからです。
その流れが頭に入っていないと、その場その場でアングルとか画角を考えないといけないので、どうしても後手に回ってしまって間に合わないからという理由で妥協案の絵を撮影することになることが多いです。
そして、結婚式のスタイルはキリスト式が圧倒的に多いのでカメラマンはキリスト式のスタイルに慣れている人がほとんどです。やはり慣れているものの方がいい仕事ができます。
結婚式場

結婚式の写真・動画のクオリティを上げるコツ

表情を豊かにする

写真や動画を撮影しているときに無の表情のものは使いづらいです。なので表情はとても大事です。メイクシーンとかも撮影させていただくのですが、リップを塗る姿を撮影するときも口の力を抜いてへの字の口より口角を上げてもらった口の方が印象が良くなります。動画に関しては動きが無いとつまらない絵になってしまうので笑ったり驚いたり泣いたりといった表情がとても大事になります。
無理に表情を作らなくても大丈夫で、せっかくの結婚式なので楽しんで過ごしてもらえば自然と表情もよくなると思いますので結婚式を楽しむことが写真や動画のクオリティを上げるコツになります。
結婚式

なるべくゆっくり動く

これは当日カメラマンからも言われるかもしれないですが、できるだけゆっくり動いた方が写真や動画のクオリティは上がります。
特に重要になってくるのが全ての入場・退場のシーン。
挙式の入退場は緊張したりして動きが早くなってしまうことが多いです。
挙式の新郎さんの入場は神父さんが前を歩いているのでそのペースに合わせればいいのですが、新婦さんは基本的にお父さんと2人で歩きます。
この時、撮影したいものはたくさんあるのですが、動きが早いと撮影できるカット数を少なくせざるを得ません。普通なら3カット、ゆっくり動いてくれれば4~5カット撮れるのですが、早いと2カット、撮影しにくい会場だと1カットしか撮れなくなってしまいます。あと、急いで撮影するのでブレどうしても出やすくなってしまいます。
なのでヴァージンロードを歩くときは足を一歩出して次の足はそろえるだけという歩き方をしてもらえると一番撮影しやすくクオリティは上がるかと思います。
お父さんがせっかちだったり緊張してるとスタスタ歩いてしまうので、その場合は新婦さんが腕を引いてお父さんが早く歩かないように調節するといいかと思います。
あと事前にゆっくり歩いてねと伝えておいた方がいいかと思います。
その他にもなるべく広い式場を選んだ方がカメラマンも動きやすいですし、大聖堂だとヴァージンロードも長いのでその分、撮影できるカット数も増えます。
★大聖堂のある式場を探すならHanayume★


キレイに写真を残すための結婚式の種類のまとめ

写真・動画をきれいに残すコツとして以下のことを頭の片隅にいれていろいろと考慮していただけると幸いです。

  • 結婚式でウェディング写真・動画をきれいに残すコツとして今回紹介させていただいたのは、式はキリスト式が一番。
  • 結婚式自体を楽しんでいい表情が自然と出るようにすること。
  • 入退場のシーンはなるべくゆっくり動くこと。

せっかくお金をかけるものなので自分が納得いく結婚式を挙げてください。そのためにはダイエットやドレス選びも重要です。
結婚式のためにエステに通い、憧れのドレスを着るためにダイエットに励む花嫁さんは多いというか、最近はほとんどの花嫁さんはそういった準備をしているのではないでしょうか?
ダイエットやドレス選びについても妥協せずに素敵な結婚式を挙げてください。
★ウェディングダイエット★

★ウェディングドレスト★