海外で行ける国といけない国はどうなってるの?
海外旅行に行こうとするとビザというものに直面することになるのですが、そもそもビザって何?いつ必要なの?って思ってる人が多いと思います。
今回はこのビザというものについて書こうと思います。


海外旅行とパスポートとビザの詳しい話

そもそもビザって何?

ビザって何?と言われると私もその国に入るのに必要なものという認識でしかありません。
ものといってもハンコや紙切れ一枚ですが、この人はこんな人ですよって証明するものだと思っています。

ビザが必要な国と必要ない国

ビザの取得が必要な国と必要でない国があります。がしかし、日本人は日本以外の国に行こうとすると必ずビザが必要だと思ってください。
ではなんでビザを取得しなくても入国できる国が多くあるの?という疑問が出てくると思います。
それは、入国スタンプがビザの役目を果たしていると思ってください。
ビザを取得してもしなくてもその国で滞在できる期間はそれぞれ決まっています(※ビザの種類はいろいろ種類がありますが今は観光ビザで話をしています)
日本と貿易などで交流があったり、今まで日本人を受け入れて信用されている国は本来ビザを取得しないといけないところを、日本人ならビザ無しで入国していいよと免除してくれています。そのおかげで入国時にイミグレのスタンプ1つで観光ができるのです。しかし、そういった外交のない国ではまだ日本ブランドが確立されていないので、正規の方法でちゃんとビザを取得して入国してくださいってことになるわけです。
ビザの要否に関してはこのサイトを参照にするといいかと思います。

アライバルビザの存在

ビザが必要な国でもアライバルビザという存在がある国もあります。
代表的な国としてエジプトやネパールがそれにあたります。

アライバルビザとはその名の通り“arrival”到着したときに手に入れることが可能なビザです。
本来ビザというものはその国に入る前に取得しないといけません。基本的にいきたい国の大使館で申請を行い、ビザが無いと入国拒否をされてしまうので飛行機にも乗れません。
しかし、アライバルビザの制度を取っている国は入国時にビザ申請のコーナーというかカウンターがあります。そこでビザ申請をしてお金さえ払えば(普通の金額)そのまま入国できるのです。
その国はアライバルビザで入れるよ。って言われた場合はビザなしで現地に行き、到着した空港でアライバルビザを取得すればいいんだって思っておけば大丈夫です。

ビザの延長について

ビザには決められた期間があってそれ以上の期間滞在していると不法滞在になって何かしらのペナルティ(基本的に強制出国)を課せられてしまいます。
決められた期間を過ぎたら出国しないといけないのか?というと基本的にはその通りです。しかし、それを何とかする方法もあります。

ビザの延長

観光ビザに定められた期間以上に滞在する1つの手段としてビザの延長があります。ビザの延長ができる国は然るべき機関に行ってビザの延長を依頼すれば延長してもらえます。(有料)

一度隣国に逃げる

この方法は最初に記載した入国スタンプがビザ代わりって考えが一番近いと思います。
一例をあげると、今はできなくなってしまったようですが、中米のグァテマラで長期滞在する日本人は多いです。しかし入国スタンプで入れる期間以上は滞在できません。
そういったときに旅人はどうしたか…。それは一度隣国に遊びに行ってたのです。
グァテマラだとすぐ北がメキシコなので観光で一度メキシコに入国するのです。そしてメキシコで少し遊んでまたグァテマラに入国すれば入国スタンプを押されるのでそれから決められた期間は滞在できそれを繰り返せばずっとその国に滞在できてしまうのです。しかし、それの対策を野放しするわけにもいかないので禁止する国もあるようです。
※出国してから何日後じゃないと滞在期間の延長が認められないなどの決まりは国によって変わりますので注意してください。

入国ができないといわれる国について

実は地球上で行けない国は無いです。北朝鮮でもシリアでもイラクでも行こうと思えば実は行けるのです。しかし、行くためにはなかなかハードルが高いです。
ここで重要なのが今回ずっと話してきたビザの問題。
その国の独特なルールがなければパスポートとビザさえあれば世界中どこへでも行けます。しかしイラクやシリア、観光客を受け入れないサウジアラビアはビザを手に入れるのがとても難しいのです。
北朝鮮に関しては中国から現地ツアーを組めば比較的簡単に行けるようです。
話を戻してイラク、シリアでビザの入手が難しい理由なのですが、それは大使館が基本的にビザを発行してくれない。そこにつきます。
情勢の安定している国に行こうとする場合、ビザ申請に必要なお金や身分証さえあればビザを発行することができます。
しかしイラクやシリアに関してはトラブルに巻きこまれる可能性が高いので基本的に大使館はビザを発行してくれないのです。
正攻法ではビザを発行してくれないビザを発行してもらうためにはレターといわれるものが必要になります。
日本人でもジャーナリストなどがイラクやシリアに入国できるのは日本の何処かの機関がレターを書いているからです。
レターとはこの人はこういう人でこういった理由であなたの国に入国したいのでビザを発行してくださいって意味合いのものになります。
日本政府がそれを書けば、責任はあなたたちが持つのですねって感じで「ならビザを発行しましょう」って流れで普通ではいけない国にもいけるようになります。

簡単には書いてもらえないレター

レターさえあれば何処へでもいけるなら簡単じゃんと思うのは大間違いです。ここで私が海外旅行中で出会った女性の話をしようと思います。
その女性はヨルダン人に彼氏ができたんだどか…。そしてそのヨルダン人はイラクとヨルダンのハーフ。母の家系はイラク出身で今もイラクに住んでるらしい。
そんな時、その彼がお盆や正月みたいな感じでイラクに里帰りをすることになった。そして、その女性は母親にあいさつに行きたいとイラクに行こうとしたそうです。
この時はコーダさん事件の後で、その女性がイラク大使館に行ってビザくださいと言っても、
「何言ってるんですか?」といわれ門前払いをされたそうです
ならばレターがあればいいんでしょ。と思った女性は、彼の父方のご両親にレターを書いてくださいと頼んだようです。しかし、
「イラクはとても危ないわ。あなたを危険な目に合わせる訳にはいかないのでレターは書けない」
と断られてしまったようです。

海外旅行のビザのまとめ

ビザさえあればどこの国でも行けてしまうのは事実です。正確にはビザ以外に必要なものもある国もありますが…ブラジルのイエローカードとか。
しかし、仕事とか特別任務出ない限り、行くのが難しい国もあるのも事実です。
ひとまず今回は、ビザがあれば世界中どこへでも行けるってことと、入国スタンプがビザ変わりになってるってことだけわかってもらえれば幸いです。

次回は海外旅行の準備とトラブルについて書こうと思います。
海外を回ろうとするとパスポート以外にも必要なものが出てきてそれを知らないと飛行機にすらのせてくれないのです。
そんなことにならないためにも是非読んでください。