未経験30代から美大も専門学校もでておらずwebデザイナーになろうと思っても正攻法ではなかなか難しいです。
まずはマイナビやリクナビに登録して…。となるのですが、かなりの確率で無理でしょう。ならば、ネット広告に出てた求人バナーから応募してみようと、未経験者でも大丈夫って書いてあるし…といっても難しいでしょう。じゃ、ひとまず派遣かバイトで…といっても無理でしょう…。
じゃ、無理じゃんと思うかもしれませんが大丈夫です。なんとかなります。

委託派遣なら30代未経験でもwebデザイナーに転職可能

普通の求人サイトでは期待ができない

マイナビやリクナビでも少し対策をすれば面接は組んでもらえます。新たに求人を出した会社にエントリーをすれば、会社も最初はどんな人が来るのかよくわかっていないので取り合えず面接をすることが多くあると思います。
しかし、面接は1人だけでなく何人もするはずです。リクナビなどに求人を出すためには恐らく数万~十数万くらいのお金が必要です。そんなお金を使ってこの人でいいっか。ぐらいの人は採用しないと思います。もし、応募が全然こなければそうなると思うのですが、webデザイナーになりたい人なんてたくさんいます。そしてその人たちは有名な求人サイトは大体抑えていますので、その中に経験者がいればスキルも充実したポートフォリオも持っているので未経験者のあなたは太刀打ちできません。
海外 注意
そして、派遣やバイトでもwebデザインやってたけど正社員はもうやだって人がたくさんいます。さらにwebデザインはやったことないけどグラフィック系ならバリバリやってましたって人もかなりいます。そんななか未経験は案件すら紹介してもらえないのが現実ではないでしょうか?
そんななか、未経験で潜り込める人はとてもセンスのある人か凄く充実したポートフォリオを持っている人だけだと思います。あとは強運の持ち主。

未経験からwebデザイナーになるには委託派遣

今まで温めてきた未経験でwebデザイナーになる方法の答えは委託派遣の会社に就職することです。

委託派遣って何?

委託派遣って初耳の人が多いと思いますが、派遣と思ってください。派遣との違いは正社員として雇われること。
雇ってくれた会社に正社員として雇われるのですが、実際に働くのは他の会社といったほぼ派遣と同じシステムのこの業態。
とりあえず、その会社に就職したら研修でポートフォリオを作って、それで面談して何とか現場に乗り込むって感じです。
会社
何故か信用があるせいか普通の派遣より現場が決まりやすいですし、就職さえしてしまえば営業が案件を持ってきて面談を勝手に組んでくれます。
正攻法とは少し離れていますが、それで3年勤めればweb経験3年以上の条件は越えられるしスキルも付く、さらにいろいろと制作するので見せれるポートフォリオも自然と増えてくるので、そこで十分なスキルになったら他の会社に転職してしまえばいいのです。
★委託派遣の詳しい記事はこちら★

委託派遣でも最低限のスキルは必要

委託派遣の会社に転職するためにもポートフォリオは必要ですし、全く無知ではなかなか難しいので10ページくらいの単純なコーポレートサイトもどきを1サイトと1ページのLP(ランディングページ)を2~3サイト。それにプラスしてデザインをアピールできるものをポートレートとして用意しておきましょう。
★ポートフォリオの作り方を紹介★

あとは面接時に見せかけでもいいのでやる気と元気さを見せて、頑張ってくれそうだ‼って印象さえ与えれば3社くらい受ければ受かると思います。
余談ですが、昔シェアハウスに住んでた時に国立大学をでても新卒で100社以上面接を受けてすべて落ちたような人間でも委託派遣でwebデザインの業界には就職できました。一緒に住んでた私の感想ではその人は男なのですが、格好つけることしか脳がないのですが中身が空っぽな人間で新卒で100社以上から落とされたのはそこを見抜かれたからだと思っていたのですが、そんな彼でさえ委託派遣には就職できるのです。それほど委託派遣に転職するのは簡単なのです。
webデザイン

★常に求人を出してる委託派遣の会社★

ここら辺は常に求人を出している委託派遣の会社です。
何社かあるのまずは登録の仕方を知るために登録だけとか、面接対策で面接でどんなこと聞かれるのか知るためにも一度面接に行ってみると何が必要なのかがわかると思います。

★委託派遣の会社★
TokyoDive
TokyoDive

委託派遣に就職しやすい理由

それはとにかく人が欲しいからです。人がいれば現場に送り込むだけで金になります。なのでスキルが無くてもとりあえずなんとか現場に送り込んでさえしてしまえばいいので、スキルがまったくなかったり、人間的に大きな問題が無い限りどこかの会社が採用してくれます。

本当は怖い委託派遣の実話

★現場を選べない★
委託派遣の会社に就職すると営業が頑張って案件を取ってきて面談を紹介してくれます。
しかし、その中には自分の希望とそぐわない案件もあります。私もwebデザインがやりたくて今の会社に入ったのですが、最初の現場はディレクターの補佐でした。デザイン要素なんてほとんど0でした。
この現場の面談に受かったとき会社も希望する職種じゃないと気付いたのか、やたら言いくるめてこようとします。大体「絶対いい経験になるから」とか「凄く勉強できる現場だから」などと適当なことを言って受かった現場になんとか行かせようとします。
SES事業
正直web経験0の人なら最初はどんな現場でもいいと思っています。それは最初の2,3か月はデザイン業務につけたら儲けものですが、web制作の現場はどんな風になってるのか?とかどんなソフト使ってるのか?とかどんな人がどんな作業を受け持ってるのか?などの、どの仕事をするにしても共通で必要なことを経験することが大事だからです。
それが大体把握できたら、その現場を辞めて他の現場に移ってしまえばいいのです。
そんな薄情なことはできないと思う人もいるかもしれませんが、現場がスキル不足や人間性が気にいらなければ3日で切ることもあると同様に、現場に魅力がなければこちらからお断りしたってかまわないのです。
そして1回現場に行けば、現場がどんなものかがわかるので次回からの面談は受かりやすくなります。
もし、あなたを雇った会社が、何か言って現場を続けさせようとしたときは「じゃ、退職します」と言っておけば会社も会心すると思います。会社はあなたが現場にさえ言っていれば勝手に利益が入ってくるので、そんな簡単に手放さないはずです。もし止めてもらえなかったら同じような会社はたくさんあるので、その会社に転職してしまえばいいです。
SES事業

★スキルをかさ増しされる★
だいたいどの会社もやってます。面談をするときにスキルシートという職務経歴書みたいなものを持っていくのですが、
研修3か月が終われば経験年数1年とスキルシートに書かれてしまいます。他に研修中にコーディングを頑張って勉強したなんて言ったらコーディング実務経験3年とか平気で書いてきます。
デザイナーで他業界でたまにデザイン業務もやってただけでがっつりデザインしてました、みたいなスキルシートになりますし、本当にひどい現状がそこにあります。
今の現場は私ともう1人男性が同時にはいってきたのですが、その男性は恐らく初めての現場で嘘八百並べて入ってきた人だと思います。
理由はデザインの基礎もあまりできていないし、コーディングの書き方がとても汚い。
経験者が見れば1発でわかります。上でぼそっと3日で切られることもあると書いたのですが、そんなケースが出てくるのはこういった現状があるからです。
SES事業
面談の時は「できます」「経験あります」って言ってたのに実際にやらせてみたら何もできない。できたとしても素人レベル。
まぁ、甘い現場だとそれでも切らずに置いてくれるとこもあるので何度切られてもめげずに続けるか、いい現場にたどり着ければ、その後は何とかなります。
そんな感じで1年以上仕事をしていればスキルもある程度ついてきますので安心してください。
★SES事業会社の現場の詳細★

未経験でも転職可能な会社紹介

今まで述べてきたように未経験からwebデザイン業界に入ろうとするとなかなか理想通りにはいかず、少し苦労することになります。
しかし、30代からでも40代からでもwebデザイナーになることは可能です。
最初3年少し苦労をすればあとはしっかりとした経験者として、スキルも付きますし転職だってかなり有利になります。
まずは、なんとしても働ける会社を探して経験を積むことが将来への第一歩になると思いますので積極的にどんな会社でも頑張る意思で転職活動を頑張りましょう。
TokyoDive
TokyoDive

30代未経験でもwebデザイナーに転職する方法のまとめ

今の私はスキルシートを捏造していませんし、魅力を感じない現場では面談時にやる気のなさをアピールしておけば勝手に落としてくれるので、そうして行きたい現場を調整しています。さらに現場がブラックな会社だったら会社に言ってすぐに変えてもらうこともできます。
大事なことはちゃんと自分の意思を発信することです。そうすれば、そんなに働きにくい環境でもなくなるはずです。最初1年だけは修行のつもりで無理しない程度に頑張りましょう。