世界一周や海外への長期の一人旅ではどうやってお金を持っていったらいいのかわからないって人も多いのではないでしょうか?
世界一周旅行の1年の予算は150万円前後です。当然札束もって行きたくない、というより関税で申請しないといけないレベルですね。
今のお金の持ち方は
海外長期旅行でのお金の管理はクレジットカードの1択で大丈夫です。
昔はトラベラーズチェックやインターナショナルキャッシュカードもありましたが、トラベラーズチェックは今や使っている人を見ることはなくなってきましたし、インターナショナルキャッシュカードもクレジットカードも手数料は同じくらいとられるのでクレジットカードで十分です。
さらに航空券は基本的にネットで買いますのでクレジットカードは必須です。たまに窓口で支払いをするときもありますが大きな支払いはすべてクレジットカードになります。

海外旅行に絶対必要なのはクレジットカード

海外旅行でのクレジットカードのメリット

強盗対策

旅行中、街中で強盗に会う確率は0とは言い切れません。基本的にはあわないので安心してください。強盗に会わなくてもスリはたくさんいます。そんなとき現金だと盗まれたらそれでおしまいです。ダイレクトにお金を失います。しかし、クレジットカードの場合、暗証番号を打ち込んでセキュリティを突破しないとお金は下せません。もしかしたら、強盗にあったらATMまで連れていかれお金をおろさせられるんじゃと思う人もいるかもしれませんが、基本的にそんなことはないはずです。現金だけを取っていきます。
私は最近フィットネスジムで財布の盗難に会いましたがクレジットカードの使用形跡はなかったです。
さらに、セキュリティを突破しても制限限度額までしか使えません。
海外 注意

ネットでの買い物

先ほども書きましたが世界一周などで航空券はネットで買うことがほとんどです。それが一番安い。
そのほかにもホテルの予約の時の支払いにも役に立ちますし、先進国では基本的にみんなカード決済が当たり前になっています。
webデザイン

セキュリティの強さ★★★

これを甘く見てる人は多いと思いますが、クレジットカードを進める理由はセキュリティの強さが大きいです。
海外旅行中にクレジットカードを盗まれたりスキミングされたりして不当にお金を取られたときですが、クレジットカードには基本的に盗難保険がついています。なので不当に使われても基本的にお金は戻ってくるのです。これが現金との大きな違い。

さらに、スキミングってデータ抜かれてすぐ使われるわけではないんです。
少し前の手口かもしれませんが、スキミングしてデータを抜いてから偽装カードを使用するまでに半年くらいかかるらしいです。なのでスキミングでデータを取られた取られてから半年後になぜか不当に使われるのです。
なので海外旅行から帰ってきてから何故かお金が不当に引き出されそうになるってケースがよくあるようです。

何故そんなことを知っているのか?

それは、わたしは世界一周にインターナショナルキャッシュカード1枚とクレジットカード1枚を持っていきました。そしてその両方ともスキミングされています。スキミングされた場所はブラジルっぽいです。ブラジルってわかった理由はインターナショナルキャッシュカードの場合は実際にお金を引き出されてたのですが、その通貨がブラジルレアルだったこと。クレジットカードは使われる前にクレジット会社から電話が掛かってきてブラジルでお金が引き出されそうになっていますが心当たりありますか?と言われたことから判明しました。
web検索

インターナショナルキャッシュカードの場合

海外旅行から帰ってから放置して、半年後くらいにそういえば残高あったよなって確かめに行ったら何故か引き出されてた、それもブラジルレアルで。最初過去に使ったのが時間差で引き出されたか…と思ったのですが、時系列的におかしかったので銀行に相談したところスキミングされていたことに気づきました。
インターナショナルキャッシュカードの場合、3か月までは実際に引き出された銀行にお金の返済要望をだすことができるようです。それは銀行側もお金を盗まれた立場にあるからです。しかし、その3か月以降に気づいてしまった私なのですが、銀行員があの手この手で全額お金を返してくれました。本当に頼りになる人でした。

クレジットカードの場合

上に書いたように、電話が掛かってきたので気が付きました。いつも日本で使用しているのになぜか急にブラジルで使用されている。これはおかしいなと思ったそうです。それで私のところに見知らぬ番号から電話が掛かってきて最近はこういうスキミング被害が多いんですよー、特にブラジルで。って教えてもらったのです。
結論までだいぶ長くなってしまいました。
長々と書いたようにクレジットカードは被害にあわないための配慮をしてくれるし、たとえお金が不当に引き出されても補償してくれる。というかなり大きなメリットがあります。なので、もし財布ごと盗難にあってしまうことも考えてメインの財布に1枚。サブの財布にもう1入れて持ち歩けば完全にお金が無くなって立ち往生って事態はなかなかおきないはずです。
クレジットカード

海外旅行でのクレジットカード使用の注意点

海外旅行でクレジットカードを使用する場合の落とし穴があります。それは使用額を水増しして請求される…。というのはよく知られてるがそこではなく、クレジットカードの使用限度額です。

クレジットカードの使用限度額は1枚20万円以上に設定

クレジットカードの使用限度額は20万円以上に設定しましょう。理由は10万円だと少なすぎるからです。
クレジットカードは使用してから引き落とされるまでに意外に時間がかかります。そのせいで航空券や現地ツアーの代金を払ってしまったら軽く10万円は超してしまい、お金が引きおおせなくなってしまいます。クレジットカードでATMからお金を引き出す場合もこの限度額の制限は影響してきますし、加算されますので注意しましょう。
クレジットカード

使えない国と2重両替には注意

基本的にVISAならどこでも使えるのですがアメリカと仲の悪いキューバとイランだけは使えません。ATMはあるのですが自国のクレジットカードしか使えないはず。
そして、通貨の力の弱い国は裏両替があることが多いです。正規のレートの1.5~4倍くらいいいレートで両替えしてくれるので、裏両替がある国ではATMで引き出さないようにしましょう。損をします。
裏両替で有名な国はベネズエラとアルゼンチンです。

海外でのお金の持ち方のまとめ

海外の一人旅となるとお金の管理方法に不安が出てくると思いますが、クレジットカードがあればだいぶ保証されます。
ATMの操作方法で最初少し手間取るかもしれませんが、何処の国も同じような手順なのですぐになれるはずです。
そして、海外ブランドは必ずVISAにしましょう。前にも書きましたがマスターカードだと使えない国がまだあります。