30代未経験から美大も専門学校もでておらずwebデザイナーになろうと思っても正攻法ではなかなか難しいです。
では30代未経験からwebデザイナーになるのは不可能か…といったらそうでもありません。
ではどうしたら30代未経験からでもwebデザイナーに転職できるのか?を今回は紹介していきます。



30代未経験でもwebデザイナーに転職可能な委託派遣

みなさん転職しようとすると、まずはマイナビやリクナビに登録して…、となると思います。
ではその方法で30代未経験からwebデザイナーになれるか?というと、かなり高い確率で無理だと思います。
では、ひとまず派遣かバイトで…といっても難しいです。
じゃ、無理じゃんと思うかもしれませんが大丈夫です。ちゃんとステップを踏んでいけば必ずwebデザイナーになることはできます。

30代未経験だとリクナビのような求人サイトでは期待ができない

マイナビやリクナビでも少し対策をすれば面接は組んでもらえます。しかし、採用はしてくれない…なぜなのか?
それは他に優秀な人材がたくさん面接に訪れているからです。

webデザインの転職市場には経験者がたくさんいる

30代 未経験 転職
webデザイナーになりたい人はあなたが思っているよりたくさんいます。
そして、その人たちは有名な求人サイトは大体抑えていますので、その中に経験者がいればスキルありますし、充実したポートフォリオも持っているので未経験者のあなたは太刀打ちできません。
派遣やバイトでも過去にwebデザインをやってたけど正社員はもうやだって人がたくさんいます。
さらにwebデザインはやったことないけどグラフィック系ならバリバリやってましたって人もかなりいます。そんななか未経験者は案件すら紹介してもらえないのが現実です。
未経験からリクナビなどでデザイン会社に転職できる人はとてもセンスのある人か凄く充実したポートフォリオを持っている人だけだと思います。

未経験からwebデザイナーになるには委託派遣

webデザイン 未経験
それでは未経験でwebデザイナーになるにはどうしたらいいの?と思う人がたくさんいると思います。
もしかして本当は未経験じゃ無理なんじゃないの?と思ってる人もいるかもしれません。
しかし大丈夫です。未経験でもwebデザイナーになれます。
ではどうしたら未経験からwebデザイナーになるか?というと、それは委託派遣の会社に就職することです。

委託派遣って何?

会社
委託派遣って初耳の人が多いと思いますが、SES事業とも呼ばれます。簡単に考えると派遣の仕事と同じだと思ってください。派遣社員との違いは会社に正社員として雇われることです。
雇ってくれた会社に正社員として雇われるのですが、実際に働くのは他の会社といったほぼ派遣と同じシステムです。
未経験からwebデザイナーに転職したい人は委託派遣がとても重要になってきますので派遣とは少し違うSES事業の内情を詳しく説明の記事でを必ず読んで内容を知っておいてください。

人員が欲しい。でも正社員は雇えないって会社が多くなってきた

webデザイナー
近年、会社で正社員を多く抱えたくないという考えを持つ会社が多くなってきました。
また新規プロジェクトを立ち上げるためにスポット的に人員が欲しいという会社も多くあります。
そういった会社のニーズに答えるのが委託派遣、SES事業となるのです。
実際に仕事はちゃんとあるの?と不安に思うかもしれませんが、2019年2月現在はデザイナーもプログラマーも不足している会社が多く、今の求人はまさしく売り手市場になっています。
また、仕事がなくなっても正社員として雇われているので、現場がなくても給料が入るところが派遣との大きな違いではないかと思います。
委託派遣の会社に就職が決まった場合は、大体は最初に研修を1~3か月おこない、ポートフォリオと経験を身に付けてから面談に行き、採用が決まったら業務開始といった流れになります。

委託派遣のメリット

委託派遣のメリットとして会社に信用があるせいか個人で応募する派遣より現場が決まりやすいですし、就職さえしてしまえば営業が案件を持ってきて面談を組んでくれます。
正攻法とは少し離れていますが、そこで3年勤めれば次の転職でweb経験3年以上の募集条件条件は越えられますしスキルも身に付きます、さらにいろいろと制作するので見せれるポートフォリオも自然と増えてきてきます。
委託派遣でも3年以上働けばかなりスキルも自信もつきます。さらにweb業界の情報にも明るくなるので、その状態でどこかの会社に転職しようと思えば、次はきっと転職活動もうまくいくのではないでしょうか?

委託派遣の会社に採用されるために必要なスキル

webデザイン
委託派遣の会社に転職するのは比較的簡単ですが、未経験で履歴書だけ持って行ってもなかなか採用はしてもらえないのが現実です。
なので、必ずポートフォリオが必要になります。あと、webデザインの基本的なデザインとHTML、CSSの知識だけは身に付けて行った方が採用率は上がります。
どのレベルが必要かというと、webデザイナーの入門書的な参考書を数冊読んだり手を動かして勉強すれば大丈夫です。webデザイナーにおすすめの参考書に関しては未経験からwebデザイナーになった人が必ず読んでる本【厳選5冊】の記事で紹介されている参考書を勉強しておけば間違いないです。私が働きだしてから現場ですすめてもらって実際に勉強した本なので間違いないです。

webデザイナーになるために必要なポートフォリオ

ポートフォリオ

上記のサイトに紹介されている参考書を勉強してポートフォリオをちゃんと用意しておけば委託派遣の会社数社に面接に行けば1社くらいは受かります。
ではポートフォリオとして用意するべき作品はどのようなものなのか?と思うかもしれません。
なので、参考例を下記に上げておきます。

  • 10ページくらいの単純なコーポレートサイトの模擬サイトを1つ
  • 1ページのLP(ランディングページ)を2~3サイト
  • それにプラスしてデザインをアピールできるもの

この3種類のポートレートを用意しておけば、きっとあなたを採用してくれるはずです。
ポートフォリオについては詳しく知りたい人も多いと思いますので未経験からwebデザイナーになるためのポートフォリオの作り方でwebデザイナーのポートフォリオについて詳しく紹介しています。

あとは面接でやる気を見せれば大丈夫

webデザイン
あとは面接時に見せかけでもいいのでやる気と元気さを見せて、頑張ってくれそうだ‼って印象さえ与えれば3社くらい受ければ受かると思います。
その他、の面接のコツとしては従順さをさり気無くアピールしておくといいと思います。委託派遣の会社って、言葉では調子のいいことを言っていても実際は会社に対して不満を漏らさず、扱いやすい人を好みます。
なので独自性があるとか自己主張が強い、というよりも、協調性の高さが私の魅力です。といったことを体験談をもとに話すといいかと思います。

30代未経験でもwebデザイナーに転職する方法のまとめ

gookjob プログラミング
今まで述べてきたように未経験からwebデザイン業界に入ろうとするとなかなか理想通りにはいかず、少し苦労することになります。
しかし、30代からでも40代からでもwebデザイナーになることは可能です。ちゃんとした経験があれば社内デザイナーとしても30代40代で転職する人はたくさんみかけます。
30代以上から未経験でwebデザイナーになろうとすると委託派遣、SES事業が一番就職しやすいですが、web業界以外でデザイン経験があったり、ちゃんとしたポートフォリオを持っている人は派遣ではなく普通の会社でデザイナーとして就職できる人もたくさんいます。

次回の記事はwebデザイナーの必須ソフトと勉強法

今回はwebデザイナーへの転職方法を紹介していきました。
しかし、いくら委託派遣が転職しやすいからといっても、まったくの素人ではさすがに転職は難しいですし、現場に行ってからも苦労してしまいます。
なので次回の記事では実際のwebデザインの現場ではどんなソフトを使ってるのか?そして、そのソフトの勉強法はどうすればいいのかをwebデザイナーの必須ソフトと勉強法の記事で詳しく紹介していきます。